• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

つくし,わらび 金工細工 飾金具

長さ約 5.4cm 縦幅約 1.4cm 厚み約 0.4cm

時代は江戸時代から明治時代頃の品物です。
金具は肉厚で重量感があり、材質は素銅のように思われます。
つくしとわらびが繊細に彫金されております。
採光の加減で白く光っておりますが、傷みや凹み等なく、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ・根付・金工細工の 商品番号 N-128です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「根付・金工細工」商品番号 N-128です。

明日から東京です

明日から東京美術倶楽部で競市があり東京出張です、
最近、何か時間すぐ過ぎて行き
振り返ると今月も終わり、、、と

仕事はそんなに忙しくないのですが
雑用と言いますか、、、、
全体の動きを すこし見直そうか、、、

以前みたいに、魚釣りや、潮干狩り、また私変わっていて、
動物や植物との、、会話、少しは出来るんです、、、行きたいなー自然の中

この夏までに何とか考えます

昨日、関空から、川崎さんより 電話頂き
番頭より一足早く帰られ、、

番頭と一緒に香港に行かれましたが
彼女は博物館や盆栽の勉強
凄く役に立ったと喜びのお電話でした、

二人に行く前に、食事代の足しにと
気持ちだけの 心ずけ、、、そのお礼のお電話

最近、こうして若い方がどんどん羽ばたいて行かれ
私が若い頃、助けていただいた先輩方々
少しぐらい 若者に返せたら 良いなって、、、

でも、日々歳が行き ふと 寂しくなる時もあります

純銀 急須 <箱付> 取手は象牙

取手を含む横幅約 15cm 注ぎ口を含む横幅約 11.5cm 高さ約 8cm
重さ 150g  

材質は純銀です。
時代は昭和初期頃のものだと思われます。
取手の部分は象牙で出来ております。
底の部分には、作者の印と純銀と刻印があります。
銀製品の為、採光の加減で影ができたり、
白く光っておりますが、未使用品に近い、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-84です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

魚と鼠 金工細工 飾金具


長さ約 5cm 縦幅約 1.2cm 厚み約 0.6cm

時代は江戸時代から明治時代頃の品物です。
金具は肉厚で重量感があります。
魚に鼠が彫金され、楽しい図柄です。
採光の加減で白く光っておりますが、傷みや凹み等なく、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ・根付・金工細工の 商品番号 N-133です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「根付・金工細工」商品番号 N-133です。

あじさい

新緑の季節の雨は嫌いではないですが・・・
こうも 降り続くのは ちょっと大変ですね


もうすぐあじさいが綺麗な季節
花言葉は「移り気」「高慢」「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは美しいが冷淡だ」
時間とともに 色を次々と変えていく花ですので こんな花言葉・・・
好まない女性の方も多いと聞いたことがあります


花言葉事典には
「鎖国時代に長崎に来日した医師・シーボルトが、滞在中の妻「お滝」の名をつけて(オタクサ)、
 祖国のドイツに紹介したのは有名な話。」
とあり、逆に、その「有名な話」を初めて知り、ちょっと賢くなりました。


とても日本の花らしい情緒があるあじさい 私は好きだったりします。
京阪沿線、京の南、宇治市にある三室戸寺のあじさいが有名です。
         −庵−



大根と筍 金工細工 飾金具 在銘

横幅約 3.25cm 縦幅約 1.4cm 厚み約 0.6cm


時代は江戸時代から明治時代頃の品物です。
金具は肉厚で重量感があり、黄銅で出来ているように思われます。

作者の銘が彫られておりますが、作者についてはよく分かりません。
非常によく出来ており、さすが昔の作家の作品と思われる逸品です。
採光の加減で白く光っておりますが、傷みや凹み等なく、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-134です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

鴛鴦 金工細工 飾金具

横幅約 3.6cm 縦幅約 1.9cm 厚み約 0.4cm


時代は江戸時代から明治時代のものだと思われます。
金具は肉厚で重量感があり、金、銀、赤銅などで彫金されており、
非常に綺麗で丁寧に作られております。
採光の加減で白く光っておりますが、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-142です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

うさぎ 刀装具 目貫一対 在銘 <箱付>

写真2 横幅約 3.3cm 縦幅約 1.5cm 厚み約 0.5cm
写真12 横幅約 3.3cm 縦幅約 1.3cm 厚み約 0.5cm

時代は江戸時代から明治時代頃の品物です。
金具は肉厚で重量感があり、四分一銀で出来ているように思われます。

「天」「遺」と片方づつに銘がありますが、作者についてはよく分かりません。
兎の表情や毛並みまで、丁寧に細工が施され、
日本独自の職人業が感じられます。
採光の加減で白く光っておりますが、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ・根付・金工細工の 商品番号 N-164です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「根付・金工細工」商品番号 N-164です。

貴船神社  貴船祭 6月1日

神職らが摘んでその多少を競い合ったことから、
俗に虎杖祭(いたどりまつり)と呼ばれていたようで、
明治維新以前に旧暦4月1日と11月1日の年2回行われていた御更衣祭に起源
しているようで、これらのお祭りをあわせて貴船祭として行われているようです。

鞍馬寺 五月満月祭

五月の満月には天界と地上の間に通路が開け、
ひときわ強いエネルギーがふりそそがれるという。
この夕、満月に清水を捧げ心のともし灯を輝かせつつ、
ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、
自分とすべてのものの「めざめ」のための熱い祈りを捧げるのが、
五月満月祭と、書かれておられ、夜どうし行われるようです。

鞍馬寺は、火祭りでも有名で、5月17日に行われ今年は終わりましたが、
このお祭りも、かなり風変わりのお祭りのようです。

きょうは良いお天気

ボテジャコの池
すこし藻が枯れたので
コーナンで買ってきました

すこし前、土や藻をかえたのですが
藻が元気が無く、枯れてしまいました

コーナンって何でも売ってるんですね

メダカの餌だけでは可愛そうなので
小魚の餌も買ってきましたが、、
しまどじょう は動きが遅いですが、、餌たべてるのかなー

江戸東京博物館

江戸東京博物館は私が行ってみたい博物館の一つです、
浮世絵や絵巻、着物、古地図など約2,500点の品物を展示され
綿密な調査研究を踏まえて実物大に復元した大型模型などが展示、
約50点あまりもが展示されておられるようにお聞きしています

また、「江戸ゾーン」「東京ゾーン」「第2企画展示室」に別れて展示され
当時の人びとが、実際に使っていた実物資料も豊富で、
江戸東京の都市と文化、粋な東京の人々が暮らす生活を学ぶことが出来そうで
なかなか東京に行くと時間が取れなくて是非一度訪れてみたい博物館です。

東京都墨田区横網1-4-1

三島神社 5月26日開催

これから美味しく頂ける、、うなぎ、私もうなぎが大好物で、
今頃より全国で多くのうなぎ祭りが催されます
ここ京都もごたぶんにもれず行われます


子授け、安産の守護神として信仰されておりますが、
ウナギがこの社の使者とされ、
神徳ウナギに宿り人体の育成を助けるとされており、
この日は、全国のウナギ業者が集まり、
ウナギを池に放ち放生祭が行われます。

貴船神社 暑くなってきました納涼床なら、、ここ

平安時代から雨乞いや雨止めが行われてきた貴船神社は、
水神を祀る神社で有名です、また和泉式部が夫の愛を取り戻したなどのお話があり
縁結びの神社でもあり、若い女性やカップルの姿も多くみられる。

暑くなってきましたこれからの季節、川床では、街中での暑さが嘘のような清々しい空気が漂い、
川床は「天然クーラー」の中に居るかのよう。貴船は「京の奥座敷」と呼ばれるほど古くから、
多くのお食事どころがあり、個性あふれるお料理でもてなしをされておられます。
木々に囲まれた自然の中でのお食事は最高の思い出になる事と思われます。
叡山電車「貴船口」下車、徒歩25〜30分。

業平忌 十輪寺

十輪寺は、嘉祥3年(850)に創建され、平安時代の歌人で、「伊勢物語」の主人公在原業平の晩年の隠棲地として知られている。通称「なりひら寺」と呼ばれる。毎年、その命日5月28日に「業平忌三弦法要」が営まれる。三味線に合わせてお経を唱え、京舞や生け花などが奉納され,当日は法要につづき、献茶・献花・献句・舞踊・小唄などが奉納される。
と紹介されておられます。  5月28日  向日町市

大原女まつりのご紹介

大原女はその昔、手甲・脚絆をはめ白足袋をはき紺衣を着て、
頭上に薪や柴をのせて黒木を売り歩いていました。
衣装は、大原観光保勝会が貸し出しをしてくれます。
大原女姿で一日、大原の里を昔をしのびつつ散策を楽しむことができます
と大原観光保勝会 Tel 075-744-2148 に書かれております 5月16日 〜5月31日

先日も新聞紙面に大原女まつりが掲載されておりました

刀装具 鍔 鈴虫とすすき 金象嵌

横幅約 6 cm 縦幅約 6.4cm 厚み約 0.4cm

時代は明治時代前後のものだと思われます。
象嵌が素晴らしい作品です。

作者の花押が彫金されておりますが、
作者については分かりません。
採光の加減で白く光っております。
少し鉄さびがありますが、ご覧のように状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-113です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

きのこ 金工細工 飾金具 <在銘>

長さ約 4.3cm 縦幅約 1.3cm 厚み約 0.3cm

材質は鉄だと思われます。
金具は肉厚で重量感があります。

幕末から明治にかけての作家の作品ですが、
作家についてはよく分かりません。
きのこの繊細な彫金細工が素晴らしく
日本古来の職人技がさえる逸品です。

古い作品で一部さびが出ております。
採光の加減で白く光っておりますが、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-111です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

昨日は私だけズル休み

久しぶりにズル休み
朝から良い天気で気分も最高
ズル休みって、、、いいですね、

友達と魚釣りに行きました
伊勢の近くまで、、道がよくなり 1時間30分で、、
道中、大潮だったのか、潮干狩りの方が多く、、見ていたりで
ぼんやりと魚つりです。

子供の頃、父の実家が海の近くで
潮干狩り、魚とり、休みのたびに行きました

2〜3日休んで、潮干狩りや、魚釣り、、ゆっくりしたいな〜
特に、潮干狩り、貝は美味しいし、いろんな生き物がみられ

思い切って次の大潮の日行ってみよう、、ズル休みして

戸袋用引手 七宝細工 四枚一組

直径約 4.3cm
裏取り付け部分 直径約 2.4cm 厚み約 5mm

時代は明治から昭和初期頃のものだと思われます。
重量感があり、痛んでいる箇所もなく綺麗な品物です。

古美術やかたホームページ
引き手 釘隠し商品番号 HS−31です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

豆 金工細工 飾金具 <在銘>

長さ約 4.5cm 縦幅約 1.4cm 厚み約 0.6cm

材質は素銅だと思われます。
金具は肉厚で重量感があります。

幕末から明治にかけての作家の作品ですが、
作家についてはよく分かりません。
本物の豆のしわや皮が破れたような彫金細工が素晴らしく
日本古来の職人技がさえる逸品です。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-110です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

サロネーゼ

昨日 久しぶりに友人に会いました
1人目の出産を機に 仕事を辞めて 
2人目も1歳を過ぎたということで 以前から温めていた計画を 実行に移したようです
もともと エステティックサロンで勤務し エステシャンとして国際免許も持つ彼女
自宅で エステを始めました


「こうやって 自宅で起業することを『サロネーゼ』って言うんですよ」
・・・・・???
サロ・・・ネー・・・ゼ???
「主に自宅でサロン(教室)を開催して人気を博している女性たちのこと。
 分野は美容、リラクゼーション、フラワーアレンジメント、料理、手芸など。
 2006年に女性雑誌『VERY』が特集を組んだことから人気が高まった。」
(ウィキペディアより)


すごいですね〜ほんとうに 昨今の女性のパワーは素晴らしい
ちょっと前に出てきた言葉が「ドクモ」(読者モデル) 
今度は「サロネーゼ」
女性のパワーに伴って どんどん 新語が増えていくんですね                               −庵−





櫛 螺鈿細工 蒔絵 <在銘>

横幅約 10.2cm 縦幅約 5.1cm 厚み約 0.4cm

時代は、大正時代前後頃だと思われます。
材質は木製です。

ご覧のように、綺麗な草花の螺鈿細工や蒔絵が施されており、
周りには螺鈿の上に漆が塗られて綺麗に輝いております。
漆の上にはられた螺鈿細工ではないので、はがれる心配はありません。
採光の加減で白く光っておりますが、
古い品物ですが、割れたり、欠けたり、している所は無く、
蒔絵の状態も非常に良い品物です。

古美術やかたホームページ・櫛・簪・帯留め・和装小物の 商品番号 K-16です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「櫛・簪・帯留め・和装小物」商品番号 K-16です

純銀 銀瓶大 <共箱>

取手を含む高さ約 28cm 注ぎ口を含む横幅約 24cm
重量約 1530g

材質は純銀です。
時代は昭和初期ごろのものだと思われます。

写真をご覧のように、取手から底の部分まで
打ち出しの金工細工が施されております。
採光の加減で光っておりますが、
非常に綺麗な未使用品で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-69です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

櫛 蒔絵 富士山と松林

横幅約 12.5cm 縦幅約 5.5cm 最大厚み約 0.9cm

材質は木製です。
時代は江戸から明治にかけてのものだと思われます。
富士山や松林の蒔絵が描かれております。
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ・櫛・簪・帯留め・和装小物の 商品番号 K-17 です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「櫛・簪・帯留め・和装小物」商品番号 K-17です。

香炉 鉄鎚出  <共箱>

高さ約 5cm 横幅約 10.5cm 

材質は鉄製で、火屋は銀でできております。
時代は昭和初期ごろのものだと思われます。

共箱で作家の作品です。
吉田宗弘と銘が入っておりますが、作家についてはよく分かりません。
状態の良い作品で、傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-18です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

櫛 象牙に蒔絵

横幅約 10cm 縦幅約 3.9cm 厚み約 0.5cm

材質は象牙です。
時代は明治時代前後のものだと思われます。
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ・櫛・簪・帯留め・和装小物の 商品番号 K 18です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「櫛・簪・帯留め・和装小物」商品番号 K-18です

琢斎 銅 花入 <共箱>

耳を含む横幅約 17.5cm 高さ約 24.1cm

時代は明治時代頃のものだと思われます。
非常に味があり、風格すら感じさせられます

本間琢斎の花入れです。
古いものですが傷んでいる所も無く状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-45です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

銀瓶 霰 <箱付>

取っ手を含む高さ約 21.6cm 注ぎ口を含む横幅約 20.4cm
重さ 約 692g  

材質は純銀です。
時代は大正から昭和頃のものだと思われます。
先日紹介させて頂いた、D-26の銀瓶とは違い、
形は少し大きく、重量は少し軽めです

綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-35です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

日本橋

東京と 大阪
どちらにもある地名が「日本橋」
東京は「にほんばし」 大阪は「にっぽんばし」です


東野圭吾の「麒麟の翼」を読みました
加賀恭一郎シリーズ 東京の下町 日本橋を舞台にした推理小説
さすがですね、面白かったです


東京の方の「日本橋」
江戸時代も古くから道路の始点であったこの「日本橋」
現在「日本橋」を起点としている国道は現在7本あるそうです
作品中にも ひとつのキーワードとして出てきますが 日本の始まりの地点なんですね
        −庵−


純銀 入子箱 (5個) <共箱>

大 横幅約 11.6cm 縦幅約 8.5cm 高さ約 5.4cm
小 横幅約 9.8cm 縦幅約 7cm 高さ約 4.3cm

材質は純銀です。
時代は昭和初期頃のものだと思われます。

純銀の蓋付の箱が五個入子になっております。
作家の作品で、地肌は写真のように槌目になっております。

採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-70です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

扇風機

台風1号の影響の雨が 3日間 降り続いています。
雨が 3日続くと お洗濯物がたいへんですね。
子供たちは 雨だから洗濯物減らそうとか言う配慮してくれませんのでね(苦笑)
世の中のお母さんが 今 同じお気持ちでいらっしゃるのだろうな・・・と思えば
大量の洗濯物を前に しょうがないか・・・とあきらめの気持ちにもなれますが・・・


今年は節電の関係で 扇風機の売れ行きが好調らしいです。
そもそも、エアコンより省エネだから、
また、扇風機を併用してエアコンの設定温度をあげ、消費電力を抑えようとする動きだそうです。
長い目で見て、地球温暖化対策のためにも、良い事かも知れません。


さて、この季節の部屋干しに、扇風機が大活躍します。
長い時間、濡れたままにしておくと雑菌が増えてにおいの原因となってしまう部屋干し。
二台の扇風機を強にして、2〜3時間扇風機をあてると結構すんなり乾いてくれて助かります。
扇風機はけっこう偉大なんです(笑)
               −庵−

きょうはお休み

いつも連休なんですが(月曜、火曜)
二日とも家に 珍しい事
と言っても、、午前中は倉庫の整理

この一ヶ月、なんだかんだと忙しく
仕事なら良いのですが 雑用が多く
「あっと」言う間に過ぎていきました

前から考えていた ベランダ屋根の雨水
とゆ の排水を変更して
200リットルの水槽へ、、、、、が完成

藻を入れて、ほったらかしでしたが、
最近、水がにごりがちで、、、
魚達も元気が無かったのですが

この雨 さっそくの成果が見られ
(農業用ポリタンクのふたを外した物)
溢れた水が出て行くように途中で穴を、、、

水も自然に入れ替わり、ぼてじゃこ、しまどじょう、モロコ、
凄く元気になり、、泳いでいます

水槽の底には川の土も入れ(しまどじょうの為)
タニシや小さな しじみ もおり
水は底まで透き通っています

これで藻が枯れない限り、、ほったらかしで大丈夫そう、、、

(藻が枯れてきたのかもと、新しい藻を、川の底土を取りに行き
植木鉢の様な所に植え、沈めて置きました)考えていた水と藻と土、完了。

京都市美術館 2011京展

京都市主催の総合公募展。日本画、洋画、工芸、彫刻、版画、書の
6部門にわたって入選、入賞した作品を展示されます。

京展は、70年余りの歴史があり多くの作家が誕生してきました。
美術、工芸に関わりのお仕事の方々
一度チャレンジされるのも、、良いかも、、
6月4日頃が搬入締め切りのようです

6月14日(火)−6月30日(木) が開催日です。

七宝 茶托 五枚一組

横幅約 15.4cm 縦幅最大約 8cm

七宝焼でできております。
時代は江戸から明治にかけての中国製だと思われます。

魚のデザインが楽しい作品です。

古い品物ですが大きく傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-34です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

刀装具 鍔 大小二枚一組 <在銘>

(大)縦幅約 8cm 横幅約 7.5cm 厚み約 0.3cm
(小)縦幅約 7.3cm 横幅約 6.7cm 厚み約 0.3cm

写真でご覧のように、作者の銘が入っております。
当店は、刀剣の専門店ではなく、
作者についてはよく分かりません。

コレクターの方から買い受けた品物で、
非常に繊細な細工が施されております。

アタリや傷は無く、綺麗な品物です。

古美術やかたホームページ・根付・金工細工の 商品番号 N-21です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「根付・金工細工」商品番号 N-21です。

銀瓶 霰 <箱付>

取っ手を含む高さ約 21.6cm 注ぎ口を含む横幅約 18cm
重さ 約 964g  

材質は純銀です。
時代は大正から昭和頃のものだと思われます。
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-26です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

刀装具 鍔

横幅約 7.5cm 縦幅約 8.6cm 厚み約 0.4cm 

そんなに高価な品物では無いのですが
私の好きな、コレクションの様は品物で
どうしても欲しい方は連絡下さい。

時代は江戸から明治頃だと思われます。

作家の名前はありませんが、繊細で綺麗な彫金が施され、
職人技の冴える逸品です。
日本美術刀剣保存協会の認定書が付いております。

採光の加減で白く光っておりますが、ご覧のように状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ・根付・金工細工の 商品番号 N-29です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「根付・金工細工」商品番号 N-29です。

私の、、思い出、、母の日

きょうは母の日、、、!?
お客様からカーネーションのお花頂きました

考えてみると 一度も母にお花、、あげた事がありません
今は無き母、、、いつも、いつも、叱られていた私、、、

特に私には厳しく、結婚やお商売を始めた時 少しの援助も無かった
自分でえらんだ道、、、自分でしなさい、、、と

いつも叱られながら、考え方や 生き方 教えられ、、
最後には、、貴方を信じてるからね、、と

初めてお商売をした時、
勝手口から入っていく商売人ではな無く
玄関から堂々と入っていける様にと、、、
人は皆平等、、人と人の信頼を大切に、、と

普通のサラリーマンの家庭
お人良しで、頼まれれば、嫌とは言えない父
子供の時から、、一人の人として接してくれた、、母、

私の一番の幸せは、、あの母と、あの父の
子供に生まれた事、誇りに思っています。

今は無き母に、、、心よりありがとう!!、、、、ちょっとはマザコン、、かな??

母の日

店先に 色とりどりのカーネーションがずらりと並び 綺麗です

カーネーションも花の色によって花言葉が違うようです
母の日定番 赤は「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」「哀れみ」
黄色は「軽蔑」
白色は「私の愛情は生きている」「愛の拒絶」
ピンクは「熱愛」
青は「永遠の幸福」
だそうです。

個人的にカーネーションが昔からあまり好きではないので、
親には違う花をあえて贈り、自分にも要らないと子供たちに伝え・・・。

その日だけの「ありがとう」ではなく常に感謝の気持ちを持って生きることが
大切だと言う事を再確認する日であって欲しいな
とりあえず 全国の「お母さん」
お疲れさまです
       −庵−

木版画 大江戸しばい ねんぢゅうぎょうじ 一冊

縦約 44cm 横約 28.5cm

発行の年号は入っておりませんが、明治版画です。
非常に状態の良い品物です。

目録以外に全部で25枚あります。

京都市内の織物問屋さんで沢山本を買い受けて来ましたが、
その中でも状態の良い珍しいものだけ掲載させて頂きました。

古美術やかたホームページ
「絵画・掛軸・古書籍」商品番号 Z-4です。

茨城県近代美術館 茨城県水戸市千波町東久保666-1

地震の影響で閉館しておられましたが、4月29日から再開されます。
最初の企画展は,「がんばっぺ!茨城」のかけ声と共に茨城復興に向けた展覧会として,
会期を改めて「ふるさとを描く〜いばらき美術風土記〜」を開催されます。

再開にあたり,災害復興の気持ちを込めて5月8日(日)まで入館料無料とさせています。

東日本大震災により,茨城県は岩手,宮城,福島に次ぐ大きな被害を受けられ、
施設の一部に損害を被ったため,震災以来,閉館されておられました。
「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」はこの度の再開にあたり会期を改め,
「がんばっぺ!茨城」のかけ声と共に茨城復興に向けた展覧会として開催されます。

美術作品を通してふるさと茨城を見つめ直す企画で、
茨城の風景を主題とする多様な作品を展示され、
作品と風土の結びつき,あるいは画家たちのふるさとへ寄せる想いなどを
紹介されておられます。

津波によって流出した五浦の六角堂なども含まれており、
遠く離れた土地から被災した郷里を想う人も多くおられることと思われ、
画家たちの描く風景ががんばる多くの人々の心を癒し,ふるさとの魅力を確認することで,
私たちが互いを励まし合う場となればと開催されます。

漆器 幾何学模様 大櫛

材質は木で出来ております。
全体的によく使い込まれていて、
星のような模様の中心の螺鈿が、所々はずれています。

時代は、江戸の後期頃と思われます。

古美術やかたホームページ・櫛・簪・帯留め・和装小物の 商品番号 K-25です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
「櫛・簪・帯留め・和装小物」商品番号 K-25です。

佐川美術館  休館日:毎週月曜日

友の会日帰りツアー
『福井・武生 越前和紙の里を訪ねて』 6月5日(日)6月4日(土)にはオプショナル前泊を実施

ツアーへのご参加希望者は佐川美術館友の会への入会が必要です。

〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
手漉き和紙で日本一のシェアを誇る越前和紙の産地、
福井県武生を訪れる日帰りバスツアーで、
日本文化に深く根ざす和紙の魅力とその里の探索。

昼食は600坪の広大な屋敷に純和風総ケヤキ造りの建物、
落ち着いた庭園を持ち、聴琴亭にて、竹筒を器に3種類の
冷たいそばと温かいうどんと新鮮なお刺身の組み合わせでお楽しみのようです。

紙の文化博物館・卯立の工芸館にて和紙の歴史と、熟練の職人の技を見学。
紙漉き体験を実施。漉いた紙はお土産として持ち帰ります。
多くの日本画家の紙を特注で漉く岩野平三郎氏による講演
紙漉きの街並みと、日本で唯一紙祖神を祀る大瀧神社を散策
日本画家の川嶋渉さん、定家亜由子さんと、当館学芸員がご一緒いただけます。

現在使用しております私のお店の案内パンフレットも
越前和紙でお作りいただきました
そんな関わりも在りご紹介させて頂きました。

滋賀県立近代美術館

〒520-2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
名神・新名神高速道路経由の場合:草津田上インターから約5分
文化ゾーンの森の中にあります、緑に囲まれ、京都からも近く
連休ご家族や、少し散歩がてらに如何でしょうか、、、

4月5日 〜 6月26日の間
近江八幡市出身の紬織着物の人間国宝・志村ふくみを中心に
滋賀県ゆかりの工芸作家たちの作品を展示されておられます。

作家は以下の方々です、
志村ふくみ、森口華弘、清水卯一、高橋楽斎、上田直方、安田全宏、杉田静山、
宮下善寿、鈴木治、小倉遊亀、  

引手(大) 七宝焼 <江戸期>

七宝部分
縦約 1.4cm
横約 9.1cm

時代は江戸時代です。
時代の味が素晴らしい作品です。

押さえの化粧金具が、江戸期の七宝焼きで出来ております。
古いものですが、状態も良く現在十分に使用可能です。
古美術やかたホームページ 商品番号HH-2です。

(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

七宝引手 観音開 一対

七宝部分
縦約 2.6cm
横約 9cm

時代は明治時代頃だと思われます。
観音開きの引き手です、彫金された、重量感の有る引き手で
あて金具の金属に七宝焼きが施されております。
傷んでいるところも無く、時代の味が素晴らしい作品です。

古美術やかたホームページ
「引き手・釘隠し」商品番号 HH-1です。(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

蔵行灯 <箱付>

高さ約 19cm 取手を含めた高さ約 24cm 横幅約 12.5cm 奥行約 12.8cm

裏に天保二年(1831)と書かれております。
蝙蝠と雲の透かしが入っており、面白い品物です。
ガラスは後から新調されたものだと思われます。

時代の割には状態の良い品物で、目立った傷や凹み等はありません。

古美術やかたホームページ・その他楽しい品物の 商品番号 S−27です。
「その他楽しい品物」商品番号 S-27です。

即中斎自作 茶杓 常盤 黒田正玄 <共箱>

横幅約 1.1cm 長さ約 18.5cm

茶道表千家十三世家元、即中斎自作です。
下削り、黒田正玄。

ご覧のように、綺麗な状態で傷んでいる箇所はなく完品です。


古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-84です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

  • お問い合わせフォーム
  • TEL:075-533-1956
  • FAX:075-571-8648

お問い合わせフォーム