久慈市の骨董品・茶道具・美術品の買取について

岩手県久慈市は、太平洋に面した地域で、海女さんの街で、知られています。桑畑漁港はじめ天然の良港があり、交易 や貿易などで、様々な土地の文化や骨董品が運ばれ大切に残されています。面白い骨董品や茶道具、美術品があり、整理や売却のご相談も度々頂いております。岩手県久慈市は世界有数かつ国内最大のコハクの採掘産地で、琥珀博物館など特色ある博物館もあります。何代も続く 商家 などの見積もり依頼では、伝統工芸品 の小久慈焼などを拝見する機会も多くあります。小久慈焼は、200年の伝統を誇り、大正時代に柳宗悦によって「用の美」として見出されました。珍しい煎茶道具の 朱泥急須涼炉螺鈿 細工 の 硯箱 などと一緒に、小久慈焼や南部鉄瓶 など、地元の大切は作品もお譲り頂いたことがあります。平庭高原の白樺林や久慈渓流が織りなす久慈平庭県立自然公園など、豊かな森林資源も残る地域で、木工製品や伝統工芸品にも良質なものが残されています。東北らしく、会津塗 のお 象牙 の置物、 木味 の良い 花台 などをお譲り頂きました。岩手県は漆の名産地でもあり、秀衡塗などの 伝統産業 も栄えました。平泉周辺で採れる豊富な漆と金を使って、漆器を作ったのが、漆芸 の秀衡椀です。室町時代や桃山時代の古い時代の良質な作品も残されており、今ではたいへん貴重ですので、高価に取引させて頂きます。岩手県からは、宅配でのお取引もしております。骨董品や茶道具、美術品の整理や売却のご相談はお気軽にお問い合わせください。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。