• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

金谷五郎三郎 湯沸し <共箱>

すごく良い作品
形、細工、大きさ、、上品なお品です

この品物を買い受けたお宅は
代々御商売をされていて

買い受けた、
殆どのお品が特注品でした。
昔の京都の町 すごいですね、さすが京の都

初代竹雲斎 竹篭 花入 <共箱>

形の面白い竹篭です
どっしりとした重量感や
品格と言いましょうか
落ち着きの有る品物です。

昔の人は素晴らしい
技術、感性、を持っておられ
さすが初代 竹雲斎と思わせる品です。

例年行きますが、今年はまだ

天然鮎の 杉が瀬ヤナ
郡上八幡の近くなんですが
ヤナに鮎が取れなくて
まだ開店していません、

温暖化、遅れています

長良川の海産か、すごく大きな鮎
味が濃く、美味しいのです。

お店の中の客席テーブルは止めて

働いておられる
おじさんたちの休憩ベンチが(タバコを吸われるので)
外にあります、、、そこに座り

長良川を見ながら、、川風に吹かれ、、

美味しい  天然鮎  まだかな〜

ひょんなご縁で・・・

こちらに寄せていただくこととなって
一年近くが過ぎました。
毎週、ホームページの更新をお手伝いさせていただいています。

歴史に疎いこと、甚だしいので
知らないことばかりで、お恥ずかしいかぎりなのですが
広い心のご主人と、優しく美しい番頭さんに教えていただきながら
(↑なんかエエことありますかしら?^^)
なんとか続けさせていただいています。

もともと古いものを見るのも、触るのも好きでしたので
毎週見せて頂く品物が楽しみです。

一緒に暮らしていた明治生まれの祖母の事をよく思い出すようになりました。
祖母が愛用していた煙管や櫛やかんざしなどなど、
温かみのあるものばかりだったような気がします。

どこに眠っているのでしょう・・・


幸せ一杯の、、日

昨日は、友達御夫婦と
三人で食事をしました。

やはり、昔からの友達なのか
すごく、安心 と やすらぎの中で 
人の温かさを、、一杯感じ

僕はこんな人と出合えたんや、、と
素直でない、私ですが

私の人生よ、、、、、ありがとう、 でした。

自分の思うように生きたり、
自分の好きなように生きたり、ではなく、

きっと、思い合い、感じあう、、
その向こうに、、幸せが、、、ありそうな、、一日でした。
      
ありがとう、 友達。

三浦竹泉 染付菓子鉢 <共箱>

明治時代頃作られた作品と思われます。
はこも時代がたっぷりで、
なによりも作品が
昔の職人業、、の一品です。

諏訪蘇山 青磁 香炉 <共箱・二重箱>

彫金細工の火舎が素晴らしく
昔の彫金細工の職人業の一品です
純金と刻印もあります
写真6は、中の灰が包んであります。

純銀 特大銀瓶 <共箱>

非常に大きな銀瓶で
中国の方や台湾の方が好まれます

共箱でしっかりした品作りです
これだけの品物は滅多にありません
ホームページをご覧になられております
上海の方から ご注文が頂けたらと、、思います

溢れるニュース。

「握手」
「拍手」
「謝罪」
「怒り」
「涙」
「訴え」
「裁判」
「イチロー」

明日からは
「渋滞」が追加されるのでしょうね。

バスにもたくさんの観光客の方が
溢れんばかりに乗っておられました。

観光シーズンの到来

昨日は異業種の集まりで
楽しく食事を頂きました

帰りに、鴨川の床が有る
シットバーに行きました

床の風もすっかり秋めいて
小さな、毛布を借りても
寒いくらいです。

夜、久しぶり新橋、白川を
歩いておりましたら、だらりの帯の舞妓さんや
多くの観光の方がお見えでした。

暑さも和らぎ、

十四代 酒井田柿右衛門

十四代 酒井田柿右衛門の作品
最近コレクターの方より
お譲り頂き
別のコレクターの方に
出来るだけ、離れ離れに
ならないよう配慮して
お買い求め頂いております。

十四代 酒井田柿右衛門の作品は
こちらです>>>

金谷五郎三郎 銀製 火箸 <共箱>

御香火箸です。
純銀製で、二面に模様が施され
二本とも銘が彫られております


共箱、とも布、が付いており
金谷五郎三郎の作品です

十代 三輪休雪 茶碗 <共箱>

この作品は
以前更新させて頂いた「三輪休雪 茶碗」です。
価格の設定を変更させて頂きました

傷、われ、等無く完品です。


お月見。

朝晩すっかり過ごしやすくなりましたね。

秋の夜長と言ったところで

眠る時間を増やせるわけではありません・・が

突き抜けそうな夜空には

お月様がぽっかりと。

秋の夜長のお楽しみのひとつです。









次は  良いことあるかな、、、

きょうは久しぶり
お蔵の中に入りました
暑さと埃 大変

屏風が多く有りましたが
時代遅れと言いますか
大きなお室が無く

室一面に飾れる 
外人好みの屏風のみが 人気です

道具がほとんど無く
疲れと埃で帰ってきました。

次は  良いことあるかな、、、

秋の夜長

きょうは、なかなか 寝られません
こんなに、、、涼しいのに

卵かけ、ご飯、一杯、寝る前に頂きました

やはり、、、食欲の秋かな、、、

銅器 香炉

すごい、、面白い、香炉
最近では、かたちや、形式より
楽しく、実用的な物が
普通のお家では好まれます

私も、大好きです

秋の木の葉や、春の青々の木々
そんな中の お香は
形式より、、、、感覚、、、

残暑 疲れか

きょうは、9月の9日です 早いもの
なんだか、ブログに手が出なく
東京出張、と 残暑 疲れか、、

京都も残暑が厳しく
きょう やっと 涼しさを感じる 日

少しずつですが、
書いていこうと思います、
本来の元気が出るまでもう少し お待ち下さい

金銀象嵌 水指 <共箱>

時代は大正時代から昭和にかけての品物
素晴らしいの一語
こんなに綺麗な水指は、始めて

摘みも純金のようですし
中国、台湾、の方々が
お求めになられると思われます。

東京

東京の競市より帰りました
まー 中国一色
価格の高いのは、、、殆ど 中国

この2〜3年すっかり変わりました

日本のわび、さび、良いのにね!
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

  • お問い合わせフォーム
  • TEL:075-533-1956
  • FAX:075-571-8648

お問い合わせフォーム