• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 出張買取地域 > 奈良県 出張買取

奈良県で古美術・骨董品・茶道具高価買取

奈良県の骨董品茶道具買取 古美術やかた

店内の写真集を見る

数々の信頼ある多くのメディアにご紹介頂きました

奈良県で骨董品、茶道具を高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、奈良県をはじめ全国より骨董品買取相談や買取依頼も数多くいただいております。
奈良県でお買取りした古美術骨董品、茶道具は、お店に展示しております。

店には常時、買取した2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

販売価格を提示して骨董品買取価格を決定

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで掲載(販売)しており、お客様の安心と信頼を得ています。

  • 骨董品・美術品・茶道具 買取
  • 根付・金工細工 買取
  • 櫛・簪・帯留・和装小物 買取
  • 伊万里・古陶器 買取
  • 引手・釘隠し 買取
  • その他 買取

京都は、千年も続いた都で、祇園祭に代表されるように、古美術骨董の中心地です。
その京都祇園で、昭和56年開業、優れた多くの品を査定、鑑定を繰り返して来ました。
老舗骨董店ならではの、信用と信頼があればこそ、高額な販売や買取が出来るのです。

古美術やかたの店内写真です、ご覧ください、360度ご覧いただけます。

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

奈良県の骨董品買取について

奈良県のお客様、買取依頼はお気軽にお問い合わせください。

奈良県は、昔、飛鳥・藤原の宮都や平城京の都があり、世界に誇る日本の奈良県は歴史文化資源の宝庫と言われて来ました。
また奈良県には世界遺産や数々の国宝や重要文化財も多くあります。
このような土地柄、骨董品や茶道具に興味をお持ちのお宅も多くあり、仏教美術古仏古書画また文人画等、買取させて頂いたこともあります。
奈良国立博物館もあり、文化や歴史も古く、当店からの地の利も良く、出張買取させて頂く事がよくあります。
赤膚焼は、奈良県の地元の窯で、度々買取させて頂く事がありました。
また、奈良県出身の作家では、富本憲吉絹谷幸二庄田鶴友がおり、査定や買取を度々させて頂く事があります。
茶道の文化も発達しており、登り窯で焼かれた、陶芸品楽焼の茶道具の買取や見積もり依頼も多くあります。
貴方が知らないだけで、奈良県には、2代、3代前に集められた骨董品、茶道具など、高価に買取させて頂ける逸品が多く眠っています。
奈良県のお客様、骨董品の整理、売却の際は是非当店にお尋ね下さい。

奈良県 出張買取地域

  • 明日香村
  • 安堵町
  • 斑鳩町
  • 生駒市
  • 宇陀市
  • 王寺町
  • 大淀町
  • 香芝市
  • 橿原市
  • 葛城市
  • 上北山村
  • 河合町
  • 川上村
  • 川西町
  • 上牧町
  • 黒滝村
  • 広陵町
  • 五條市
  • 御所市
  • 桜井市
  • 三郷町
  • 下市町
  • 下北山村
  • 曽爾村
  • 高取町
  • 田原本町
  • 天川村
  • 天理市
  • 十津川村
  • 奈良市
  • 野迫川村
  • 東吉野村
  • 平群町
  • 御杖村
  • 三宅町
  • 山添村
  • 大和郡山市
  • 大和高田市
  • 吉野町

奈良県各市町村の古美術骨董品、茶道具の買取一例

奈良県明日香村

奈良県明日香村は、位置的には奈良県のほぼ真ん中にある村で、飛鳥時代の宮殿や史跡が多く発掘されており、昔の日本の歴史の代表的な地区で権律令国家の生まれた場所です。 遺跡や古墳が多く、農業や林業のお宅がほとんどで、古美術骨董品や茶道具買取では、普段使いの道具や煎茶道具を買取させて頂く機会がありました。 このように日本の心の故郷、とも紹介されることの多い奈良県明日香村ですが、まわりを丘や山に囲まれた小さな盆地にあり、遺跡、景観保全のため村内全域が歴史的風土保存の対象となっているほどで、石舞台古墳、キトラ(古墳)、高松塚古墳など、特別史跡が数多くある地域です。 飛鳥坐神社や飛鳥寺、岡寺など、歴史の古い神社仏閣も多く、(神道美術)や(仏教美術)も見られ、飛鳥京跡、飛鳥稲淵宮殿跡など、奈良県ならではの宮跡などがあるのが特徴的です。 万葉学者の犬養孝は、この地域出身の(文化功労者)で、おおくの万葉ファンに親しまれた人物です。 奈良県立万葉文化館や、奈良文化財研究所飛鳥資料館、高松塚壁画館など、奈良県明日香村ならではの、博物館も多く、歴史を愛好される方々が住まわれている地域です。 奈良県ならではの、(愛好家)も多くおられ、(けつ状耳飾)や(土器)、また(土師器)や昔の(登り窯)で焼かれた素晴らしい(火襷)がある(茶碗)でしたが、少し(フリモノ)があり、残念でしたが、滅多に見られない陶芸作品の(逸品)も拝見させて頂きました。 観光、農業に従事されるお宅が多く、古くから続く老舗の旅館や商家などが今なお残っております。 飛鳥光の回廊は、石舞台をはじめ、伝飛鳥板蓋宮跡や水落遺跡、飛鳥寺や橘寺や岡寺など、明日香村内の代表的な史跡、寺社、施設がライトアップされ、20,000本を越えるろうそくの明かりで彩られます。 県外からも多くの観光客でにぎわい、たいへん人気です。 奈良県ならではの国営飛鳥歴史公園では、古代飛鳥の勾玉づくりやキトラ古墳遺跡見学など、この地域ならではの体験ができるので、地元の方々や近隣の方々に親しまれております。

奈良県安堵町

奈良県生駒郡の町。 全国で3番目に小さい町です。 伝統の古美術工芸品としては、ろうそくの灯芯の生産があります。 農家や林業が多い地域ですが、大阪にも近く、古美術骨董品や茶道具をお持ちのお宅も多くあり、綺麗な風景画の屏風古書画の買取をさせて頂いたこともあります。 このような奈良県安堵町は、奈良盆地の北西部に位置しています。 奈良県安堵町には、かつて(富本憲吉記念館)がありました。 (富本憲吉)は、近代陶芸の父にして(人間国宝)の陶芸家で知られていますが、その富本憲吉が生まれたのが奈良県安堵町です。 富本作の色絵の(陶磁器)など収蔵されていましたが、現在は、京都市立芸術大学、大阪市立美術館、兵庫陶芸美術館へ寄贈されました。 このような土地柄、陶芸を愛好される方々や骨董品に興味を持たれる好事家などが多く住まわれている地域です。 古美術骨董品や茶道具の買取では、陶磁器や骨董品のコレクターから買取依頼があり、出張させて頂きました。 その時は、(伝世品)の(斗々屋)茶碗や(正倉院宝物)まではいきませんが、素晴らしい(裂)の数々、また(経筒)や(古佛)もあり、仏手柑が(螺鈿)細工で描かれた(置物)等、珍しい品物の査定や買取もさせて頂きました。 奈良県の安堵町にある歴史民俗資料館は、村の庄屋を務めた今村氏の旧邸宅、今村邸を展示施設として改修し、安堵町の歴史や伝統、民俗資料を展示・伝承する場として、地元の方々に親しまれております。 ローソクの街、奈良県安堵町らしく、町の伝統産業である灯芯引きに関する民俗資料を常設展示により公開するとともに、テーマごとに期間を設けて特別展示を行ったり、また、灯芯引きなどの体験会も開催されます。 国の重要文化財の中家住宅なども残り、江戸時代から代々続く豪農や商家などが今なお残る歴史の息遣いが感じられる土地柄です。 近年では、西名阪自動車道沿道が通り大阪のベッドタウンとして発展してきましたので、若い世代の方々も多く住まわれ、骨董品買取に伺うのが楽しみな地域です。

奈良県斑鳩町

奈良県北西部に位置し、生駒の山に接する地域で、法隆寺や藤ノ木古墳があり、歴史や文化遺産の多くある町です。 古美術骨董品や茶道具の買取や査定依頼も多くあり、青銅器古筆の書かれた古書画の査定や見積もりに出張させて頂くこともあります。 また、この地区には、法隆寺があり、飛鳥・奈良時代の仏像や仏教美術など、貴重な骨董品を拝見しに伺ったことがあります。 このような斑鳩町は奈良盆地の西北部から矢田丘陵の南端に位置しています。 町の南には大和川が流れ、東には富雄川、西には竜田川が流れています。 奈良県の中でも、竜田川は、在原業平の和歌で知られる紅葉の名所です。 北側は生駒市、南側は大和川を隔てて王寺町、河合町、東側は、大和郡山市などに接しています。 斑鳩町の歴史は古く、聖徳太子が飛鳥から斑鳩宮に移ってきたことで、栄えました。 奈良県斑鳩町は、飛鳥時代に聖徳太子の手によって法隆寺が建立されたことなどでよく知られる、古い歴史を持つまちです。 斑鳩は仏教信仰の地として太子信仰の中心地となりました。 奈良県の中でも、聖徳太子が斑鳩宮を営み、当時創建された法隆寺、法起寺、法輪寺、中宮寺は、現在に伝わり、法隆寺と法起寺が世界遺産に登録されています。 当然、(神道美術)や仏教美術も見られ、骨董品の買取では、(象牙)の(筆筒)に(高蒔絵)が描かれ、(螺鈿)細工も施された素晴らしい(逸品)も拝見しました。 (銅器)では、(銅鐸)や(銅鏡)の査定や買取をさせて頂き、茶道具の買取では、(唐物)の(七宝焼)で作られた(茶入)れや手作りの(茶托)の見積りもしました。 法隆寺のすぐ西に広がる西里の集落は、近世初期の日本で最も組織的な力をふるった大工の棟梁、中井正清の育った集落で知られており、奈良県斑鳩町には、この時代ゆかりの多くの古い町並みが今なお残っております。 江戸時代に入ってからは、交通の要所であった法隆寺の門前や大阪街道に接した竜田村は市や宿場町として栄えました。 近年に入ってからは、大阪市のベットタウンとして発展しましたが、今は落ち着いた町の佇まいです。 歴史の古い町らしく、何代も続くお寺関係の大きなお家も多く、思わぬ骨董品に出会える地域です。

奈良県生駒市

奈良県の北西部にあり、生駒山が中心となり、林業に従事させているお宅が多く、木の工芸品古道具の珍しい品物がある地域です。 骨董品や茶道具よりも、煎茶道具古美術工芸品の買取依頼や査定依頼が結構ある地域です。 このようにこの地区は、大阪府と京都府に接しているので、自然環境も良くや交通の利便も良くから両方のベットタウンとして多くの方が住まわれております。 近鉄生駒線のターミナル駅で、また、奈良県唯一の日本で最初につくられたケーブルカーが、生駒駅前の鳥居前駅から聖天さんと呼ばれる宝山寺や生駒山頂とを結んでいて、地元の方々に親しまれております。 このような大阪に近い地域では、古美術骨董品や茶道具に興味を持たれるお宅も多くあり、骨董品や茶道具が眠っている地区です。 骨董品の買取では、紙本で(山水画)が描かれた(双福)の(掛軸)、また大きな作品では、長い(巻物)で(極彩色)に丁寧に描かれた(土佐派)の素晴らしい(逸品)を拝見し、査定や買取をさせて頂きました。 茶道具の買取では、(表千家)や(裏千家)の(一行書)の買取や査定をさせて頂きました。 奈良県の生駒で有名なものといえば、高山茶筌があります。 茶筌は、室町時代から伝えられる技法を用い、茶筌師の巧みな手さばきと長年の勘にたよるもので、奈良県生駒市の伝統的工芸品です。 ほかにも、茶道具、編み針などの竹製品の製造が盛んです。 奈良先端科学技術大学院大学を中心とした研究が盛んで、若い世代の方々も多い新たなまちづくりが進んでいます。 奈良県の中でも生駒市は、まちのシンボル生駒山には、山頂に京阪神一円に電波を発しているテレビアンテナ群や、遊園地があり、一年を通じてたくさんの人でにぎわいます。 また、大阪平野、大和盆地を眼下に見下ろす山頂からの眺望が見事で、夜景も特に美しいことで知られています。 また、市の北部にはバーベキュー、ボート遊びなどが楽しめるくろんど池があり、観光シーズンには家族連れやハイキング客などでにぎわいをみせます。 このように奈良県生駒市は、豊かな自然や歴史、伝統産業といった魅力と最先端の顔を備えた利便性の高い住宅都市です。

奈良県宇陀市

奈良県の北東部に位置する宇陀市は、大和高原と呼ばれる緑豊かなまちです。 北は奈良市、東は三重県名張市などに接しています。 奈良県の東部に位置する宇陀市は、市内の7割が山間部で、大和高原と呼ばれるように、奈良県の中では、標高が高い地域にあります。 気候は、内陸性気候で、冬は季節風の影響を強く受けるため寒さが厳しい一方で、夏は冷涼で過ごしやすいところです。 宇陀の地は、古くから古事記や日本書紀等の歴史書のなかに記載がみられ、神武伝承の舞台としても知られています。 また万葉集では柿本人麻呂の歌等にも詠まれており、古代における王朝との関わりをうかがうことができる、歴史の古い土地柄です。 神道美術があちこちに見られ、昔から伝わる絵馬も残っております。 また、古くは室町時代から、交通の要衝で、伊勢本街道の宿場町として栄え、当時のにぎわいぶりを伝える街並みは、古の旅人の思いを今も伝えています。 このように奈良県宇陀市内には、古の時代から伊勢街道の宿場町として栄えた昔の街並みが、数多く残されています。 中でも、旧旅籠の、あぶらやは、国学者の本居宣長も宿泊したという旅籠で、今なお、地元の皆さんに大切に保管されております。 伊勢表街道三本松の町屋なども残り、歴史の息遣いが感じられます。 奈良県でもこのような地区では、骨董品や(茶道具)も残っておりますが、(讃岐彫)りや(会津塗)の(木製)品が多く、(古道具)や小さな手作りの(根付)や(燭台)、また茶道具の買取では、(急須)や(菓子鉢)、また(湯吞み)の買取もさせて頂きました。 室生寺の仏さまと、地元の方々に親しまれている、女人高野として有名な室生寺は、多くの国宝、重要文化財の仏さまが、美しい堂塔に安置されており、地元の方々に親しまれております。 このほかにも、又兵衛桜、万葉人柿本人麻呂が魅了されたかぎろひ、水の分配を司る水分神社など、奈良県宇陀市には、歴史と自然が暮らしの中に息づいていてるところです。 この地区では、(巻物)にした(保存状態)の良い(極彩色)の(水墨画)も拝見させて頂いたことがあります。 山間部で林業に従事されておられるお宅が多くあります。 また製薬の町として知られており、宇陀市歴史文化館には町の薬にまつわる文化・歴史もあわせて紹介されています。

奈良県王寺町

大阪府の隣で、工業も栄え、商家も結構あり、古美術骨董品や茶道具の買取や査定に伺ったこともあります。 大阪の地元作家の田辺竹雲斎前田竹房斎の竹芸の作品を買い受けたこともあり、煎茶道具や骨董品では茶箱陶磁器を買取させて頂きました。 このような奈良県王寺町は、奈良県の西北部に位置し、町域の中心部にある片岡山の麓を大和川の支流、葛下川が流れています。 奈良県王寺町には新興住宅地が多く、大阪市のベッドタウンとなっていて、奈良県の中でも、大阪市への通勤率がとても多い地域です。 そのため、多くの方々が住まわれており、骨董品に興味を持たれるご家庭も多く、素晴らしい(愛好家)の方にも出会える地域です。 大阪の近くでもあり、古美術骨董品や茶道具も多く持っておられる地区で、買取例の茶道具では、(裏千家)の(書付)がある(飛来一閑)が作られた(食籠)や(黒田正玄)が作られた(茶杓)の買取をさせて頂きました。 骨董品の買取では、(伊万里焼)の(菓子鉢)や(香合)の査定や買取をさせて頂きました。 奈良県王寺町は、金剛・葛城山脈と信貴・生駒山脈との接点にあたり、大和文化の源流として古くから注目されていました。 現在でも、発掘調査が行われている地区もあります。 奈良県王寺町には、聖徳太子にまつわる逸話も多く、歴史あふれる素敵なところです。 聖徳太子とのゆかりの深い土地で、王寺の名は、聖徳太子が建立した放光寺に由来するとされます。 放光寺と同じく、聖徳太子が建立したと云われる達磨寺も奈良県王寺町にはあります。 町のキャッチフレーズは、和「やわらぎ」の鐘が鳴るまち王寺、で、和「やわらぎ」とは、聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条、「以和為貴」の精神を表しており、王寺町内には「やわらぎ」と名の付く施設が至るところにみられます。 奈良県らしい、歴史と文化が息づく土地柄です。

奈良県大淀町

奈良県中部、吉野川右岸にあり、農家や林業で生活しておられます。 古美術骨董品の買取では、煎茶道具や茶道具の見積り依頼があり、出張したことがあります。 吉野川の豊かな水源のおかげで梨のほか柿やお茶などが特産で、梨の季節や吉野川の鮎釣りなどには観光客で賑わいます。 このような奈良県大淀町は、奈良県の中央、紀伊半島のほぼ真ん中に位置し、豊かな緑と清流に恵まれた町です。 吉野川の河岸段丘により形成された南向きの丘陵地帯に住宅や田畑が広がり、大淀町特産の大阿太高原の梨は、とてもおいしく、この地域の特産品で、ジャムなども加工品も豊富で、お近くの大阪や京都の方々にも人気です。 奈良県の中でも大淀町は、江戸時代から続くお茶の産地でもあり、江戸時代より受け継いだ天日干し番茶は地元の方々に広く親しまれておる名品です。 川向こうには世界遺産の、紀伊山地の霊場と参詣道である吉野群山が連なります。 古くから大和盆地と吉野地方を結ぶ交通の要衡として栄え、聖徳太子が創建したとされる、世尊寺や、修験道ゆかりの、柳の渡しがあり、能楽のルーツとかかわりのある、桧垣本猿楽座が活躍した場所でもあります。 このように歴史的にも重要な地区で、農産物の産業も昔からあり、古美術骨董品や茶道具の買取依頼もあり、骨董品の買取では、(唐子)が彫られた(煙管筒)や(象嵌細工)や(彫金細工)が施された(煙管)の査定や買取をさせて頂きました。 茶道具の買取依頼では、煎茶の(茶托)や(茶碗)、また(急須)や(茶合)等が多くありました。 奈良県大淀町の近年では、大阪などへの交通アクセス網の発達により、大規模な住宅地の造成も行われ、自然豊かなベッドタウンで、人口も増え、官公庁も集まっているところです。 便利で豊かな自然や文化と触れ合えるまちとして、発展している地域です。

奈良県香芝市

奈良県王寺町の近くで山間部にあたり、林業や農家のお宅が多く、煎茶道具や古道具が多くある地域です。 煎茶道具では、茶入六古窯丹波焼逸品の買取や、骨董品の銅鐸銅鏡の査定をさせて頂きました。 ところで、奈良県香芝市は奈良県の北西端に位置する町で、西側に大阪府との県境があります。 金剛生駒紀泉国定公園を挟んで大阪府柏原市と羽曳野市、太子町に接しております。 JR線や近鉄線などを使って、大阪市内へは最短22分という至便なところにあるので、県庁所在地の奈良県奈良市までも、およそ25kmの距離と近く、香芝市から通勤や通学する人も多いです。 大阪近郊や奈良市のニュータウンで、近年人口も増え、多くの世代の方が住まわれている地域です。 自動車道や国道も充実していて、交通の便もとても良い、近年活気がある住宅地です。 奈良県のこのような地区では、若い人々も多く、西洋骨董に興味を持たれる方々もおられ、骨董品の買取依頼では、(キャンバス)に描かれた(イコン)の(パステル)画、また(Wedgwood)や(マジョリカ)の(陶磁器)の買取もさせて頂きました。 屯鶴峯や顕宗天皇陵、武烈天皇陵など、奈良県らしい(古墳)の名所や史跡も多く、自然が豊かなところです。 中でも、尼寺廃寺跡史跡公園は、古くから尼寺の集落内では古瓦が表採されることが知られており、北は尼寺北廃寺、南は尼寺南廃寺と呼ばれていました。 このような地区では、(仏教美術)も見られ、(銅鐸)や(銅鏡)の買取もさせて頂きました。 奈良県香芝市二上山博物館では、香芝市の歴史や歩みが学べて、地元の方々に親しまれております。 良福寺の千股池から見た秋の二上山はとても美しく、市のランドマークのような存在です。 ふたかみ市民オペラは、奈良県における唯一のオペラ団体で、奈良県香芝市を挙げての文化活動も盛んで、地元の方々に親しまれております。 かしば香るみそや、地酒などが特産品で、農業に従事されるお宅が多く、お米もおいしいです。

奈良県橿原市

奈良市に次ぐ奈良県第二の都市で、人口も多い地域です。 文化レベルも高く、古美術骨董品や茶道具の買取依頼や、見積り依頼で度々伺ったことがあります。 茶道具では、中国陶磁器白磁香合の買取や、骨董品では柿右衛門濁し手逸品の買取をさせて頂きました。 歴史的には、橿原神宮もあり、その昔、橿原の宮に即位し建国された由来の地名です。 このような橿原市は、奈良県のほぼ中央に位置し、東は桜井市、西は大和高田市などと接しています。 全体的に起伏が少なく、市内の中央部には飛鳥川、西には曽我川が流れています。 また、畝傍山、耳成山、香久山など万葉の時代を偲ばせる大和三山がそびえ、その中央には約1300年前にわが国初の首都であった藤原宮跡があります。 その他、市内には歴史的文化遺産が点在しています。 JRと近鉄が縦横に走り、鉄道や道路も発達し、交通の便も良く、大阪からは30~40分、京都からは約1時間、関西国際空港からは約1時間、名古屋からは約2時間で、年間を通して、多くのビジネスマンや観光客でにぎわいます。 郊外の都市から引っ越しされる方々の、多くの住宅が建設され、ベットタウンとして発展しています。 奈良県橿原市地区では、骨董品や茶道具に興味を持たれる方々も多くおられ、骨董品の買取依頼では、保存状態の良い(香木)や(蒔絵)が素晴らしい(硯箱)を拝見させて頂き、茶道具の買取依頼では、(斗々屋)茶碗や時代を感じる(唐物)の(竹籠)の買取をしました。 古くから、横大路・下ツ道がお伊勢参りや熊野詣の人々などで賑わい、その当時の農村集落や環濠集落跡が今なお残っております。 また、奈良県の中でも橿原市は、一向宗の布教拠点、寺内町として、商業や金融で栄えた地域です。 今なお、(豪農)や何代も続く大きな(商家)などがある地域です。 奈良県橿原市にある、奈良県立橿原考古学研究所は、県立の埋蔵文化財調査研究機関で、主に奈良県内の遺跡発掘調査を手がけ、学史に残る著名な古墳や、飛鳥京跡や東大寺、唐招提寺などの発掘で全国に名を知られています。 橿原市立かしはら万葉ホールは、科学館や図書館を併設しており、地元の方々に親しまれております。 古代日本の都が置かれた橿原市らしく、歴史と文化の歩みが感じられる土地柄です。

奈良県葛城市

この地域は、奈良県橿原市の隣で、大阪府に面した位置にあり、古美術骨董品や茶道具の買取依頼があり伺うことも有りました。 また奈良県のゆったりした地域も近く、茶道具や煎茶道具の買取や見積り依頼もあり、出張させて頂くこともありました。 このように奈良県葛城市は、奈良県の北西部に位置し、北は香芝市、東は大和高田市、南は御所市、西は金剛生駒紀泉国定公園をはさんで大阪府と隣接しています。 葛城山から二上山に延びる山並みと東に広がる沖積地で構成されたまちになっています。 葛城山を越えれば、大阪府で、近鉄南大阪線、近鉄御所線、JR大和路線によって京都・大阪方面と結ばれており、大阪方面から自動車によるアクセスの便も良く、大阪や奈良市のベットタウンとして発展しています。 古美術骨董品や茶道具の買取では、(なみ川七宝)の(七宝焼)が施された(金工作品)や茶道具の(表千家)の(一行書)を買取させて頂きました。 葛城市は古くより、豊かな自然と古代からの歴史と文化の香る、有力豪族の一大拠点として知られた地域だったこともあり、市内には数多くの(古墳)や由緒ある神社があるところです。 国宝・當麻(曼荼羅)をはじめ数多くの国宝や(重要文化財)を伝える當麻寺もあり、このような地区では、(神道美術)や(仏教美術)も見られます。 奈良県の中でも、我が国最古の官道である竹内街道、相撲発祥の地であることなど、名所・旧跡は多く、年間と通して多くの観光客が訪れます。 特に国の史跡に指定されている新庄二塚古墳は、内部に3つの異なる形式の横穴式石室を有することで有名です。 この地区の農村で(土師器)や(土器)、また昔の(銅器)類の査定や買取もさせて頂きました。 気候は奈良盆地に位置することから、冬は霜が降りるほどに冷え込み、夏は湿度が高いところです 古い時代には布施氏が支配した土地で、江戸時代には桑山氏が屋敷山に城を築いた歴史があります。 葛城市には、葛城市歴史博物館があり、奈良県葛城市の歴史を今に伝えております。 このような土地柄、古い時代のお屋敷や豪農のお宅が残る地域で、骨董品に興味を持たれる方もおられ、愛好家の方に出会えるところです。 葛城市相撲館 けはや座は、奈良県葛城市ならではの博物館で、相撲に関する資料が約12,000点もあり、館内には本場所で使われるのと同じ土俵がつくられており、すぐ近くに相撲の開祖である当麻蹴速の塚もあり、地元の方々に親しまれております。

奈良県河合町

古墳遺跡の出土が多くある地域で、文化レベルも高く、古美術骨董品や茶道具の買取依頼や、見積り依頼でしばしば伺うことも有ります。 山水画を得意とする庄田鶴友の貴重な日本画をお持ちのお宅に伺いました。 このような河合町は奈良盆地の西部、なだらかに起伏する馬見丘陵の北東部に位置する町です。 自動車道やJR線、近鉄線が走り、大阪、名古屋方面を結ぶ交通の要所で、交通の便も良く、大阪や奈良市など大都市へアクセスしやすい住宅都市として発展しています。 奈良県河合町の歴史は古く、約15000年前の旧石器時代に人々の生活の痕跡が見られ、続く縄文時代以降、各時代の遺跡が残されています。 江戸時代のころは大和川の水運の発達とともに栄えた地域です。 古墳地帯では、昔の(銅器)で(銅鐸)や(銅鏡)、また(土師器)や(土器)の査定や買取をさせて頂き、大和川の水運の交流の通過点では、(永楽善五郎)の(交趾)焼の陶芸作品や(中国陶磁器)の(青磁)の花入れの見積もりをさせて頂きました。 明治時代以降は、果樹栽培が盛んになり、奈良県の中でも最も進んだ農業が営まれたところで、大正時代には開拓事業も進み、大規模なぶどう園づくりが行われ、ブドウはこの地域の特産品になりました。 農業が盛んな、奈良県河合町ならではのお祭りも続いており、廣瀬神社では毎年冬になると砂かけ祭りが行われ、五穀豊穣を祈り砂を掛け合う大和の奇祭として有名です。 河合町内には奈良公園に次ぐ広さを誇る馬見丘陵公園が広がっており、季節によって色とりどりの花が咲き乱れます。 特産品としては、イチゴやブドウなどの果実が有名で、それらを使用したスイーツもカフェなどで販売されています。 奈良県の中でも、果樹栽培や農家の多いこの地区では、茶道具や骨董品の買取では、煎茶道具や古道具が多く、手作りの(茶托)や(急須)、また(行灯)や(木地)のまま湯吞みとして使われていた(木味)の良い作品も拝見させて頂きました。 馬見丘陵公園は、奈良県河合町に広がる馬見丘陵内にある都市公園で、園内には多数の古墳があり、菖蒲園や睡蓮池など四季折々の花が楽しめる施設もあります。 週末には、大芝生広場や木製遊具、砂場などで、ご家族連れの地元の方々が楽しんでおられるのどかなところです。 歴史遺産を保存し、豊かな自然環境と調和のとれた地域で、出張買取に伺うのが楽しみな地域です。

奈良県黒滝村

ユネスコの世界遺産の金峯神社が近くにある吉野山最奥部のあたりで、この地区は林業で生活されているお宅が殆どです。 民芸品や古道具が殆どで、二回ほど買取依頼で出張させて頂きましたが、行灯伊万里焼の食器を多く買取させて頂きました。 奈良県の中でも、吉野山最奥部で空気も綺麗で、星空が素晴らしく、キャンプ場もあり、都会の人々の憧れの地域です。 黒滝村は、奈良県のほぼ中央部に位置し、奈良のへそと呼ばれており、村の9割が林野を占めている森と源流の村で、知られる地域です。 豊かな自然と森林資源に恵まれ、林業は古くから村民の暮らしを支え、林業に従事されているお宅が多いところです。 本村で産出される杉や桧は良質な、吉野材として古くから全国にその名を知られてきました。 北は桜の名所である吉野山、東は大台山系が連なる川上村、西は下市町及びに五條市、南は大峰山系のふもと天川村に境を接している渓谷型山村です。 この地区からの買取依頼では、(煎茶道具)が殆どで、(木味)の良い手作りの(茶托)や(茶箱)、また昔から使われている(急須)や(煎茶盆)に楽しい(珍品)があり、買取させて頂いたこともあります。 奈良県黒滝村の北は百貝岳、東は世界遺産の吉野大峰奥駆道が通る四寸岩山、大天井岳、など南側も山波が連なっています。 大天井岳に源を発した黒滝川が本村の中央部を流れ、四寸岩山より流れでた脇川と合流して西に流れ、さらに笠木川と合流して紀の川に注いでいます。 奈良県の中でも、大自然に恵まれた森を林や、リフレッシュ施設への憩いを求め、都心部からも年間を通して多くの観光客が訪れる地域です。 吉野山の南に位置する黒滝村は、修験道との関わりが深く、大峯山修験道の開祖とされる役行者が、国家安泰の祈願道場として開山した歴史が残ります。 奈良県黒滝村にある鳳閣寺は修験の拠点となりました。 河分神社は、奈良県黒滝村にある歴史の古い神社で、古い(絵馬)も残り、地元の方々に大切にされ、親しまれております。 江戸時代に入り、林業の隆盛で江戸幕府の直轄地となったこの地方には、さすが、林業の村ならではの、(木工)製品に古道具や(根付)などが多く残り、面白い(古美術工芸品)に出会える地域でもあり、また(神道美術)や(仏教美術)も見られ、骨董品の買取の見積もりや査定でお電話を頂けるのが楽しみな地域です。

奈良県五條市

奈良県でも南部地域になり、山間部も多くあります。五條市の中心近くでは、昔からの商家もあり、古美術骨董品や茶道具の買取では仏像や煎茶道具をお譲り頂きました。 古代から近世の史跡などが市内に多くみられ、旧紀州街道の五條新町などは江戸時代の雰囲気が今なお漂う土地柄です。 このような奈良県五條市は、紀伊半島のほぼ中央部、奈良県の南西部に位置しています。 五條市の中心部を吉野川が流れており、金剛山や吉野連山に囲まれた緑豊かなところです。 また、五條市には、金剛生駒紀泉国定公園、吉野熊野国立公園や、熊野川など、自然の多いところで、風光明媚な土地柄です。 古代や南北朝からの史跡や、多くの人や文化が往来した街道や河川など歴史あるところで、観光業が古くから盛んでした。 そのような、奈良県五條市の土地柄、古くから続く観光業の商家や、新町通り界隈には、江戸時代の景観を残す街なみが残っています。 このような昔からの街道筋には、古美術骨董品や(茶道具)も多く残り、骨董品の買取では、何故か(能面)や(おかめ)の面、また(古代人形)や(唐子)の絵が描かれた(香炉)を拝見し、買取させて頂きました。 茶道具では、(裏千家)の(宗匠)の(一行書)や(千家十色)の(中村宗哲)が作られた(棗)等の査定をさせて頂きました。 人口の密集する平野部では、JRが通っており、自動車道も発達していて、大阪や京都方面、和歌山県との交通のアクセスも良く、多くの方々が住まわれている地域です。 また、奈良県五條市には、山林も多いのが特徴的で、奈良県五條市内には木材加工や医薬品、プラスチックの工場などがあります。 広大な山林を背景とした林業や、奈良県五條市ならではの、特色ある地場産業がバラエティに富んでおり、経済的にもゆとりのあるご家庭も多い地域です。 商業の発達したこの地域では、茶道が盛んで、骨董品の買取や茶道具の買取では、(伊万里焼)の(数物)の(陶磁器)や(唐物)の(青磁)の(花入れ)の買取もさせて頂きました。 また、五條市には、広大なカキの果樹園が広がり、全国有数の柿の産地です。 賀名生梅林は、季節には白や紅の梅花が見事に広がり、地元の方々や近隣の方々にたいへん人気でにぎわいます。 吉野川を眼下に望む榮山寺は、かつて藤原南家の菩提寺として栄えました。 日本三名鐘の梵鐘は、国宝です。 奈良県五條市は、紀伊山地の霊場と参詣道ユネスコの(世界遺産)に登録されました。 奈良県五條市は、このように、歴史と自然豊かな土地柄、伺うのが楽しみな地域です。

奈良県御所市

この地域は奈良県の中部に位置する市で、社寺仏閣が多くあり、仏教美術神道美術が残っております。 林業や果樹園を営むお宅が多くありますが、江戸時代の景観を残す街並みや商家も残っており、骨董品や茶道具をお持ちのお宅も多く有ります。 普段使いの道具や民芸品、また煎茶道具を査定や見積りに伺ったことがあります。 この地区は、奈良県内に広がる大和平野の西南部に位置する奈良県御所市は、大阪都心部から約30キロ圏にある地方都市です。 JR線や近鉄線、自動車道など、交通の便も良く、奈良市や大阪へも近く、近年、ベットタウンとして発展しているところです。 奈良県の中でもこのような地区では、大阪からも近く、古美術骨董品や茶道具に興味を持たれる方も多く、骨董品や茶道具の買取依頼もあり、骨董品では、(珍品)の(仏手柑)が彫られた(べっ甲)で出来た(文箱)、また茶道具の(江戸千家)の(宗匠)の(一行書)等の査定や買取をさせて頂きました。 大和葛城山や金剛山などがあり、特に平地では稲作が盛んで、美しい田園風景が広がります。 御所市周辺エリアは、奈良県ならではの古来より有力な豪族の本拠地であったことから、市内には数多くの名所旧跡が存在します。 例えば約700基もの古墳が築かれた、日本国内最大級の巨勢山古墳群をはじめ、高鴨神社などがあり、歴史の息遣いが感じられます。 そのような古墳から出土した(土師器)や(土器)、また(銅器)の(銅鏡)や傷んでましたが(銅鐸)も拝見させて頂きました。 奈良県の中でも、江戸時代の暮らしが分かる中井家住宅など、旧家や豪商跡、伝統的な建物がたくさん並ぶ風情ある町並みも残っている地域です。 歴史の古い地元のお祭りも残っており、鴨都波神社の、ススキ提灯献灯行事は、地元の方々に愛され、大切にされております。 夏と秋の大祭には、御所まちから十張の提灯を三段に組み上げた、ススキ提灯が奉納され、夕闇の中、ゆらめきながら町なかを進む様子は、たいへん幻想的な風情です。 このような歴史や文化が残る地域では、(金工作品)の彫金細工や(象嵌細工)が素晴らしい(刀装具)の鍔の査定や買取をさせて頂きました。 高鴨神社は、シーズンになると500種以上の日本サクラソウが咲くことで有名で、地元の方々に大切にされて、親しまれております。

奈良県桜井市

縄文時代や弥生時代の土器などが一般の畑などでも出土するほどに歴史の深さを窺わせる地域です。 弥生時代や古墳時代の前方後円墳なども数多く、古佛仏教美術など貴重な骨董品の査定や見積もりをさせて頂きました。 近くには長谷寺をはじめ、有名なお寺もあり多くの観光のお客様の行かれる地域です。 そのような奈良県桜井市は、奈良盆地の中央付近に位置している都市です。 奈良県の県庁所在地である奈良市までは20km圏内、大阪市までも40km圏内と、非常に交通アクセスに恵まれた場所にあります。 奈良盆地のある市街地は、奈良市や大阪のベットタウンとして発展していて、気候も暖かなところで、多くの方々が生活されておられます。 この地区には若者が多く住まわれ、西洋骨董の(アール・ヌーボー)や(アール・デコ)の(置物)や(マジョリカ)の(陶芸)品、また(ステンドグラス)の買取をさせて頂きました。 大和高原の丘陵地や山岳地は気温が低く降雨量が多いのが特徴で、夏の暑さ、冬の寒さは厳しく感じられます。 奈良県の中でも、貝ケ平山、藺生峠、竜王山、三輪、巻向、初瀬など、桜井市には多くの山々が連峰し、山間部が多い地域です。 非常に歴史深い土地としても有名であり、日本最古の神社である、大神神社や古代の大王たちが眠っている古墳が点々としている、山の辺の道などは観光スポットとしても人気があります。 日本で最も古い神社の一つともいわれる三輪の大神 神社、初瀬の長谷寺、多武峰の談山神社、等弥神社などの、歴史も古く由緒ある社寺も数多く見られる地域です。 奈良県らしく門前町の姿が色濃く残っているところで、レトロな街並みが魅力的で外国人の観光客のお客様にも人気があります。 このような地区では、(神道美術)や仏教美術が多くあり、古美術骨董品や(茶道具)の買取では、昔の(絵馬)や(檀家)のお宅では、(極彩色)の(曼荼羅)が双福の(掛軸)になり、これらの品物も査定や買取をさせて頂きました。 また、桜井公園は、かつては土舞台と呼ばれ、日本芸能発祥の地と言われ、万葉のあけぼのの地、などと呼ばれ地元の方々に大切にされています。 さらには、日本らしいスポーツと言えば、お相撲がありますが、奈良県桜井市相撲発祥の地としても知られている地域です。

奈良県三郷町

奈良県の西部に位置する三郷町は、竜田の紅葉で知られる町で、古くから林業が盛んな地域です。 普段使いの道具や民芸品なども古いものが多く残り、煎茶道具の査定や見積りに伺うことがあります。 このような地区で、金剛生駒紀泉国定公園などがあり、信貴山を中心に四季おりおりの自然があふれる土地で、大阪との交通の便もよく、美しい自然環境に恵まれた地域です。 信貴山の東の中腹にある、信貴山朝護孫子寺は古くから、信貴の毘沙門天と呼ばれ、この地域の信仰の中心地でした。 奈良県三郷町は、その門前町の一部で、栄えた地域で、歴史の古い旅館街が軒を連ねています。 万葉の昔から歌に詠まれた竜田川がこのあたりの大和川といわれていて、三室山とともに数多くの古歌が残されています。 この地域では、古美術骨董品や(茶道具)も多く眠っており、買取依頼もよくあります。 骨董品の買取では、(六古窯)の(瀬戸焼)や(備前焼)の壺や(茶碗)の見積もりや買取をさせて頂き、茶道具の買取では、古い代の(裏千家)の宗匠の(書付)がある(茶箱)や(水指し)の買取をさせて頂きました。 このほか、崇神天皇の創建で古い由緒をもつ龍田大社、観音寺の地蔵菩薩立像、薬隆寺八幡神社、秋留八幡神社、春日神社の一針薬師笠石佛、聖徳太子の休憩の場であったと伝えられる平隆寺など、貴重な文化財を持つ古社寺が奈良県三郷町内に数多くあります。 中でも、龍田大社は、風の神、風神として古くから信仰を集めた神社で、紅葉の名所としても有名で、季節には多くの観光客でにぎわいます。 奈良県三郷町のような地区では、(神道美術)や(仏教美術)も多くあり、(絵馬)や(古佛)も拝見させて頂いたこともあります。 摂社龍田比古龍田比売神社の祭神である龍田姫は秋の女神とされ、古来より多くの歌に詠まれてきたとして、地元の方々に大切にされ、親しまれております。 奈良県三郷町は、古くから草履の産地で、江戸時代には、わら草履製造を家業とするお宅が多くあった地域で、現在も全国的に知られたこの地域の地場産業です。 今でも、何代も続くお店が多くある地域です。 この地区のような(商家)では、煎茶道具の(如意)や(煎茶盆)の買取もさせて頂きました。 大阪、奈良が一望に見渡せる信貴・生駒スカイラインや、やわらかな山なみと美しい自然の中に溶けあったとっくり湖や、季節ごとの伝統行事なども多くある、歴史の息遣いが感じられる地域です。

奈良県曽爾村

奈良県の中でも、山地が村の大半を占める土地柄で、奈良県の東北端に位し、古くから漆塗りが栄えた地域です。 北は三重県名張市、東は三重県津市、また、奈良県御杖村、宇陀市などに接しています。 西側屏風岩、兜岳、鎧岳など、一連の大岩壁があり、山々に囲まれた美しい火山地形からなっている、谷間盆地で、風光明媚な土地柄です。 岩肌もあらわな兜岩、鎧だけ、屏風岩など、珍しい柱状節理の絶景は国の天然記念物に指定されております。 また、自然豊かな奈良県曽爾村は、初夏には蛍を見ることができる蛍公園などがあり、季節ごとに多くの観光客が訪れるところです。 秋には、ススキの穂が草原一帯に銀色に光り、とてもきれいで、地元の方々や近隣の方々の憩いの場所で、四季折々の日本の原風景がみられる、自然豊かなところです。 古美術骨董品や(茶道具)よりも(煎茶道具)や古道具が多くある地区で、骨董品や茶道具の買取例では、(行灯)や(燭台)、また(煙管筒)や(煙管)、手作りの(木味)の良い(木製)の(硯箱)や(茶托)の買取をさせて頂きました。 曽爾の獅子舞は、歴史の古いこの地方の伝統芸能です。 290年以上受け継がれている、伊勢伝来の曽爾の獅子舞で、今の獅子舞いの元と言われており、門僕神社の秋祭りなどでは、(古代人形)も保存され、地元の方々で盛り上がり、大切に継承されています。 夏は冷涼で、冬は非常に寒い気候ですが、農家の方も多く、(豪農)のお宅もあります。 曽爾高原ファームガーデンは、奈良県曽爾村らしく、すすきの館と呼ばれ親しまれており、地元の方々の憩いの場所です。 サン・ビレッジ曽爾などの、美しい自然に囲まれた緑あふれるキャンプ場も多く、ハイキングコースも充実しており、都会から憩いを求めて訪れる方々に人気な土地柄です。

奈良県田原本町

奈良市や天理市にも近く、弥生時代の代表的遺跡である唐古・鍵遺跡「国の史跡」を有する文化レベルも高い地域です。 昔からの商家もあり、古美術骨董品や茶道具の買取では仏像や煎茶道具をお譲り頂きました。 このような奈良県の田原本町は、奈良盆地の中央に位置し、町の東部を大和川、中央部を寺川、西部を飛鳥川、曽我川がそれぞれ北流し、これらの河川にはさまれた平坦地として形成されており、豊かな田園都市です。 奈良県の中でも、歴史の国、大和の国の中でもっとも早くから拓けたところで、また、江戸時代には、交代寄合の平野氏の陣屋町として栄え、大和の大坂といわれるほど商業が盛んとなり、水陸交通の要衝の地として栄えた地域です。 このような所で、奈良県田原本町では、元(豪商)や(商家)の跡も残り、当時の古美術骨董品や(茶道具)も残っており、骨董品や茶道具の買取依頼では、(象牙)の(筆筒)で(蒔絵)や(螺鈿細工)が施された素晴らしい(逸品)も買取させて頂きました。 茶道具では、煎茶道具が多く、(涼炉)や(茶托)、また(見込み)が(染付)で丁寧に描かれた(茶碗)の買取もさせて頂きました。 奈良県田原本町には、弥生時代の大遺跡、唐古・鍵遺跡のみならず、奈良県らしく、鏡作神社や多神社など著名な延喜式内社などがあります。 (唐古・鍵考古学ミュージアム)は、奈良県田原本町ならではの博物館で、楼閣を描いた絵画土器や、勾玉を入れた褐鉄鉱容器、大型建物跡など、弥生文化を学べると、地元の方々に親しまれております。

奈良県天理市

中心部に近くなり、古美術骨董品や茶道具もお持ちの旧家が多く、買取依頼もよくあります。 日本の陶芸家で人間国宝の富本憲吉の大飾皿や、色絵が見事な蓋付飾壺などを高価にお買取りさせて頂きました。 このように奈良県の中でも近鉄やJRの沿線であり、住宅地として開発が行われ、大阪へのベッドタウンとして、新興住宅地が現在も拡大し続けており、多くの方々が住まわれている地区です。 奈良県天理市は、古くから文化が開けていた地域の一つです。 平安時代の歌人の在原業平は、奈良県天理市出身とされております。 江戸時代から、(宿場町)や城下町として発展しておりました。 未だに元(武家屋敷)の跡も残り、古美術骨董品や茶道具も多く眠っております。 骨董品や茶道具の買取では、(古書画)や(土佐派)の(掛軸)で素晴らしい(美人画)の(双福)を買取りました。 茶道具では、(古渡り)の(茶箱)や(竹籠)、また(銅器)で出来た茶入れも買取りました。 また、古くから豊かな農村として栄えた地域で、現在でもその名残で(豪農)や(商家)が残っています。 奈良県天理市は、奈良盆地にあり、古事記や日本書紀の舞台となった奈良盆地は日本文化発祥の地です。 奈良県天理市には、奈良県ならではの、日本最古の道、山の辺の道、をはじめ数々の文化財や史跡が散在し、多くの観光客でにぎわいます。 奈良県天理市ならではの、天理大学附属天理図書館などもあり、この地域の国宝や重要文化財が収蔵されています。 天理市観光物産センターには、天理を中心とした奈良県の地域産品を展示販売していて、奈良県の特産品を求めて、地元の方々や近隣の方々が集まり、憩いの場所となっております。 豊かな農業地帯でもある奈良県天理市ならではで、特にいちごの栽培が盛んで、特産品です。

奈良県十津川村

奈良県の最南端に位置する日本一大きな村で、林業、農業、鮎など川魚の養殖に従事するお宅が多いです。 歴史も古く、普段使いの茶道具や煎茶道具をお譲り頂くことや刀剣や鎧兜の見積り依頼を受けたことがあります。 そんな、奈良県十津川村は、奈良県の最南端に位置する紀伊半島のほぼ真ん中にある村です。 西は和歌山県、東は三重県に接した自然に恵まれた村です。 十津川村の9割が山林となっており、村の中心を北から南に十津川が流れます。 林業や農業に従事されているお宅が多い地域です。 このような奈良県十津川村の土地柄、珍しい(木工)製品の(古美術工芸品)や、(伝統工芸品)、また古道具などに出会える地域です。 紀伊山地は険しい地形のため、昔はほとんど独立村落共同体のような地域で、そのため日本の三大秘境の一つと言われており、都心部から、自然と、憩いを求めて、季節には観光客でにぎわいます。 奈良県の中でも、史跡や名勝も多くあり、十津川温泉や温泉地温泉、上湯温泉の3箇所からなる十津川温泉郷は特に人気です。 古くからの温泉地とあり、何代も続く大きな旅館や、古い(商家)なども多く残っている地域です。 骨董品や茶道具の買取では、さきに述べた、(甲冑)や(刀装具)の(鍔)や(小柄)も査定させて頂き、旅館では(山水画)が描かれた(屏風)や、茶道具では、(六古窯)の(信楽焼)や(常滑焼)の茶碗や(花入)れ、また大きな(壺)も査定や買取をさせて頂きました。 十津川にはおよそ60箇所につり橋が架かっておりますが、その中でも特に、谷瀬の吊り橋は、長さが日本一のつり橋で知られており、若い方々も多く訪れます。 鮎など川魚の養殖が盛んで、この地域の特産物は鮎の加工品や山菜などがあります。 大峯奥駈道に残る、玉置神社は、ユネスコの世界遺産、紀伊山地の霊場と参詣道の一部で、社務所および台所、梵鐘は国の重要文化財です。 奈良県十津川村は、大自然に恵まれた、歴史の古い土地柄です。

奈良県奈良市

奈良県の中心で、非常に文化レベルも高く、洋画家で有名な奈良県奈良市生まれの絹谷幸二の有名作家を買取させて頂くこともありました。 古美術骨董品や茶道具の買取依頼も多く、数多くの煎茶道具や骨董品をお買取りさせて頂きました。 奈良県の北部一帯を占める大きな市で、奈良盆地の北端にも当たり、東側は大和高原の一部で、佐保川、富雄川、大和川、木津川など、奈良県の川が流れています。 県庁所在地であるため、県や国の機関、金融機関や大企業の支店が集積していて活気があります。 奈良教育大学や近畿大学農学部など、大学や教育機関も多く、奈良県立図書情報館や、(奈良県立美術館)、奈良市史料保存館など、大きな美術館や博物館も多くあります。 現在では大阪のベッドタウンとなっており、市の中心部や大阪市、東大阪市などへの通勤や通学者が多く、多くの世代の方々が住まわれています。 このように奈良県の県庁所在地でもあり、古美術骨董品や茶道具も多く眠っております。 買取例では、(銅器)で出来た(糸印)や(鋳物)で出来た(鉄瓶)等、また(香盆)や(香炉)の買取や貴重な(逸品)で、(古渡り)の(裂)や(金工品)の査定や買取をさせて頂きました。 茶道具の買取例では、(銀瓶)や(茶合)、また(御本)茶碗の査定もさせて頂きました。 奈良公園の鹿や、唐招提寺金堂、平城宮朱雀門、若草山の山焼きなど、観光資源も豊富で、全国的に知られる、歴史の古い名所史跡が多くあります。 古都奈良の中心地であった奈良市は、京都とともに大規模な空襲を受けなかったため、多くの文化遺産が残され、東大寺、春日大社、奈良公園、興福寺、薬師寺など、(神道美術)や(仏教美術)も奈良県ならでは多くあり、年間を通して、修学旅行生はじめ、海外からも多くの観光客でにぎわいます。 このように奈良県の県庁所在地でもある、奈良県奈良市は、奈良時代に平城京が置かれた古都であり、天平文化が花開いた地として知られています。 国際観光文化都市として、大阪の衛星都市として、豊富な特色がある地域です。

奈良県三宅町

天理市にほど近く、文化レベルも高い地域です。 多くの史跡を持ち、古い仏像や瓦などを高価にお買取りさせて頂きました。 人間国宝の富本憲吉の古美術骨董品などをお持ちのお宅があり、見積り依頼に伺ったことがあります。 奈良県三宅町は、奈良県内で最も狭い市町村であり、全国でも2番目に小さい町ですが、奈良県らしく、歴史的遺跡では瓢箪山(古墳)や、伴堂出屋敷の迷路、太子道、伴堂杵築神社、古い時代の遺跡や名所があります。 奈良県では、古い都でどこに行っても(神道美術)や(仏教美術)が見られ、骨董品や(茶道具)が多くあります。 この地区の買取例では、(絵馬)や(経筒)、また(古佛)や銅器の(銅鏡)を買取させて頂きました。 茶道具の買取では、(煎茶道具)が多く、(灰匙)や(鉄瓶)の買取もさせて頂きました。 古くからスポーツ用品、特に野球用グローブやスパイクシューズなど、皮産業が盛んで、現在も多くの工場や業者があります。 奈良県ならではの繊維系の工場も多く、特に靴下の生産が盛んです。 三宅町は、霊峰金剛、葛城の山並みを望み、飛鳥川、曽我川、寺川の肥沃な流域にひらけた、緑豊かな自然環境に恵まれた地域です。 万葉集の相聞歌の中にも、三宅の原、三宅道と詠われているように万葉の時代からその名を知られ歴史のいきづく町です。 聖徳太子の腰掛石で有名な白山神社や、(屏風)杵築神社など歴史の古い神社仏閣も多いです。 唐古・鍵遺跡は、奈良県田原本町の弥生時代の遺跡で、青銅器鋳造炉など工房の跡地が発見され、話題となりました。 (銅鐸)の主要な製造地でもあったと見られています。 また、真言律宗の忍性の出身の地で、これに由来した全国折り鶴選手権大会も行われるなど、奈良県らしい歴史が流れています。

奈良県大和郡山市

奈良県北部に位置する市で、重要文化財や史跡も多く文化レベルも高く、古美術骨董品や茶道具の買取で何度も訪れました。 陶磁器の伝世品六古窯の名品を査定させて頂くことも有り、またお茶道具や煎茶道具の素晴らしい逸品に出会うことも有り、買取依頼が待ち遠しい地域です。 道具や骨董品の整理の際には、古美術やかたに是非ご相談下さいませ。 このような奈良県大和郡山市は奈良盆地北部に位置し、佐保川や富雄川が流れる地域で、奈良県大和郡山市内には池が数多く見られます。 これはため池や金魚の養殖池として用いられていたもので、奈良県大和郡山市は、金魚のまちとしても知られております。 江戸時代のころより武士の副業として始められた金魚の養殖が大変に盛んであったところで、金魚は、当時はもっぱら貴族、(豪商)や(豪農)の富豪達に愛玩物として飼われておりました。 庶民の間で流行したのは、明治に入ってからで、昭和になると、国内はもとより欧米諸国や、東南アジアなど海外にも輸出もされるようになりました。 この地方の地場産業として、長く栄えた地区で、金魚で財をなした(商家)もあり、古美術骨董品や(茶道具)も結構残っております。 骨董品の買取例では、(甲冑)や(掛軸)の(住吉派)の双福で(水墨画)が描かれた掛軸を買取りました。 茶道具では、煎茶道具が多く、(茶碗)や(急須)、また(煎茶盆)や(茶托)の買取もさせて頂きました。 近年は、奈良県大和郡山市ならではの金魚品評会が毎年桜花満開の頃に、金魚にゆかりの深い柳澤神社で行われ、地元の方々はもちろん、近郊の愛好家にも好評を博していて、にぎわいます。 現在は西名阪自動車道を使って、大都市へのアクセスも良く、多くのメーカーの工場があり、工業団地として発展しております。 日本を代表する電気機器メーカーや食品メーカーの工場など多くの工場があり、従事されるお宅が多い地域です。

奈良県大和高田市

奈良県の中央部分に位置して、商業や伝統産業が盛んで、骨董品や茶道具の見積りや買取で出張買取させて頂く事がよくあります。 地元作家の庄田鶴友の査定や買取例があります。 この地区は、奈良県の北西、大和盆地の南西に位置します。 世界遺産の法隆寺や、葛城市などに近く、鉄道を使えば、大阪都市圏へも近く、ベットタウンとしての一面もあります。 かつては、紡績工場が設置されたことで繊維産業の中心地となった歴史があります。 地場産業として栄えていた時代には、繊維や靴下などの工業が発達し、当時の(商家)などが今なおのこる地域です。 骨董品や(茶道具)も結構眠っており、買取依頼で出張させて頂く事もよくあります。 骨董品や茶道具の買取例では、素晴らしい(逸品)で(甲冑)に(銀蝋)で彫金細工や(金工細工)をされ、その上に(象嵌細工)をされた(金工作品)を拝見させて頂きました。 茶道具では、(裏千家)の(宗匠)の(一行書)を買取させて頂きました。 奈良県大和高田市は、葛城山麓の扇状地や二上山麓から流れた扇状地などがあり、ほぼ平たんな地形で、奈良県大和高田市内を奈良県の葛城川と高田川が流れております。 高田川畔の千本桜は、奈良県大和高田市の名所で年輪を重ねた見事な桜並木を見ることができ、季節には、見事な花が続きます。 夕暮れときには、ライトアップされた夜桜を見物する多くの方々でにぎわいます。 大中春日神社など、歴史の古い神社仏閣も多く、特に大中春日神社は、吉野に逃れる源義経一行が休んだという伝承のある石があり、この地域には義経ゆかりの伝承も残っています。 時代装束で、天神社から長谷本寺まで神輿のお渡りをする、天神社お渡りは、数百年間続いているこの地方のお祭りで、秋の、おかげ祭りなどと共に、地元の方々に愛され大切にされているお祭りです。 このように、奈良県大和高田市は、古くは5世紀の(古墳)や(遺跡)、四季大祭など季節ごとの地元のお祭りも多く、歴史の息遣いが感じられる土地柄です。

その他奈良県の地域

吉野町や天川村、北山村等々ありますが、自然が素晴らしい山間部もあり、また歴史のある奈良県には思わぬ骨董品や茶道具に出あうことも有ります。 昔の職人技の素晴らしい名品逸品の買取を楽しみにしており、奈良県のお客様骨董品や茶道具の整理の際には古美術やかたに相談くださいませ。 奈良県は、近畿地方、紀伊半島の中央部に位置する県です。 JR線で京都方面と、近鉄奈良線で大阪方面と、近隣の大都市ともアクセスが良く、ベッドタウンとしても発展しています。 奈良時代には平城京が置かれたことでもよく知られていて、東大寺や薬師寺、ウワナベ古墳といった名だたる史跡が多数あり年間を通して多くの観光客が訪れる地域です。 昔から奈良県には、都やお寺が多くあり、(神道美術)や(仏教美術)も数多く見られ、(古佛)や銅器の(銅鏡)の買取も多くある地区です。 古墳も多く、(土師器)や(土器)の査定や買取もよくあり、茶道具の買取では、煎茶道具で昔の(急須)や(木味)の良い(茶托)や(煎茶盆)の買取がよくあります。 熊野古道に代表されるように歴史深い地域で、緑が豊富なエリアでもあります。 農業も盛んで、小ギクや柿、ウメやお茶、イチゴなどの産地としても有名です。 歴史ある(古美術工芸品)なども多くある地域です。 奈良県下市町は、奈良県のほぼ中央に位置し、吉野川が流れる緑に囲まれた歴史多き町で、吉野杉など古くから林業が盛んな地域です。 古美術骨董品や茶道具の買取依頼で伺うことも有りますが、煎茶道具や(古道具)が多く有り、日常の生活道具が殆どでした。 奈良の都の近くで、次回伺う時には貴重な品物を拝見させて頂くことを楽しみにしております。 奈良県川西町は、奈良県天理市の近くで、古墳があり、農業のお宅が多くある地域です。 古美術骨董品の買取では、普段使いの茶道具や(煎茶道具)をお譲り頂くことや見積りさせて頂くことがありました。 奈良県立橿原考古学研究所もあり、飛鳥京跡など歴史に残る発掘で全国的にも有名で、歴史に造詣が深い土地柄です。 奈良県上牧町は、奈良県北西部にあり、(銅鐸)で有名な土地です。 農業のお宅が多く奈良県川西町と同じで、普段使いの道具や民芸品また、煎茶道具を査定や見積りに伺うことがあります。 平家物語にゆかりのある浄安寺や神の牧温泉などもあり、四季折々の彩りも豊かでぶどうなどが特産品です。 このように、奈良県には多くの骨董品や茶道具が眠っている地域です。 売却の際の際には、是非、古美術やかたにご相談ください。

買取した品物のご紹介

「立雛」の掛軸を東京のお客様より、買取させて頂きました。 2018.08.16
茶道具買取

販売価格 15,000円
写真20枚掲載、ご覧下さい。
平成30年8月16日

東京のお客様より、買取依頼を頂き、東京都世田谷区まで出張させて頂き、数本の掛軸を買取させて頂きました。
絵画の買取依頼はよくありますが、保存状態が大切で、シミや傷みがあると、絵画の修復は費用がかかり、お買取り価格に大きく左右されます。
この作品は、買取依頼の絵画の中でも、保存状態が良く、買取させて頂きました。
日本を代表する立雛の作品で、早速紹介させて頂きました。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

金工作品の純銀の五具足を骨董品買取で、和歌山県まで出張させて頂きました。 2018.08.15
茶道具買取

販売価格 3,000,000円
写真123枚掲載、ご覧下さい。
平成30年8月15日

和歌山県は第二京阪道路も出来、出張買取依頼もよくあり、1時間程で和歌山県まで行けます。
骨董品買取では、仏具もよくありますが、このような高価な金工作品は滅多にありません。
純銀製で蓮のデザインで、純銀の地模様や細密な彫金細工は、現在では再現できない技術だと思われます。
このように明治時代前後の金工作品で、高価で買取させて頂きました。
このように昔の職人技が冴える骨董品の金工作品は、人気があり、高価で買取させて頂けます。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

骨董品買取で、茶道具の金工作品の亀の香合を奈良県のお客様より買取りました。 2018.08.14
茶道具買取

販売価格 300,000円
写真32枚掲載、ご覧下さい。
平成30年8月14日

最近、アジアのお客様に金工作品が人気で、この金工作品は茶道具で、その中でも煎茶道具にも使えます。
アジアのお客様は烏龍茶があるように、日本の煎茶道具と同じ茶道具が必要で、このような金工細工の茶道具の中でも煎茶道具は、高価に買取をさせて頂けます。
この亀の香合は、金工作品の中でも彫金細工が素晴らしく、日本の昔の職人技が冴える逸品です。
このような骨董品の金工作品は、人気があり、入荷をお待ちのお客様も多くおられ、人気があります。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

骨董品買取で、滋賀県のお客様より茶道具の蒔絵の棗を買取りました。  2018.08.13
茶道具買取

販売価格 60,000円
写真26枚掲載、ご覧下さい。
平成30年8月13日

久しぶりに隣の県ですが、滋賀県まで出張買取させて頂きました。
滋賀県からはよく出張買取の依頼があり、伺いますが、今年は珍しく初めての滋賀県からの骨董品買取依頼です。
近江八幡まで伺い、茶道具の煎茶道具を数点買取りました。

最近アジアのお客様が好まれる煎茶道具ではありませんが、保存状態も良く、綺麗な蒔絵で高価に買取させて頂きました。
難波仁斎の共箱の作品で、難波仁斎(明治36年~昭和51年)昔の名工で、岡山県重要無形文化財に認定された漆芸作家です。
貝尽くしと海藻の取り合わせが、昔の職人技の素晴らしさが見られる逸品です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

京都のお客様より来店頂き、骨董品買取で立派な経机を買取させて頂きました。 2018.08.12
茶道具買取

販売価格 350,000円
写真41枚掲載、ご覧下さい。
平成30年8月12日

その他楽しい品物に入ります、仏具ですが、非常に素晴らしい日本の骨董品です。
材質は木製で、非常に素晴らしい、その他楽しい品物の中でも昔の職人技が生かされた逸品です。
時代的には、大正から昭和初期頃のものだと思われますが、さすが京都の作品と思わせる骨董品です。
京都は千年も都が続き、多くの職人が育ち、京都ならではの骨董品買取をさせて頂ける事が多くあります。

細部まで丁寧に彫られた素晴らしい木彫細工で、現在、このような作品を作るとしたら100万円は超えるとおもわれます。
このような日本の職人技が生かされた骨董品の逸品は、高価に買取させて頂きます。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

以前の品物はこちら

骨董品買取 取り扱い一覧

買取について

小売価格をもとに買取価格を決定

当店は小売販売をしております。
卸売価格やオークション価格ではなく、小売価格をもとに買取価格を決定しておりますので、 高価に買取させていただけると考えております。

販売価格を提示して買取

買取の際には、実際に店頭で販売する価格をお客様に提示しております。
遠方のお客様よりお譲りいただいた品物は、
ホームページ上に価格を掲載いたします。

「遠方から」・「一品から」でもお気軽にご相談ください。

たとえ一品からでも、写真を当店にお送りいただき、
見積りの結果お譲りいただくこともよくあります。

品物の多い少ないに関わらず、お気軽にご相談ください。

まずは現状のままご相談ください。

一対で一組の品物、数点で一組の品物、伝来説明文や共箱等と離れてしまうと
価値が下がる品物も多くあります。

汚れや埃等はそのままで結構ですので、ご自分で整理や廃棄をされる前に、
当店までお気軽にご相談ください。

買取のご相談

当店には骨董品買取担当者がおります。
買取のご相談でご来店いただくお客様は、必ず、事前にお電話でご相談ください。

メールに古美術骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、
yakata-@mb.infoweb.ne.jpまでお願いいたします。

見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
ただし、相続・贈与の際の評価価格査定は有料になります。ご了承ください。

『プライバシーポリシー』に表示しております様に、
創業以来お客様の個人情報の秘密厳守を第一として長年営業してまいりました。

当店では、お譲りいただいたお客様の信頼を何より大切にしたいと考えております。

奈良県への出張買取について

奈良県への出張買取

奈良県は、710年に平城京が置かれてから74年間、
政治・経済・文化の中心として栄え、その間、大陸の影響を受け、
仏教建築などに代表される天平文化が花開きました。

平城宮跡、東大寺、興福寺、春日大社、薬師寺、唐招提寺などが
建立され、その多くは現存し世界遺産に登録されています。

吉野、熊野、高野の三霊場、それらを繋ぐ参詣道では、
史跡、古道、自然林などの貴重な文化遺産が残されています。

そのような土地柄、奈良県には
多くの骨董品・古美術品が眠っております。

お茶道具や骨董品、古美術品のご売却・ご処分をお考えの
奈良県のお客様は一度ご相談ください。

当店には古美術・骨董品・茶道具買取担当者がおります。
古美術・骨董品・茶道具のご処分をお考えの奈良県のお客様は、
必ず、事前にお電話でご相談ください。

メールに骨董品の画像を添付して出張買取のお問い合わせをいただく場合は、
yakata-@mb.infoweb.ne.jpまでお願いいたします。

京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


骨董品高価買取を解説

竹籠高価買取を解説

竹製の茶箱、花籠、盛籠、竹編火鉢、竹編煎茶盆、小物入れ、竹芸茶合、唐物、竹根工芸品、その他竹芸作品などは、高価買取致します。ご相談ください。

特に大振りで、天然の竹や、太い古竹で編まれた昔の作品や、自然の竹の竹根を生かした荒々しい力強い仕上がりの作品等は高価買取できます。

竹籠買取例 竹籠花入 竹籠買取例 竹籠花入 竹籠買取例 竹籠火鉢

竹籠買取例 銘 作家別で言えば、初代田邊竹雲斎、飯塚琅王干斎(ろうかんさい)等が代表格です。
さらに、早川尚古斎、和田和一斎、前田竹房斎などの昔の先代が作った作品にも上記のような特長があり、高価買取対象になります。

また、時代を経てきた唐物(大陸より渡ってきた品物)や、味わいが見られる作品は、無名でも高価買取対象で、中には買取価格が百万円を超える品物もあります。

時代が新しくなるにつれて、古い竹材がなくなり、現代作家もいろいろな創意工夫をしております。

現代作家の作品は、趣きが変わり竹の編み方が面白く、非常に丁寧に細かく編まれた作品や味のある作品で、買取対象で、数万円から数十万円まで様々です。

作家別で言うと飯塚小王干斎(しょうかんさい)、小菅吼月、山本笙園、末村笙文、小菅小竹堂、長倉健一等の現代作家です。

一般の方には分かりにくい作品もあるかと思います。一度ご相談頂ければと思います。

煎茶道具高価買取を解説

古来、大陸より伝わった煎茶の文化、多種多様に幅広く日本にも残っております。
昔から唐物と言われ、大陸より伝わった品々は一般的に高価買取対象になる品物が多くあります。

焼き物(陶器)も、唐物が高価買取対象になっております。
また、日本の焼き物も、色絵や染付の細密で上品な昔の品物は高価に買取致します。

煎茶道具買取例 炭斗 煎茶道具買取例 炉扇 煎茶道具買取例 茶入

三浦竹泉や三浦竹軒は、煎茶道具の中でも有名作家です。

銀や錫で作られた作品も、一般的に、上記のように唐物と言われる大陸から渡った品物が高価買取対象になっております。
絵や文字が彫られた作品で、細密上品で味わいのある物は高価買取対象です。

煎茶道具買取例 茶合 彫金細工師や象嵌細工師が作った作品も同じで、中でも、秦蔵六の先代の作品は人気があります。
品物で言うと、茶合、茶托、茶入、瓶敷、火箸、涼炉、等々、様々な品物があり高価買取対象です。

竹芸作品も同じで、一般的に、上記のように唐物と言われる大陸から渡った品物が高価買取対象になっております。
中でも、古竹に模様の入った斑竹(はんちく)は有名で、高価買取対象です。

最近では日本の竹芸作品が人気で、初代田邊竹雲斎、飯塚琅かん斎の作品は高価買取対象になっております。
また、煎茶道具ではありませんが、昔に作られた味のある筆頭などは、百万円を超える品物もあります。
アジアからお越しのお客様には、昔の竹芸作品は非常に人気があります。

煎茶道具買取例 煎茶道具買取例

品物で言うと、如意や茶合から火鉢、竹籠まで様々な作品におよびます。
煎茶道具には、様々な道具があり、特に、昔の品物は素人判断せず、あきらめず当店にご相談ください。

根付高価買取を解説

根付には、大きく分けて、象牙の根付、骨製の根付、木彫の根付、中には金属の根付などがあります。
買取依頼で整理する際には、一見黒く、小さくゴミのように思う品物も数多く、ご注意ください。

江戸後期、古い印籠や根付には、蒔絵や象牙等が使用され、日本独自の職人技の冴える逸品や、細かい彫刻・蒔絵が施された素晴らしい作品が多く作られました。

根付買取例 根付買取例 根付買取例

根付買取例 銘 このような古い時代の作品は、特に高価買取させて頂きますが、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。
ちなみに、現在当店で販売している懐玉斎正次の作品は、百万円を超える買取価格です。

また、どなたがご覧になっても細密で上品優雅で昔の希少な作品は、銘等が無くとも、高価買取対象です。

作家別では、明鶏斎法實、光廣、龍珪、寿玉、忠義、一旦、一貫、正直、亮長、豊昌ら幕末に活躍した名工の作品です。
明治になると根付は実用品ではなく美術品として欧米に輸出されるようになり、東谷、如藻、森田藻己、谷斎、石川光明、森川杜園、加納鉄哉らが名品を生み出しました。

骨董品の根付は世界の人々から、コレクションとして大変人気があります。
根付買取の依頼の際には、高価で買取できる作品も多数ありますので、是非一度当店にご相談ください。

印籠・蒔絵高価買取を解説

当初、印籠は旅の必需品で常備薬を持ち歩くための入れ物で、根付の下に帯からぶら提げていたのが、印籠です。

平和な時代が続いた江戸中期頃になると、印籠は粋な小道具となり、蒔絵や象牙、芝山蒔絵、彫金細工物、彫刻が素晴らしい作品が多くありました。

上記のような素晴らしい細密で上品な作家の作品は、日本の古美術、骨董品の代表として特別高価買取致します。

印籠・蒔絵買取例 印籠・蒔絵買取例 印籠・蒔絵買取例

下記の作家が特別に知られており、当店でも数十万円から百万円近くまで買取させて頂いた品物があります。
ホームページをご覧ください。

作家別では、下記の作家が有名で特別高価買取させて頂きますが、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

尾形光琳(琳派と呼ばれ、光琳蒔絵といわれる蒔絵の代表者、江戸時代の人)
小川破笠(破笠細工と呼ばれ、独特の様式を確立、江戸時代の人)
梶川家(代々徳川幕府のお抱え蒔絵師、江戸時代の人)
幸阿弥家(室町将軍家より代々続く名門蒔絵師)
古満家(代々徳川幕府のお抱え蒔絵師、江戸時代の人)
飯塚桃葉(蜂須賀家お抱えで、号を観松斉、江戸時代の人)
堆朱楊成(足利家より代々続き、徳川将軍御用達まで)
柴田是真(幕末~明治の絵師で漆芸の名人)

骨董品の印籠や蒔絵の品物の買取をお考えの方は是非一度ご相談ください。

刀装具(鍔・小柄)高価買取を解説

刀装具の中でも、布目象嵌や金銀象嵌、片切彫、毛彫り、魚子地(ななこじ)、高彫が素晴らしい作品は高価買取対象です。

材質は殆どが、鉄、銅、金、銀、真鍮等々の金属でできておりますが、 合金細工の朧銀(おぼろぎん)、赤銅(しゃくどう)、銀と銅の合金で四分一(しぶいち)もあり、形も円形や、角形や木瓜(もっこう)、障泥(あおり)などで出来たものもあります。

どなたが見ても丹精で綺麗な彫金細工や金銀象嵌の品物は、高価買取できる品物が多いです。
当店のホームページをご覧になり、参考にしてください。

鍔買取例     小柄買取例     目貫買取例    

刀装具の作家は、下記のような作家です。

後藤一乗(江戸~明治 ごとういちじょう)、石黒是美(江戸~明治 いしぐろこれよし)、
加納夏雄(江戸~明治 かのうなつお)、海野勝珉(明治~大正 うんのしょうみん)、
正阿弥勝義(江戸~明治 しょうあみかつよし)、大森英秀(江戸期 おおもりてるひで)、
大森英満(江戸後期 おおもりてるみつ)、石黒光明(江戸後期 いしぐろみつあき)、
石黒政寿(江戸後期 いしぐろまさとし)、橋本一至(江戸~明治 はしもといっし)、
菊岡光保(江戸後期 きくおかみつやす)、浜野直随(江戸後期 はまのなおゆき)、
伊藤正乗(江戸後期 いとうせいじょう)、鈴木美彦(明治~昭和 すずきよしひこ)、

骨董品の刀装具の買取をお考えでしたら是非一度、当店にご相談ください。

上記作家の作品の中でも、江戸末期ごろから明治にかけての有名作家の作品、後藤一乗、石黒是美、加納夏雄、海野勝珉、正阿弥勝義等は、骨董品買取の際に特別に高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

彫金細工・金工細工高価買取を解説

彫金細工、金工細工は、刀や刀装具、鎧兜(よろい、かぶと)から始まります。
しかしながら、明治9年の帯刀禁止令以降、刀装具の制作を生業としていた彫金家は、とても大変な時代を迎え、次々と廃業しました。
そのような危機的状況を救ったのは、万国博覧会でした。
万国博覧会に出品された品々は、欧米にはないカラフルな象嵌で各地で注目を浴びました。
彫金家の工夫と努力で日本古来の彫金細工の技が、明治期に花開いていきました。

彫金細工・金工細工買取例 彫金細工・金工細工買取例 彫金細工・金工細工買取例

彫金細工・金工細工買取例彫金技法は、主として「彫る技法」、「嵌める技法」、「打つ技法」があります。
彫金技法の種類では、毛彫り、打ち込み、鋤彫り、平象嵌、高肉象嵌、片切り彫り、等です。
色金材料では、純金、青金、火銅、赤銅、純銀、朧銀、四分一、黒四分一、白四分一等があります。
様々な技法が昔から伝えられ、他にはまねのできない日本の職人技を築き上げました。

根付買取例 銘 刀装具と同じ分野になり、作家も重なりますが、どなたが見ても丹精で綺麗な彫金細工や金銀象嵌の品物は、高価買取できる品物が多いです。
当店のホームページをご覧になり、参考にしてください。

作家別では、下記の作家です。

後藤一乗(江戸~明治 ごとういちじょう)、石黒是美(江戸~明治 いしぐろこれよし)、
加納夏雄(江戸~明治 かのうなつお)、海野勝珉(明治~大正 うんのしょうみん)、
正阿弥勝義(江戸~明治 しょうあみかつよし)、大森英秀(江戸期 おおもりてるひで)、
大森英満(江戸後期 おおもりてるみつ)、石黒光明(江戸後期 いしぐろみつあき)、
石黒政寿(江戸後期 いしぐろまさとし)、橋本一至(江戸~明治 はしもといっし)、
菊岡光保(江戸後期 きくおかみつやす)、浜野直随(江戸後期 はまのなおゆき)、
伊藤正乗(江戸後期 いとうせいじょう)、鈴木美彦(明治~昭和 すずきよしひこ)

彫金細工・金工細工買取例 正阿弥勝義
正阿弥勝義
彫金細工・金工細工買取例 正阿弥勝義
正阿弥勝義
彫金細工・金工細工買取例 石黒政近
石黒政近
彫金細工・金工細工買取例 海野美盛
海野美盛

骨董品の彫金細工・金工細工の買取をお考えでしたら、是非一度当店にご相談ください。

上記作家の作品の中でも、江戸末期ごろから明治にかけての有名作家の作品、後藤一乗、石黒是美、加納夏雄、海野勝珉、正阿弥勝義等は、骨董品買取の際に特別に高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

銀瓶高価買取を解説

銀瓶は、銀で出来たやかんのようなもので、鉄瓶と違い湯の味を変えないことから、茶道具として使われてきました。
昨今、アジアの方に非常に人気が高く、高価で買取できる品物が多くあります。
中でも特に、鉄と銀で作られた作品や、本体の部分に彫刻された作品は特別高価買取対象です。
作家別では、秦蔵六、北村静香、紹美栄祐、中川浄益、等は作品にもよりますが、高価買取対象です。
ホームページでは、価格を表示し写真をたくさん掲載しておりますので、参考にしてください。

銀瓶買取例 銀瓶買取例 銀瓶買取例

ただし、大きさやデザイン、また共箱があるなしで価格は変動します。
当店で、買取価格が数十万円から百万円を超える作品も多くあります。
骨董品の銀瓶の処分をお考えでしたら、貴金属の買取に出す前に、是非一度骨董店へご相談ください。

銀瓶買取例 銀瓶買取例 銀瓶買取例

価格については、当店のホームページを参考にしてください。

鉄瓶高価買取を解説

鉄瓶には、大きく分けますと、南部鉄瓶、京都や滋賀県で出来た鉄瓶があります。
南部鉄瓶は、量産され数多く出回っており価格は割安ですが、 一般的に、関西で作られた鉄瓶が高価買取できます。

鉄瓶買取例 鉄瓶買取例 鉄瓶買取例

関西の鉄瓶は、京都の龍文堂が最初で、初代秦蔵六や亀文堂も有名ですが、 両社とも、龍文堂で学び作られた会社です。
摘みが銀細工や彫金・象嵌細工の鉄瓶も高価買取できますし、 鉄瓶の本体に金銀象嵌や浮き出た文様のある鉄瓶、龍口や鉄砲口の鉄瓶も高価買取いたします。
摘みが翡翠の鉄瓶は特別高価買取致しております。

鉄瓶買取例 鉄瓶買取例 鉄瓶買取例

日本では、江戸の後期より鉄瓶を作りはじめました。
その後、何代か続き、明治から昭和時代に数多くの鉄瓶を製造、販売しておりましたが、最近、大陸で作られた偽物が多くなり、お買い求めのお客様が見分けがつきにくいので、3~4年前の価格よりずいぶん安価になりました。
しかし、亀文堂で、作品の蓋裏に「日本亀文」、胴裏に「家拙日本琵琶湖在東」と銘があったり、胴後部に「日本亀文」底面に「家拙日本琵琶湖之東」と在銘の作品で、 本体に金銀象嵌や浮き出た文様のある鉄瓶、龍口や鉄砲口の鉄瓶の中では、買取価格が百万円を超える品物もあります。

鎧兜高価買取を解説

鎧兜買取例 日本独自の文化、鎧兜や刀装具の多くは昔から作られてきました。
その中でも、鎧兜は多くの種類があります。

兜の部品は、大きく分けて兜鉢、前立、脇立等に分けられます。
また、鎧は簡単に分けて、胴、草摺、袖、籠手、手甲等々に分類されます。

どちらも、一般的に時代の古い作品や、手の込んだ細密な作りの作品、また、表面は漆塗や加工が施されており、なじみのない方には分かりにくいかと思いますが、地金が鉄の物が高価買取対象の物が多いです。

鎧兜買取例 鎧兜買取例 鎧兜買取例

作家名では、一番知られているのは、代々続いている明珍の作品で、高価買取対象です。
その他、細工や時代、また面白い形や、彫金細工・象嵌や作りによって価格は数百万円の物まで様々です。

茶道具高価買取を解説

宗匠の書付がある作品は、一般に高価買取できることが多いです。
書付とは、蓋の裏側に、表千家や裏千家などの宗匠の箱書があるもので、高価買取対象です。
一般的には、蓋裏に書付のある品物は、蓋表には何も書かれておりません。
家元の宗匠の書付では、表千家、裏千家の箱書が付いている品物が高価買取対象です。

表千家、裏千家の代々宗匠の書付の中でも、古い時代の宗匠の書付の作品は特別高価買取作品です。

茶道具買取例 茶道具買取例 茶道具買取例

千家十職の作品とは、
飛来一閑、永楽善五郎、黒田正玄、駒沢利斎、大西清右衛門、
奥村吉兵衛、土田友湖、中川浄益、中村宗哲、楽吉左衛門で、
これらの作品は、高価買取対象です。

また、その他にも、昔の焼き物(陶器)で、桃山時代の作品は特別高価買取対象品です。
中でも、井戸茶碗や御本茶碗は特別高価買取作品です。

茶道具買取例 茶道具買取例 茶道具買取例

中国美術高価買取を解説

当店が扱っている品物は、多種多様にわたっておりますが、唐物と言われ、昔に中国から輸入された品物や書画・軸を扱っております。
やはり、日本の骨董品と同じで、昔の時代の手の込んだ細密な作品が高価買取対象です。
中でも、官窯の作品などは非常に高価買取ができる作品です。
また、仏像や仏教美術の古い中国の品々は、特に高価買取対象作品です。

中国美術買取例 中国美術買取例 中国美術買取例

煎茶道具、文房具、珊瑚、香道具類、等々は、時代が古く繊細な作りの物は高価に買取しております。
作家別で言うと、書画・軸の呉昌碩や斉白石から始まり、作家名を挙げるときりがないですが、高価買取対象作品です。

中国美術買取例 中国美術買取例 中国美術買取例

ただし上記の品物は偽物も多く、名前や品物で判断できない場合も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

翡翠・珊瑚高価買取を解説

翡翠は、日本最古の宝石で、とても硬くて比重が高く、中国では、他の宝石よりも価値が高いとされています。
現在アジアの国々では、翡翠の人気が高まり、その中でも青々とした美しい竹を想像し、色の良い透明度の高い品物が特別高価買取商品です。
このように、色が良く、大きく、細工が細密な品物ほど高価買取対象になります。

珊瑚買取例 仏像   珊瑚買取例   翡翠買取例

珊瑚は、最近ニュースでも取り上げられておりますが、アジアの国々で非常に人気があります。
サンゴの赤い色は、ギリシャ神話やキリスト教でもイエス・キリストが流した血の色と考えられ、魔除けとして扱われるようになったのです。
アジアの国々では、血赤と呼ばれる赤サンゴの原木は現在では採取量も少なく希少価値で、最高級品として取り扱われています。

翡翠買取例   珊瑚買取例

このような血赤珊瑚も特別高価買取対象で、形が大きく、血赤ほど、高価買取商品です。
最近では、偽物も多く出回っており、判定が難しくなっております。

御道具高価買取を解説

これこそ、本当に数多くの種類があります。
簡単に分かりやすく表現しますと、昔、床の間で使われていた品々が骨董品、お道具と呼ばれていたように思われます。
日本の文化も、多くが大陸から伝わり、日本で大切に守られて来た骨董品は、現在アジアから来られるお客様に人気が有り、文化の伝わりが伺えます。
特殊な例ですが、香道具等は(香木を含む)高価買取対象で、その中でも、細密な細工の品物や香木は、特別高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。

御道具買取例 急須 御道具買取例 香炉 御道具買取例 香合

最近では、文房具(昔のお習字で使う品々)も人気で、古い品物で細工の良い、細密な品物は、高価買取対象で買取価格が百万円を超える品物もあります。

彫金細工や金工細工、金銀象嵌の作品、香炉、花入れ、等々は日本の品物でも高価買取でき、明治、大正期の有名作家では百万円を超える特別高価買取商品もあります。

御道具買取例 釣香炉 御道具買取例 御道具買取例

また、品々を大別しますと、日本の鍋島の陶磁器の様に、官窯と民間で焼かれた伊万里焼、民窯に別れます。
アジアの国々で作られた品物も、官窯と民窯があり、官窯は寸分の狂いもなく細密丁寧で優雅な色調や作りで、数百万円を超える高価買取対象作品も多くあります。

陶芸作品だけでは無く、唐物には、あらゆる御道具に官、民、があり特別高価買取作品も数多く見られます。

もちろん一般的な御道具も高価買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

日本画高価買取を解説

大きくわけて額装と掛軸がありますが、床の間も少なくなり掛軸は額装より安く評価されることが多いです。
また掛軸は、お茶の世界で使われる品物は比較的高価に買取できます。
絵画は大きさによっても価格が変わりますが、何日もかかって描かれた細密画と、短時間で簡単に描かれた絵では買取価格には大きな差があります。
そのような細密画の例として、日展等展覧会に出品された作品があり、そのような作品が特別高価買取対象です。

余談ながら、当店が位置している京都祇園には、「一見さんお断り」という古い風習があり、芸術の世界でもかなり有名で実力のある者しか遊ぶことができません。
我々骨董商の間でも、老舗と言われるお店の方々の昔からの言い伝えとして、「祇園には偽物は無い」と格言があります。
そんな祇園のなじみの料亭で、ふすまに墨で簡単な絵を大書し、飲み代の代わりにしたという豪傑もいたようで、今でも、そのようなふすまが祗園のお茶屋さんには残っており、当店でも買取したことがあります。
さすが千年も都が続いた京都、祗園ならではのお話ですね。

江戸期より昔の作品は別として、明治以降の作品は作家により買取価格は大きく変動します。
一般的に、下記の作品は高価買取できます。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

洋画高価買取を解説

芸術作品には一般的に、若い頃に描かれた作品と、晩年になり独自の手法や技法を手に付けられた作品があり、若描きと晩年作に大別されます。
同じ大きさでも価格は数倍も違うことがあり、晩年作の方が高価買取対象です。

日本画でも書いておりましたが、洋画も同じ事で、 余談ながら、当店が位置している京都祇園には、「一見さんお断り」という古い風習があり、芸術の世界でもかなり有名で実力のある者しか遊ぶことができません。
我々骨董商の間でも、老舗と言われるお店の方々の昔からの言い伝えとして、「祇園には偽物は無い」と格言があります。
そんな祇園のなじみの料亭で、ふすまに墨で簡単な絵を大書し、飲み代の代わりにしたという豪傑もいたようで、今でも、そのようなふすまが祗園のお茶屋さんには残っており、当店でも買取したことがあります。
さすが千年も都が続いた京都、祗園ならではのお話ですね。

骨董業界はこのような難しい世界で、古美術骨董品の買取依頼は専門の古美術骨董商に依頼されるのが無難だと思われます。

美術倶楽部での鑑定証が付いているものや下記の作家の作品は高価買取対象です。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

奈良県出張買取に関するお問い合わせ

住所 京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地
TEL 075-533-1956
URL http://www.kyoto-yakata.net/
E-mail yakata-@mb.infoweb.ne.jp
定休日 月曜日・火曜日 ※ご予約の買取業務は定休日も行っております。
営業時間 AM11:00~PM6:00

奈良県の下記の地域は、見積り無料で出張致します。

  • 明日香村
  • 安堵町
  • 斑鳩町
  • 生駒市
  • 宇陀市
  • 王寺町
  • 大淀町
  • 香芝市
  • 橿原市
  • 葛城市
  • 上北山村
  • 河合町
  • 川上村
  • 川西町
  • 上牧町
  • 黒滝村
  • 広陵町
  • 五條市
  • 御所市
  • 桜井市
  • 三郷町
  • 下市町
  • 下北山村
  • 曽爾村
  • 高取町
  • 田原本町
  • 天川村
  • 天理市
  • 十津川村
  • 奈良市
  • 野迫川村
  • 東吉野村
  • 平群町
  • 御杖村
  • 三宅町
  • 山添村
  • 大和郡山市
  • 大和高田市
  • 吉野町

出張買取地域について

買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。
今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。

西日本では、関西地方の大阪京都滋賀県奈良県和歌山県兵庫県から、中国四国地方の岡山県鳥取県島根県広島県山口県愛媛県香川県徳島県高知県九州その他の地域で出張買取いたします。

東日本では、東京をはじめ関東地方の、神奈川県主に横浜埼玉県千葉県北海道、東北地方の秋田県岩手県山形県宮城県福島県、東海地方の愛知県主に名古屋岐阜県静岡県三重県。中部北陸地方の新潟県富山県石川県福井県、その他の地域で出張買取いたします。

買取 取り扱い一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。

根付印籠銀瓶彫金細工・金工細工鉄瓶煎茶道具翡翠竹籠などのお品物、中国美術刀装具鍔・小柄・目貫など)をお買取りさせていただきました。

骨董品買取 取り扱い作家一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた作家の一部をご紹介させて頂きます。

家元


千家十職


陶芸


彫刻


彫金・金工


竹芸


その他


日本画 取り扱い作家一覧


洋画 取り扱い作家一覧


墨跡・古筆 取り扱い作家一覧


このページの先頭へ戻る

お問い合わせフォーム