販売商品 product

品番:X-1434

価格:売却済

岸駒の弟子で岸良の作品です。

全体 縦幅約 190cm 横幅約 54cm
本紙 縦幅約 115cm 横幅約 45cm

紙本

岸良(1798年~1852年)
江戸時代後期の絵師、京都生まれ

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼で、棗をお譲り頂きました。

写真が39枚あります。くわしくはこちら 遠くよりラインで写真をお送り頂き、ゆっくり拝見させて頂きました。当店の方針を少し説明させて頂きますと、作品をゆっくり拝見し、作品の作者や時代背景、市場での需要などをできる限り丁寧にご説明し、買取させて頂いております。納得していただくよう努めておりますので、骨董品 や 茶道具 にはいろいろありますが、どの様な 古美術工芸品 でもご安心してお持ちくださいませ。このお客様は、宅配買取でお譲り頂いたお客様です。 この蒔絵は平蒔絵で、蒔絵 にはいろいろあり、研ぎ出し蒔絵や 高蒔絵 がありますが、芝山蒔絵等は無く、一般的に 棗 は平蒔絵の時が多くあります。なかには研ぎ出し蒔絵もありますが、研ぎ出し蒔絵の作品は時間と手間がかかり、価格的に高くなるので、平蒔絵の作品が多くあります。最近では棗も、もともとは抹茶道具の 逸品 ですが、綺麗な作品が多くあるので、最近では中国茶を好まれるお客様にも人気です。 祇園の街は、昔から「一見さんお断り」で有名な街で、日本はもとより世界各国の 著名 人が集う街です。古美術やかたは、そんな祇園の中心の祇園骨董街に位置する 老舗 骨董店です。