南部町の骨董品・茶道具・美術品の買取について

青森県と言えば、りんごのイメージですが、実際にはフルーツ王国で、近年では、バイオを使った果物作りやサクランボ、洋ナシなども手掛ける大規模な農園や、何代も続く 豪農 のお宅なども多くあります。青森県南部町は、南部藩発祥の地として伝えられ、岩手の盛岡ともたいへんゆかりの深い地域です。お茶の文化も盛んだったようで、土地の名士や、代々庄屋を務めたようなお宅には、骨董品や茶道具、美術品も多数残っており、鉄瓶 や茶釜、燭台 などを何度もお譲り頂いたことがあります。鉄瓶は日本の煎茶文化にはなくてはならない道具で、日本を代表する品物です。アジアの煎茶文化、中国茶でも同じ道具 を使いますので、 象嵌細工 や彫金細工が施された 逸品 や面白い 図柄鉄瓶 などは是非お譲りください。南部町は、南部藩ゆかりの地域で 神道美術仏教美術 も数多くあり、涅槃図が描かれた 掛軸 や、螺鈿 細工が施された 蒔絵硯箱名品金銅仏  、青貝細工経箱 をお譲り頂いた経験があります。盛岡南部藩ゆかりの地らしく、 刀装具甲冑 などのお問い合わせもよく頂きます。鎧兜や刀装具は、日本古来文化遺産 です。青森県から見事な 彫金細工 の兜などお譲り頂いたことがあります。青森県南部町のような歴史ある東北の 城下町 には、2代3代前に集められた骨董品の 名品 が手付かずの状態で残されています。骨董品や茶道具、美術品の整理の際には是非ご連絡ください。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。