青森県八戸市の骨董品・茶道具の買取について

八戸市の骨董品・茶道具の買取は古美術やかたにお任せください。

青森県八戸市は、岩手とも隣接する太平洋沿岸の活気のある地域です。東北でも有数の重要な八戸港があり、歴史ある漁業の街です。やはり海のある地域には、多くの素晴らしい骨董品や茶道具、美術品が運び込まれます。青森県は伊達や上杉などとも交流が深く、東北地方のいろいろな文化やお茶の道具が今も数多く残されており、骨董品の売却のご相談も度々頂きます。何代も続いた 商家 、土地の名士などには、  国宝 級の 刀装具 をお持ちのお宅も多くおられます。素晴らしい 甲冑 、 大森英秀四分一 の 縁頭、鉄地に金の 象嵌細工 が施された美しい などをお譲り頂きました。愛好家コレクター の間では、このような 日本古来金工品 、中でも、彫金細工象嵌細工 など伝統の技を極めた作品はたいへん人気があります。また、さすが港町で、珊瑚を使った 帯留置物 をお譲り頂きました。日本の珊瑚は質が高いことで世界にも認められていますが、特に血赤珊瑚はアジアのお客様に人気があります。 珊瑚 を使った作品は海外のお客様やコレクターにたいへん人気がありますので、お持ちのお客様はご連絡ください。青森県八戸市出身の著名人には、曹洞宗 の僧侶、管主 も務めた西有穆山もおられます。有名なお寺の管主が描いた 一行書 や、水墨画 などもご相談頂ければと思います。青森県八戸市からの、骨董品や茶道具、美術品のお取引は宅配で対応しております。費用は当店で負担しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。