宮古市の骨董品・茶道具・美術品の買取について

岩手県宮古市は太平洋の三陸海岸にあります。三陸沖には、歴史ある良港があり、古くから全国屈指の水揚げを誇る水産業が基幹産業です。江戸時代には東北の大名の藩港として、また東廻り海運の要所として、江戸や上方との交流が盛んでした。明治時代には製糸業、昭和に入ってからは、北洋漁業や木材港の基地として、常に発展を続けています。岩手県宮古市には、交易 や貿易で、運び込まれ大切に残されてきた、骨董品や茶道具、美術品が残されています。豪商 や何代も続く 商家 などから、面白い骨董品や茶道具、美術品の売却のご相談も度々頂いております。岩手県宮古市の古いお宅から、煎茶道具茶入急須永楽焼香合 などをお譲り頂きました。別のお宅ですが、古渡り  の 更紗紅型筒描き、辻が花染め など昔の素晴らしい作品を拝見させて頂頂いたこともあります。岩手県のような歴史ある土地には、茶の湯 や着物文化など、日本の 伝統文化 の作品にも、良質なものが残されています。着物文化のあった日本ならではの 根付刀装具 は、海外のお客様にたいへん人気が高く、入荷をお待ちのお客様も大勢おられます。蒔絵彫刻 などの細工が素晴らしい作品のご相談を楽しみにしております。珊瑚 や翡翠の帯留などは、ネックレスやブローチなどのアクセサリーに加工し直して使用しますので、中国はじめアジア各国でたいへん人気があります。珊瑚 や翡翠が使用された骨董品の整理や売却の際には、一度ご相談頂ければと思います。あんな物、こんな物と思う品物が、思わぬ高額でコレクターに引取られていくことがあります。お気軽にご相談ください。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。