• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

純銀 戸袋用引手 四枚一組

写真2  縦約 4cm  横幅最大約 3.8cm
裏取り付け部分  縦約 3.2cm 横約 1.3cm 厚み約 7mm
写真9  縦約 4.3cm  横幅最大約 4.7cm
裏取り付け部分  縦約 3cm 横約 1.3cm 厚み約 7mm

時代は明治から昭和初期頃のものだと思われます。
重量感があり、綺麗な品物です。

古美術やかたホームページ
引き手 釘隠し商品番号 HS-2です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

竹篭花入 飯塚鳳斎 <共箱>

最大横幅約 8.2cm 高さ約 13.7cm
材質は竹製です。
琅かん斎の師にあたる飯塚鳳斎です。

シンプルな作品ですが、
さすが琅かん齋の師と思わせる作品です。

共箱で共布が付いております。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。


古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-60です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

伊万里 染付 ナマス皿 一客

高さ約 5cm 口径約 15.3cm

在庫は5客あります。
時代は江戸後期頃のものだと思われます。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な模様で上がりも良く、傷・割れ等無く、完品です。

古美術やかたホームページ
伊万里 古陶器商品番号 I-46です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

猿 刀装具 目貫一対

横幅約 2.8cm 縦幅約 2cm 厚み約 0.7cm
もう一つも同じ寸法です。

時代は幕末頃のものだと思われます。
銘はありませんが、ご覧のように作の良い逸品です。
ぶ厚い金具で作られており、重量感があります。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-37です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)


伊万里 染付 ナマス皿 一客

高さ約 4.7cm 口径約 15.2cm

在庫は5客あります。
時代は江戸後期頃のものだと思われます。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な模様で上がりも良く、傷・割れ等無く、完品です。

古美術やかたホームページ
伊万里 古陶器商品番号 I-45です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

亀 刀装具 目貫一対

横幅約 2cm 縦幅約 1.5cm 厚み約 0.5cm
もう一つも同じ寸法です。

時代は幕末頃のものだと思われます。
銘はありませんが、ご覧のように作の良い逸品です。
ぶ厚い金具で作られており、重量感があります。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-38です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

流しびな

今週には、3月3日、ひな祭りがあります。
京都でも、ひな祭りにまつわる、さまざまな行事が執り行われるようです。

下鴨神社では、「流しびな」が行われます。
神事の後、さんだわらを境内の御手洗川に流して、子供達の無事を祈ります。
古来より続く、厄を祓い無病息災を祈る行事です。
12時前から甘酒の授与(無料)や流しびなの販売、抽選会等も行われます。

下鴨神社へは、京都市バスで行くことができます。
       −庵−



伊万里 染付 ナマス皿 一客

高さ約 4cm 口径約 15cm 

在庫は5客あります。

時代は江戸後期頃のものだと思われます。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な模様で上がりも良く、傷・割れ等無く、完品です。

古美術やかたホームページ
伊万里 古陶器商品番号 I-44です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

龍と鐘 刀装具 目貫一対

横幅約 4.3cm 縦幅約 1.5cm 厚み約 0.7cm

もう一つも同じ寸法です。

時代は幕末頃のものだと思われます。
銘はありませんが、ご覧のように作の良い逸品です。
ぶ厚い金具で作られており、重量感があります。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-59です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

嵯峨野トロッコ列車

京都は本日雨、まだまだ冷たい雨です。

3月に入ると「嵯峨野トロッコ列車」が運転始動です。
「冬の間(12/30〜2月末日)運休していたトロッコ列車が春風をきって動き出します。
 8つのトンネルをくぐり、保津峡の渓谷美を乗客に楽しませながら、
 旧山陰本線の嵯峨〜亀岡間を走ります。」
とのこと。

一雨ごとの温かさ・・・そんな日が待ち遠しいですね。
         −庵−

みじん唐草 小鉢 一客

高さ約 7.3cm 口径約 11.5cm

在庫は5客あります。

時代は幕末頃のものだと思われます。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な模様で上がりも良く、傷・割れ等無く、完品です。

古美術やかたホームページ
伊万里 古陶器商品番号 I-38です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

布袋 刀装具 目貫一対

横幅約 4cm 縦幅約 1.5cm 厚み約 0.6cm
もう一つも同じ寸法です。

時代は幕末頃のものだと思われます。
ぶ厚い金具で作られており、重量感があります。
採光の加減で白く光っておりますが、
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-60です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

旧嵯峨御所大覚寺門跡

身が引き締まるような、寒さが続いています。
とはいえ、お土産屋さんの店先には、雛祭りのお菓子が並び始め、
春の香りはもうすぐそこまで、漂い始めているようです。

旧嵯峨御所大覚寺門跡の、通常非公開の書院「庭湖館(ていこかん)」では、
香の歴史をひもとき、お部屋に香りをただよわせる「空薫(そらだき)」を体験できます。
香の老舗 松栄堂のスタッフが香の種類の解説を行い、
自宅でも手軽に楽しんでいただけるようにご案内いたします。
平安時代に親しまれたお香(薫物(たきもの))の香りをお楽しみください。
(ご使用いただいた練香・火箸・灰・炭などの用具はお持ち帰りいただけます。)
とのこと

旧嵯峨御所大覚寺門跡へは、
京都駅よりJR嵯峨野線、または、市バスで行くことができます。
      −庵−

純銀 釣船花器 十代中川浄益 <共箱>

横幅約 41.5cm 縦幅約 23.5cm 高さ約 21cm 重さ約 1925g
鎖の長さ約 1m72cm 重さ約 317g 

材質は純銀です。
十代中川浄益作。
中川浄益の作品で、本体・鎖共に、浄益の銘が入っております。
本体・鎖共に、共箱で、本体は二重箱に入っております。
地肌は打ち出し細工で作られ、重量感のある船型釣花器です。

採光の加減で、白く光っておりますが、凹み等なく
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-55です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

海老金具付 懐紙入れ <在銘・箱付>

横幅約 18cm 縦幅約 11cm

材質は革製です。
時代は明治時代前後のものだと思われます。

海老の彫金細工が素晴らしい逸品で、
裏の止め金具に光正と銘が入っております。
海老の彫金細工は金で出来ているように思われます。
古いものですが、状態も良く、十分使用可能です。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-06です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

二条城

京都のお土産さんの店頭に 早くも雛祭りのお菓子が並びはじめました。
ピンクに 淡い緑に 綺麗な黄色・・・見ていると こちらの気持ちまで 和むような
可愛らしいお菓子の数々に 春の足音を感じます。

梅の便りも ちらほら届き始めます。
二条城の本丸御殿の南西にある梅苑は50種約130本 。
どちらかというと遅咲き気味の梅です。見ごろはだいたい2月中旬〜3月上旬頃。
品種:紅梅(紅千鳥、紅雀など)、白梅、桃色梅、源平咲き分け(1本の木に紅白の花)、シダレウメなど。

二条城へは、市バスや地下鉄東西線で行くことができます。
               −庵−





純銀 花入 菊御紋 <箱付>

本体 高さ約 28.6cm 最大横幅約 20.3cm
重さ約 2500g          
台の高さ約 3cm
 
材質は純銀です。
時代は大正時代前後のものだと思われます。
採光の加減で、白く光っておりますが、凹み等なく
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-71です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません

ちりめん細工 箱

直径約 6.2cm 高さ約 3.7cm

材質は紙製で、ちりめんの布が貼られております。
時代は大正時代前後のものだと思われます。
箱の中に小さな小箱が入っております。
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-15です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

ふくら雀金具付 懐紙入れ <在銘・箱付>

横幅約 24.5cm 縦幅約 12.2cm

材質は金唐革です。
時代は明治時代ころのものだと思われます。
ふくら雀の下部に、光芳と銘が入っており、
写真7 のように、雀の背中にも彫金されたあとが残っております。
内側の布は後で新しくされており、新しい布が付いております。
古いものですが、状態も良く、十分使用可能です。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-07です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません

福寿草

今、お店のショーウインドーに、可愛らしい福寿草が咲きかけています。

福寿草、花言葉は「幸福」「幸せを招く」「永久の幸福」「回想」「思い出」
江戸時代・元禄の頃から正月の縁起飾りとする風習が広まり、盛んに品種改良もされた。
「古典園芸植物」の一つである。
とのこと。

可愛らしく、可憐な風情に、心が和みます。
           −庵−

ちりめん細工 箱

横幅約 7.5cm 縦幅約 8.5cm 高さ約 2.6cm

材質は紙製で、ちりめんの布が貼られております。
時代は大正時代前後のものだと思われます。
箱の中に小さな小箱が入っております。
お雛様のお道具と思われます

綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-16です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

京菓子資料館

来週には 今や 日本の風物詩として すっかり定着した「バレンタインディ」が
やってきます。
各デパートでも、バレンタインディ商戦の真っただ中
おかげさまで、ひとさまに数多くのチョコを配る生活とは無縁になった主婦
毎年、綺麗な高級チョコレートの中から、
「自分用の一品」を選ぶのに、心うきうきするひとときです(笑)。

京菓子資料館では、3/20まで、「龍年の京菓子」展が開催されています。
干支にちなんで創作した上生菓子や、干支にまつわる菓子を一堂に会し、
併せて龍に関する物語や絵画、茶道具も展示されるとのこと。

この時期は老舗和菓子店や有名店から、贈り物にもぴったりの、
京都らしいバレンタイン向けスイーツが発売されています。
京都の和菓子の中から、珍しい素敵な贈り物が見つかるかも知れません。
             −庵−

雛道具 御所車

横幅約 10cm 長さ約 29cm 高さ約 16cm

材質は木製です。
時代は大正時代前後のものだと思われます。
細かい細工や蒔絵が、綺麗に緻密に描かれております。
牛も細密に作られており、さすが、昔の職人技を思わせる逸品です。

綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-17です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません

城南宮の梅

まだまだ 寒い日が続きますが、そろそろ梅の花だよりも聞こえてきました。

城南宮の神苑・楽水苑では、源氏物語に登場する100余種の草木があり、
「春の山エリア」に植栽された150本余りの紅白のしだれ梅は、2月下旬から咲きそろい始め、
追って300本もの様々な椿が開花します。
2/18から、しだれ梅と椿まつりが開催されます。

梅も椿も、初春の凛とした素敵な花です。
梅の花言葉は「高潔」「上品」「忍耐」
椿の花言葉は「理想の愛」「謙遜」

城南宮へは、地下鉄「竹田」駅西口より 市バス南1・2・3「城南宮東口」です。
                 −庵−

節分

10年ぶりの大寒波が到来しておりました。
連日、寒いですね・・・
暦の上では、本日は「節分」

京都市中京区の壬生(みぶ)寺では、
厄除けを祈願する「節分会(え)」が2日、始まり、
国の重要無形民俗文化財で知られる壬生狂言の演目「節分」が上演された。
仮面をつけた演者たちがユーモラスに演じると、
雪が舞う寒空の下にもかかわらず観客から拍手や歓声が起きた。
2日の市内の最低気温は氷点下まで下がり、
日中の最高気温も2・4度(平年値8・5度)までしか上がらなかった。
3日の最低気温は氷点下4度の予報で、この冬一番の冷え込みとなる可能性がある。
とのこと。

暦の上でも、春に一歩近づきました。
本当の春が、待ち遠しいですね。
           −庵−




凄い寒さ、、

こんな所でも雪が朝からふっており、東北の山間部、
秋田県仙北市の旅館 玉川温泉の岩盤浴場で発生した雪崩で、
男女3人が巻き込まれて死亡する惨事が起こっており、
旅館関係者は「まさかあの場所で雪崩が起きるとは」と話されておられます。

噴出口近くの岩盤浴にはがん患者が多く訪れておられる様子で
一人のお客様ははトイレに行き、戻ると雪崩が起きていたと話され
雪山の怖さを話されておられました

皆様も、寒さ、雪、十分お気をつけて過ごしてください。

ウオーキングツアー

歩いて、伊勢本街道参り
月一度で、14回、伊勢神宮まで行きます
第一回は、大阪城の隣、玉造稲荷神社よりスタート
花園ラクビー場をこえ近鉄、枚岡神社まで
石碑や説明、お寺を経て、、20キロ程歩き、

私たちが一番若そうな感じで、
定年になられた方々が多く、50人ほどでしたが
ご夫婦の方は3組ほどで、一人の方や、同性の仲良し友達か、、

体にも良いでしょうし、何度も行けば友達も出来そうで、、
歴史や文化に詳しそうな方々もおられ
結構、お好きな方には面白そうな気がしました

来月は生駒山を登る、暗峠(くらがりとうげ)登りばかり 8キロ
大変なウオーキングですがほとんどの方が参加されるようです

道中、神社、宿場、おかげ燈籠、等々 昔は不便だったと思われますが
行く先々で、お祈りや、お願い、ありがとうを 思い、
道すがらのお金持ちは、庶民に、お餅や食料を援助して
他の動物には無い、人ならではの 助け合い、感謝しあい
不便でも、生きて行く喜びは 今より多くあったように思われました、、、、、、

三世 秦 蔵六 塗金銅爵(特大) <共箱・二重箱>

最大縦幅約 35 cm 取手を含む横幅約 23cm 
高さ約 43cm 台を含む高さ約 46.5cm

材質は銅器です。
時代は昭和初期のものだと思われます。
三世 秦 蔵六の作品で、 特別注文で作られた作品のように思われます。

大人の膝くらいの高さがある特大の爵です。
採光の加減で白く光っているところがありますが、
完品の綺麗な状態で、傷んでいる箇所は有りません。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-18です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

なんば花月

昨日は休みで、お店のガラスショーケースを買いに大阪まで
カーナビ見れば、真ん前に 吉本興業のグランド花月
早々にショーケースを買いグランド花月へ

なんばグランド花月(吉本新喜劇)見てきました
ザぼんち・西川きよし さん等々、
初めての経験で、、、人間、大好きになりました(前からですが)

舞台と客席の 人と人のかけあい
あの空気、、温もり、、、、、
お笑い大好きの家内も、笑いっぱなし

ポチと一緒に行っても、、ポチも笑いそうな、、雰囲気

あの建物の中で渦巻いている、、笑いの空気
20年も前から大好きな、三丁目の夕日 のマンガ、、同じ空気
すっかりハマってしまいました

人に生まれて良かったなーって、、、
寒い日に 心 温かく帰ってきました。

お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

  • お問い合わせフォーム
  • TEL:075-533-1956
  • FAX:075-571-8648

お問い合わせフォーム