• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

風 薫る 5月


2010043001.jpg

ようやく春らしくなってきました。

お店のお花は山ツツジです。

2010043002.jpg

最近は風の強い日が多くて

鼻がむずむず。

黄砂?花粉?


心地よい時期が短くなってきてしまいました。


純銀 煎茶セット  D-69

純銀煎茶セット
この品物も中国のお客様が好まれ
特に象牙の取手が好まれます、

そんなに意識はしていませんが
今回中国のお客様好みが多くなりました

純銀 水注 <共箱>

総重量 約1030g の大きな水中です。
銀瓶との違いは
注ぎ口に蓋がついております
これらの品物も
中国の方々に好まれお買い求め頂きます。

漆器 螺鈿 菓子盆

日本の時代で言いますと
江戸期から明治頃にかけての品物です
状態も良く、非常に繊細に作られております

あられ 銀瓶 <共箱>   D-24

純銀で出来ております
最近、中国の方々にお買い求めいただきます
この作品は作家の作品で
丁寧に繊細に作られた逸品です

盆石 <箱付>

最近中国のお客様に多くご来店頂き
同じアジアの国々で
生活や文化も似たようなところが有り
盆栽、文房具、象牙、等々 お買い求め頂きます

山の手入

友達家の裏が観修寺のお寺の山
竹が多く、山の手入れに入り、、5年

地主なので、貸しガレージとかで
生活が出来、仕事はリタイヤしています、

以前もブログで紹介しておりましたが
久しぶりに僕も裏山に招待され、入りました

すかり日当たりの良くなった山に
小さな木の苗木を植えて、、、

「年行ったら散歩にこいや、ごろ実、アケビ、
小学校の時のように一緒に食べようや」 と、

小学3年生の時、室町小より観修小学校に変わり
友達は、小学校の同級生です、

小鳥も多くなり、
風が、、駆け抜ける時、
最後の桜の花びらが、、、雪のよう

久しぶりに、自然の中で、、ぼんやり時間、、ゆっくりしました。

山の手入れは下草刈りから
観修寺の近くは竹やぶが多く
竹の生長が早く、木に覆いかぶさり
日が当たらず、、、木が育ちません
時間と人手が大変のようです

友達が山に行き始め 5年

日当たりも良くなり
土地が水もよく吸い込み
昔の山が戻ってきて
小鳥も多くなったようです

観修寺のお寺の持ち物で
地元では、公共の山です

一日何も考えず
自然の中で、汗水流して
出会う小鳥がお友達だそうです

働かなくても食べていける
お返しやなーと言いますと、、、にこっと笑う友

借景も環境も良くなり
リタイヤされた近所の方々も
お手伝いのお話が出ているそうです

ジムやランニングしているより
自然に勝る物は無いようです

明珍 海老 置物 <共箱> ¥45,000-

明珍の作品で
説明書がついており、未使用品の完品です。
何代も続いた金工作家で
江戸時代も終わり武具の製作もできず
火箸や工芸作品に変わり
現代も素晴らしい金工作家です

竹製 線香筒 <在銘> ¥120,000-

線香筒ですが、底と蓋が象牙で出来ております
山水の図が丁寧に彫られており
最近では、
象牙を使われたり山水の図柄等、
中国のお客様が
好まれお買い求めいただきます

赤沢露石 菓子鉢 <共箱>

結構似たような作品は多くあります
先代の露石さんの作品で
なかなか出来の良い品物です

図柄が派手な為好みが有りますが
人気の品物です

古銅斗 中国製 蔵六識箱付

中国の古い水盤だと思われ、
蔵六の識箱が付いており
古い仕覆に入れられております

宋の時代の品物と書かれております

夏の準備


寒のもどりで昨日今日と、とても寒い京都です。

今日は四条大橋の方から来ました。

大橋から鴨川を眺めると

早くも納涼床の組み立て作業がはじまっておりました・・・・

今までにお水取り終わってこんなに寒い日ってあったやろか・・・



龍 筆架 <在銘>

琢斎の作品で素晴らしい品物です

高野川と比叡山


d0132439_0204065.jpg

当店の前の鴨川から出町柳の三角州を通り過ぎずっとずっと上流へ。

この辺りよりほんの少し遅れて咲きました。

今、満開。

堆朱 倶利 印籠 ¥250,000-

印籠と緒締めの材質は木製で、
堆朱が施されております。

江戸末期から明治時代頃のものだと思われ
堆朱の塗りが幾重にも施されており
倶利の模様が端正に彫られております。

緒締めも堆朱で作られております

竹製 杖 <在銘>

名前はわかりませんが
作家の作品で
素晴らしい彫り物
が細い竹に施され、愉快で繊細な逸品です。

中里重利 斑唐津 盃 <共箱>

中里無庵の三男。
数々の陶芸展の入選や入賞を重ね,
昭和60年には佐賀県芸術文化功労賞受賞されておられ
なかなか味のある作品が多く
特にぐい飲みは、人気が有ります。
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

  • お問い合わせフォーム
  • TEL:075-533-1956
  • FAX:075-571-8648

お問い合わせフォーム