南砺市の骨董品・茶道具・美術品の買取について

富山県南砺市は、近隣の大都市ともアクセスが良く、ベッドタウンとしても発展しています。たくさんの方が、お住まいですので、思わぬ骨董品や茶道具、美術品に出会う機会がたくさんあります。南砺市立福光美術館は、石崎光瑤と 棟方志功 の作品を中心とした特色のある美術館です。 版画家の棟方志功は、第二次世界大戦に富山県南砺市の福光町へ疎開し、6年半あまりの間に多くの作品を残しました。他にも福光町ゆかりの芸術家の作品が収蔵、展示しており、文化や芸術、骨董品に造詣の深い方々も多くおられます。肉筆 画の素晴らしい南画をお譲り頂きました。約8割が森林で、豊かな自然に恵まれています。 歴史も古く、善徳寺の 門前町 として栄えた地域で、ユネスコの 世界遺産 の合掌造り家屋の集落が残されています。富山県南砺市では、欄間、獅子頭などの 木彫刻や 木工 細工が育まれました。菅原道真の天神様像などはじめ、多くの寺社 彫刻 を手掛けてきた歴史ある 伝統工芸品 です。木味 の良い 古道具煎茶道具 、面白い 置物 や彫りが素晴らしい 小箱春慶塗 で丁寧に作られた 漆器茶箱 などをお譲り頂きました。富山県南砺市には、伝統工芸品古美術工芸品 にも素晴らしいものが見られます。昔の天然木で作られた 骨董品 は海外のお客様が好まれ、思わぬ品物が コレクター に高値で引き取られることもあります。茶道具、美術品の売却や整理の際には、お気軽にご連絡ください。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。