販売商品 product

価格:売却済

刀装具 鍔 竹と虎 <在銘> 販売

横幅約 7.1cm 縦幅約 7.5cm 厚み約 0.4cm
重さ約 176g

材質は四分一です。
写真6 のように が入っており、横谷宗珉(江戸時代中期の装剣金工家)の作品だと思われます。
重量感 のある鐔で、片切彫 が力強く丁寧に施されており、昔の職人技が素晴らしい逸品です。

採光の加減で白く光っておりますが、傷んでいる箇所は無く、保存状態 の良い品物です。

このような 骨董品 の 刀装具 の、買取させていただきます。

  • 7 反対側

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17 ★△

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼を頂き、抹茶道具の茶碗を数点宅配買取でお譲り頂きました。

写真が5枚あります。くわしくはこちら この作品は、黒楽茶碗で 保存状態 も良く、茶の湯 では年中使用できる喜ばれる逸品で買取させて頂きました。作家の作品で印はや銘は有りませんが、千家十職 の楽焼茶碗に似た作品です。樂 吉左衞門の作品でも利休七選 などの 名品 には、銘 や印も無い作品も有ります。樂茶碗には昔の 職人技 が素晴らしい名品が数多く有ります。この作品は 名品 とまではいきませんが、お買い求め頂くお客様に喜んで頂ける 逸品 で買取ました。また 茶会 では、一楽、二萩、三唐津と言われるように昔から、湯が冷めにくく好んで使われた逸品です。 このような楽焼の茶碗は温もりの有る茶椀が 茶の湯 の 愛好家 には好まれており、そのなかの代表的な作品が楽茶碗です。なかでも年中使用できる黒楽茶碗の簡単な特徴を話しますと、手捏による腰の張ったやや低い軟質陶胎半筒形の 茶碗 です。口縁を内に抱え込み胴中ほどをわずかに絞り腰は強く曲がり、 高台 脇にかけて面取り風の箆削りを施されております。見込みは広く中央に茶溜りを浅く作り周辺も箆で削り込み薄造りに作られております。このような茶の湯で使われる茶道具の中でも一番高価で人気のある茶道具が黒楽茶碗です。 青森県つがる市のお客様より、抹茶道具の茶碗を数点宅配買取でお譲り頂きました。この黒楽茶碗は年中使用でき、千家十職 の楽焼茶碗に似た作品で紹介します。