販売商品 product

品番:X-1749

価格:売却済

永楽妙全 茶碗

永楽善五郎の作品で「つなぎ団子」の文様が施された抹茶茶碗です。
たっぷりと掛けられた 釉薬 の色が綺麗で上りの良い逸品です。
保存状態 も良く、スレやホツも無く、大切に使用され、未使用品の作品です。
明治時代から大正時代頃に作られた逸品で、茶の湯で好んで使われてきた 茶道具 ですが、長年の年月を経ても綺麗な 共箱 が付いております。
京都祇園で春に毎年開催される「都をどり」の時に配られるお皿で団子皿が有名ですが、その模様が描かれた抹茶碗です。
提灯つなぎ茶盌で、「つなぎ団子」の文様が施されております。

永楽妙全(えいらくみょうぜん、1852年 - 1927年)
京都の女性 陶芸家。本名は悠。夫は永樂得全(14代 土風炉師・善五郎)。
善五郎を 襲名 する事はなかったが、技量に優れ作品への評価非常に高いものがあります。
明治43年三井高保より「悠」印を拝領され、大正3年三井高棟より「妙全」号を受け、昭和2年没。

作家の作品について少し説明させて頂きます。作家の名前で    いくらと相場価格の問い合わせをよく頂きますが、同じ作家の作品でも 若書き と 晩年 の作品や、大きさや図柄で価格が変わり、また、時間を掛けて書かれた作品と短時間で描かれた作品では、買取価格も大きく変動します。
作家によっても、得意な 図柄 や人気のある 図柄 では、買取価格も変わってきます。
古美術 骨董品 によく買取店が相場価格と書かれていますが、このように作家の名前や大きさだけで価格が決定出来る世界ではありません。

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で、アンティークの櫛や古美術工芸品を数点お譲り頂きました。

写真が6枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。材質は木製です。時代は大正時代頃のアンティークの櫛です。ご覧のように綺麗な蒔絵が施されており、銘 こそありませんが、昔の 職人技 が冴える 逸品 です。大切に使われてきた味わいがある 骨董品 の櫛ですが、割れたり、欠けたりしている所は無く、蒔絵 の状態も非常に良い品物です。この作品はお店で販売しているお求めやすい品物で、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。店頭では二千円から一万円までの楽しい骨董品や 茶道具 を沢山販売しておりますので、是非ご来店くださいませ。 櫛・簪 について少し説明させて頂きます。櫛・簪、帯留では、古い時代 の蒔絵が素晴らしい作品が人気で、螺鈿細工や 珊瑚 が散りばめられた作品は一般的に高価買取対象です。べっ甲 の材料に蒔絵が丁寧に施された、明治時代や江戸時代の作品は高価に取引されています。細密 な蒔絵に 緻密 な 彫刻 が施されて、また歯の部分が小さい大振りの櫛は人気があります。特に、綺麗な蒔絵に、赤珊瑚や 翡翠 が散りばめられた作品は特別人気があります。 古美術やかたでは、整理させて頂く際には 書付 や 鑑定証、また許可証等が作品と別々に離れていても、作品と一体に合わせ、完全な状態での買取をさせて頂いております。