• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

承天閣美術館

「承天閣美術館」では、3月22日まで、「花鳥画展 室町・桃山・江戸・中国宮廷画壇の名品」を
開催しております。

「相国寺」は、1392年に夢窓疎石を開山とし、室町幕府第三代将軍足利義満によって創建された
臨済宗相国寺派の大本山です。
五山文学を代表する禅僧や、雪舟らの日本水墨画の規範を築いた画僧を多く輩出し、
地理的にも、文化的にも京都の中心に在り続けてきました。
このような600年余の歴史により、中近世の墨蹟・絵画・茶道具を中心に
多数の文化財が伝来しています。
「承天閣美術館」は、相国寺創建600年記念事業として、本山相国寺・鹿苑寺(金閣)・慈照寺(銀閣)
などに伝わる美術品を受託し、建設されました。
現在では、国宝5点、重要文化財143点を含む多くの優れた文化財が収蔵されており、
様々な展観を行っています。
国宝として、「玳玻天目茶碗」など。

アクセスは、地下鉄烏丸線 今出川駅3番出口より 徒歩8分です。

細見美術館

京都・細見美術館では、常設展を設けず、折々のテーマで企画展を開催しており、
2月22日(日)までの「細見コレクション名品選」は、
「麗しき日本の美 ―めでたし、愛でたし―」を開催中です。

「麗しき日本の美」展は、多彩なコレクションから毎回テーマを設けて開催している
シリーズ展であり、本展で4回目を迎えます。
今回はこの時期にふさわしく、新春を寿ぐ作品や吉祥を示す絵画・工芸品を紹介します。
めでたいには「愛でたい」という意味もあります。
一目見ただけで、思わず微笑んでしまうもの、可愛らしいものも併せて展観します。
見る者の心を和ませ、晴れやかにする日本の美をお楽しみください。

と案内にあります。

アクセスは、地下鉄東西線「東山駅」2番出口より徒歩約7分です。

清水三年坂美術館

「清水三年坂美術館」では、11月22日〜2月15日「金工鐔の美」が開催中です。

刀を保護し、かつ携行するために付けられている刀装具は、
戦のない平和な江戸時代の間に、多彩な装飾が施されるようになり、
美術品としての価値が急速に高まりました。
刀装金工たちは、刀装金具という定まった形式の中に、
鉄・金・銀・銅・赤銅・四分一などの金属と高度な彫金技術を駆使して
花鳥風月や様々な文様などを描き、絵画と立体の融合が見事になされた美の世界を
作り出しました。

刀装金具には、鐔、縁頭、目貫、小柄、笄などがありますが、
中でも鐔は、掌に丁度収まる大きさ、ずっしりとした金属の重み、
刀装金工達が絵画的表現をするのに程よい画面サイズと表裏のあるその形態から、
単に刀装具という枠を超え、独立した美術品として現在に至るまで多くの美術愛好家を
魅了しています。

と、サイトに説明があります。
アクセスは、「京阪祇園四条駅より、徒歩約20分」です。

豆皿

ヨーロッパなら、美術館の綺麗なガラスケース中に飾られるような、
古い時代の食器を、普段使いで家庭で使うことの豊かさが素敵ですね。

豆皿は、小さいゆえに、ほかの食器とも組み合わせやすく、
また、豆皿だけを数種類使っても楽しいです。

食卓だけではなく、用途も自在。
小さな小物入れとしてお使い頂くのもおしゃれですね。

大きなお皿は持ち帰るのがたいへんですが、豆皿なら軽く、
また、お値段も可愛らしい。
旅先で、ご自分だけの、素敵な豆皿探しをしてみるもの楽しいですね。

藍色が美しい染付や色の組み合わせが雅な色絵、
白磁・青磁、印判など、たくさんの種類があります。
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

  • お問い合わせフォーム
  • TEL:075-533-1956
  • FAX:075-571-8648

お問い合わせフォーム