販売商品 product

品番:X-846

価格:売却済

刀装具 鍔

横幅約 7.5cm 縦幅約 8.6cm 厚み約 0.4cm

時代は江戸から明治頃だと思われます。

作家の名前はありませんが、繊細で綺麗な彫金が施され、
職人技の冴える逸品です。
日本美術刀剣保存協会の認定書が付いております。

採光の加減で白く光っておりますが、ご覧のように状態の良い品物です。

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15 反対側

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  • 32

  • 33

  • 34

  • 35

  • 36

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

日本の金工作品を代表する銀瓶の骨董品売却依頼を頂き、宅配で数点の純銀製品をお譲り頂きました。

写真が39枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。京都の打物師 田中鐵邦(1904年~1993年)の 金工作品 で、銀瓶 の 愛好家 の間では非常に人気のある作家で貴重な 名品 で高価買取させて頂きました。この 金工作品 の茶道具の銀瓶で、材質は純銀製品で 共箱 です。写真33のように、底に「純銀」の 刻印 と 銘 が入っています。本体部分には、細密 なタッチで、昔の職人の 技法 が光る田中鐵邦ならではの四季の草花の 彫刻 が丁寧に施されており、愛好家 の間では貴重な名品です。昭和初期頃の昔の品物で、銀の変色が見られますが、簡単に綺麗になります。競り市やオークションで買い受けた作品ではなく、直接お客様より入荷した作品で、古い時代 の現状のまま販売しております。採光の加減で白く光っておりますが、凹みや傷等無く、保存状態 の良い品物です。近年、金工作品や 銀瓶 はアジア圏からの輸入品が多くみられますが、当店では、日本の古い品物のみを販売しております。このような日本で作られた骨董品の銀瓶、買取させて頂きます。 この銀瓶は日本の 伝承 された 金工作品 の技術が使われており、日本の金工作品について説明します。千年近く受け継がれた日本の 金工品 の歴史は長く、また明治時代になり帯刀禁止令が出て、昔の 職人技 に、工夫を凝らし、香炉や 花入 れ、自在金具を作り、それぞれ独自に開発された技法の金工作品は、規格が統一されて、カタログで販売できるようなブランド品ではありません。一点物の金工作品には多くの偽物があり、確かな 鑑定 眼が求められます。また、当店では、金工作品の入荷をお待ちのお客様も多数いらっしゃいます。一点数百万円の金工作品を販売できる信用と鑑定眼がある古美術やかたならでは、高価買取させて頂けるのです。