用語集 terms

中国美術

中国美術 ( ちゅうごくびじゅつ )

隋唐時代(581年~907年)
この時代、中国古代陶磁の至宝である唐三彩が生まれ、 華麗な意匠や色釉(いろゆう)の幻想的な魅力は、世界のやきものの中でも群を抜く存在です。
緑・褐色・白、或いは藍などの色釉は変化に富み、器形などにローマや西アジアの金属器やガラス器の影響が色濃いものも多く見られます。
中国史上唯一の女帝となった則天武后(624~704年)時代こそ唐三彩の隆盛期であり、 世界に流布する唐三彩の優品の多くがこの時期の製作と考えられています。
五代十国時代(907年~960年)から南唐、北宋、南宋(1279年)へと移り変わっていきます。
北宋・南宋時代(960年~1279年)
北宋南宋の時代に、青磁釉の陶磁器が最盛期を迎えました。
北宋時代後半から南宋時代が最盛期で、耀州窯(陝西省)、龍泉窯(浙江省)、南宋官窯(浙江省)や汝窯(河南省)などが 名窯として知られています。
龍泉窯は明代中期まで生産を続けていますが、明代後半には衰退し始めました。
五代~北宋時代の絵画には、荊浩、董源、巨然、李成、范寛、郭熙など、その後千年間古典とされた山水画専門または山水画で有名な巨匠達が輩出されました。
元時代(1271年~1368年)
書画の分野や文学では、趙孟フ(1254年~1322年)は、南宋~元代の政治家、文人(書家、画家)がもっとも有名です。
書画は古典への復興を目指したもので、書は元代の版本はみな趙孟フの書体に基づくといわれております。
絵画は呉興派と呼ばれる新潮流を開き、元代末には黄公望、倪サン、呉鎮、王蒙の「元末四大家」が山水画の技法を確立しました。
元代の陶磁器には染付などの鮮やかな新技法と大盤など大きな器形が新たに登場しました。
宋代までの青磁などと対照的で、輸入されたコバルトが青花と呼ばれる染付に用いられ、回回青と呼ばれていました。
東西交流の進んだ元代の特性をよく現しています。
明時代(1368年~1644年)
「元末四大家」の流れを引き継いだのが呉派です。 呉派の代表的な画家には沈周と文徴明がいます。
陶磁器の分野では、元から引き継いだ染付や新しい赤絵の技法が開発され大きく隆盛しました。
景徳鎮の窯からは大量の製品が生み出され、国内だけは無く海外にも輸出されました。
中でも「万暦赤絵」は名品中の名品とされ、現在でも好事家の垂涎の的となっています。
また、紫禁城もこの時代に完成しており、現在は故宮博物院として使われ、世界遺産にも登録されています。
清時代(1636年~1912年)
絵画では、明初の石濤、八大山人、が有名です。
陶磁器の分野では景徳鎮は陶磁器生産の拠点、明代から引き継いで赤絵・染付などが生産されました。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で地方のお客様より、珍しい浮世絵を宅配でお譲り頂きました。

写真が4枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。歌川豊国の 浮世絵 の相撲絵で、元々は3枚続きの木版画ですが一枚だけ買取させて頂いたようです。この作品は複数枚で、一つの物語を作っており、この一枚では半端な品物となります。左側を見ると分かりますが、絵の続きがあります。時代的にも復刻版的な品物で、買取価格も安価な価格です。店頭のみ販売している品物で、安価な品物でホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。店頭では二千円から一万円までの楽しいアンティークの品物や 骨董品、茶道具 を沢山販売しておりますので、是非ご来店くださいませ。 本来の江戸時代の作品の説明を少ししておきます。三代目歌川豊国(1786年~1864年)は江戸後期の浮世絵師で江戸に生まれます。姓は角田、名は庄蔵、のち肖造と改めました。初号は国貞、別号 に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎など多数あります。幼少の頃より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称し、絵の修業を積みました。美人画 を得意とし、化政・天保期を風靡するほどの勢いと力を持っていました。 当店で掲載や紹介させていただいている殆どの写真は全て当店で販売している写真です。    

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地