大船渡市の骨董品・茶道具・美術品の買取について

大船渡市は、太平洋沿いに広がる都市です。大船渡港は、古くから仙台藩の天然の良港でした。現在も岩手県の外国定期航路として韓国の釜山とも結ばれており、昔から、中国や韓国、朝鮮などを深い交わりがありました。昔からの 交易 や貿易で運び込まれた、珍しい逸品や名品と呼ばれる骨董品や茶道具、美術品が多く残っており、売却のご相談も度々頂いております。螺鈿細工 の 硯箱刀装具小柄 、中国の 古鏡油滴 天目茶碗薄茶器 をお譲り頂きました。天然の歴史ある良港をもち、岩手県最大の漁業生産量を誇ります。加工工場や会社などを経営されているお宅、代々続く 豪商 のお宅、骨董品や茶道具、美術品の 愛好家 も多くお住まいです。秀衡塗や 会津塗 のお椀、象牙 の置物、螺鈿 細工の 食籠 をお譲り頂きました。やはり岩手県では、漆芸の素晴らしい骨董品を拝見する機会が多くあります。代表的なものが、秀衡塗で、平泉周辺で採れる豊富な漆と金を使って、秀衡椀など、名品 の漆器が作られてきました。室町時代や桃山時代の古い時代の良質な作品も残されており、今ではたいへん貴重ですので、高価に取引させて頂きます。戦後日本を代表する 彫刻家 の船越保武も、岩手県出身の作家で、木工製品にも良質なものが残されています。木彫り根付堆朱 の根付など、昔の天然木で作られた作品は海外のお客様が好まれ、思わぬ品物が コレクター に高額で引き取られて行くこともあります。整理や売却の際には、一度ご相談頂ければと思います。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。