用語集 terms

茶会

茶会( ちゃかい )

喫茶を中心とした会合で茶事,茶湯興行,古くは「ちゃのえ」とも呼んだ。その初めは寺院での引茶 (ひきちゃ。挽茶,施茶とも書く) で、仏前に供えた茶の余りを衆僧に施す儀式であり、鎌倉時代には抹茶を用いた大茶盛があった。世俗の茶会は室町時代の闘茶会で茶寄合もそれであった。茶道成立後は客を招き一定の式作法により茶を出すことをいい、記録 (茶会記) には亭主の名を記して何某の会としている。茶会の形式と内容は次第に複雑になり、時間上から、正午、夜咄 (よばなし)、暁、朝、飯後 (はんご)、不時、跡見、独客の茶会の8種がある。また季節上から大福 (おおぶく。王服,大服とも書く。元日の祝儀の茶で梅干,昆布などを加えて多量にたてる) 、春 (1月 15日以後の茶会) 、風炉、名残 (なごり。残茶ともいう。口切後約1年の 10月中頃~11月初め頃に催す)、口切 (炉開きの頃茶壺の封を切り、その茶をひいて催す) の茶会の別がある。

客を招いて、作法にのっとって茶をたて、もてなす会。茶の湯の会。さかい。

飲茶(いんちゃ)を中心とした会の総称。茶会という場合、現在二つのとらえ方がある。一つは、千利休(せんのりきゅう)による茶道成立後、前席で懐石(かいせき)、中立(なかだち)があり後席で濃茶(こいちゃ)と薄茶(うすちゃ)を喫するという、茶事の名で通称される茶会、一つは、薄茶や濃茶の席に点心(てんしん)がついた現代風の茶会である。茶会の語は唐代の詩人銭起(せんき)の詩句にみえ、文人の間でたしなまれた喫茶の会のことであった。日本では宋(そう)代禅院での茶礼が規準となった禅院茶礼が鎌倉時代におこり、南北朝の玄恵(げんえ)法印作とされる『喫茶往来』にその源流がみられた。その後「茶寄合(ちゃよりあい)」としての闘茶(とうちゃ)会が流行し、会所の時代を経て書院風建築の中での式法の整った会が生まれ、村田珠光(じゅこう)による草庵(そうあん)茶が創案されて庶民への浸透が図られた。一期一会(いちごいちえ)を観念とした一味同心、一座建立の精神が掲揚され、奈良の塗師(ぬし)松屋による『松屋会記』、堺(さかい)の豪商津田宗達(そうたつ)・宗及(そうきゅう)による『天王寺屋(てんのうじや)会記』などの茶会記録が残されるようになった。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼で、金工作品で純銀製品の茶入を売却頂きました。

写真が15枚あります。くわしくはこちら 最大横幅約 7cm 高さ約 9.2cm 重さ約 193g ご高齢の女性のお客様でしたが、ご自宅の整理をされていて、査定して頂きたいと、お写真を持って来店されました。その後ご帰宅されてから買取して頂きたいと作品を宅配でお送り頂きました。先代が 茶道具 の 愛好家 で、大切にされていた 逸品 だけに、家族の方々と相談され、お返事を頂いたようです。煎茶道具 の写真を見せて頂いて、買取価格を提示して自宅に帰られてから数点の 逸品 を送り頂きました。この 茶入 れは材質は純銀製品です。時代は大正時代前後頃で、煎茶道具の 茶入 です。金工作品 ですが、ご覧のように、手打ち で施された鎚起 技法 の槌目模様が美しく、丁寧に作られた 逸品 です。作品の底に「純銀」と 刻印 が入っております。最近ではこのような 金工作品 の茶入が中国のお客様に人気があります。採光の加減で白く光っておりますが、未使用品に近く、保存状態 の良い品物です。 このような 茶入 の形で、大きな茶壺も人気があり、お持ちのお客様がおられましたら高価にお譲りさせて頂きます。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地