• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

十輪寺

昨日は、真夏を思わせる日差しでしたが、
今日から、週末は、まとまった雨が降るようですね。
若葉の季節、雨の京都も風情があります。

「十輪寺」では、5月28日に、業平忌

平安時代の六歌仙・在原業平は晩年この地に住み、
塩を焼いて風流をたしなんだと言われており、
業平の忌日法要が当寺で行なわれます。
法要は、歌詠みである業平を慕って
多くの俳人・歌人が集い、舞踊・京舞の奉納や、献花があります。
また、お茶席も設けられます。

アクセスは、JR「向日町」駅より 阪急バス43「小塩十輪寺前」

常照寺 帯まつり

5月第2日曜日に常照寺で、帯まつりが11:00に行われます。
帯まつりは、帯塚が1900年中頃にに建てられたのが最初で、
和装の益々の発展を願って行われる行事で、
和装関係者が多く参加されておられます。

その歴史は、本阿弥光悦より土地を譲り受け、学問所から始る
北区鷹峯北鷹峯町  電話075−492−6775

京の町家

京都生まれの、京都育ち、
昔、私が小学校の頃、室町や西陣の糸へんが盛んなこ頃、
多くの町屋が京の都にはありました、
考えてみると、時代の流れで、着物も着なくなり、
大店や老舗のお店が止められて行き、すっかり少なくなりました。

しかし、最近では町家人気がますます右肩上がりで、
「京都 町家」というキーワードで検索しますと、
町家がたくさん出てきます。

住まわれている人々が、愛情をかけて守られてきた昔の町屋、
今では、形だけの町屋も多くあり、、、、
上手く言えば良い、、形だけで良い、、、現代かも、、

愛情が注がれてこそ、、感動や浪漫が伝わるのではないだろうか、、、

純銀 小箱 鶴 <箱付>

横幅約 9.4cm 縦幅約 7.7cm 高さ約 3.4cm

材質は純銀です。
時代は昭和初期頃のものだと思われます。
鶴の絵が巧みに彫られております

採光の加減で白く光っておりますが、
傷んでいる箇所は無く、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-23です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

上賀茂神社・献茶祭

来週15日から、京都の三大祭りのひとつ、葵祭りが始まります。


17日には、上賀茂神社で「献茶祭」
葵祭を締めくくる行事です。
午前の神事の後、本殿の御籍舎で家元が濃茶・薄茶を点てて本殿に供えます。
表千家、裏千家一年交代にて、御神前に献茶する神事です。
有料で、当日境内にてお茶席が有ります。
雨天決行です。

純銀 菓子器 <共箱>

横幅約 10.3cm 縦幅約 8.3cm 高さ約 4cm

材質は純銀です。
時代は大正時代前後頃のものだと思われます。
菊光堂の品物で、共箱です。
非常に綺麗なっ作りです

採光の加減で白く光っておりますが、
傷んでいる箇所は無く、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-22です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

純銀 小箱 松竹梅 <共箱>

横幅約 9.8cm 縦幅約 8cm 高さ約 2.8cm

材質は純銀です。
時代は昭和初期頃のものだと思われます。

共箱で、作者の名前が入っておりますが、
作者については良く分かりません。
採光の加減で白く光っておりますが、
傷んでいる箇所は無く、状態の良い品物です


古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-21です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

青銅 帯鉤 <箱付>

縦幅約 16.5cm 横幅最大約 2.1cm 高さ最大約 1.3cm 

材質は青銅で、細かい銀象嵌が施されております。
時代は明代はあるようです

採光の加減で白く光っております。
古い時代の物ですが、写真をご覧のように、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-126です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません

竹製 腕枕 <箱付>

長さ約 20.4cm 横幅約 6.2cm 厚み約 0.6cm

材質は竹製です。
時代は大正時代前後のものだと思われます。
幽霊の図柄が上手に彫られており、
在銘ですが、作者については、良く分かりません。

採光の加減で白く光っておりますが、
傷んでいる箇所は無く、状態の良い品物です。
古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-124です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

葵祭

GWの後半です。
若葉の綺麗な京都にも、たくさんの観光客の方がお見えになっており、
賑やかです。

GWが終わると、15日からは、葵祭です。
葵祭は、京都3大祭の一つ。
宮中の儀・路頭の儀・社頭の儀からなり、その中でも文官・武官列や女人列、
斎王代を乗せた腰輿、牛車など500人が練り歩きます。
葵祭の行列は10時30分に京都御所を出発し、下鴨神社・上賀茂神社へと参向します。

10時半に京都御所を出発し、下鴨神社、上賀茂神社と続きます。
雨天順延です。

純銀 小箱 鶴 <箱付>

横幅約 9.4cm 縦幅約 7.7cm 高さ約 3.4cm

材質は純銀です。
時代は昭和初期頃のものだと思われます。
鶴の図が綺麗に彫られております

採光の加減で白く光っておりますが、
傷んでいる箇所は無く、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
その他楽しい品物商品番号 S-23です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)

竹製 茶合 蟹の図

長さ約 16.7cm 横幅最大約 5.2cm 厚み最大約 0.7cm

材質は竹製です。
時代は大正時代前後頃のものだと思われます 。
蟹の図が綺麗に彫られており、
在銘ですが、作者については、良く分かりません。

採光の加減で白く光っておりますが、
傷んでいる箇所は無く、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-143です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

  • お問い合わせフォーム
  • TEL:075-533-1956
  • FAX:075-571-8648

お問い合わせフォーム