土浦市の骨董品・茶道具・美術品の買取について

茨城県土浦市には、名峰筑波山があり、水と緑に恵まれた歴史と伝統のある自然豊かな地域です。東京や、昔は江戸と言われた、都心部とも近い茨城県には、都会の喧騒を離れてお住まいの名士や文人墨客も多く、優れた骨董品や古美術品の数々が運び込まれています。戦禍や災害を逃れた貴重な骨董品や美術品をお持ちのお宅も多く、お問い合わせも度々頂きます。江戸時代、関東地方で江戸千家が始まり、川上不白の努力で、茶の湯 が広くいきわたりました。江戸千家の川上不白は現在でも人気があり、茨城県にも貴重な茶道具の 名品 がたくさん残されています。名士の方から、 金継ぎ された高麗 茶碗織部焼菓子鉢 をお譲り頂きました。 また、代々続く商家から 千家十職 が作られた作品が入った 唐物茶箱 や素晴らしい彫金細工が施された銀製品の茶道具をお譲り頂いたことがあります。茨城県出身の作家には、仏画 の木村武山、洋画 作家の中村彝、黒川能で有名な森田茂など、そうそうたる文化人がおられますが、土浦市にも、洋画家の鶴岡義雄や塙賢三などがおられます。 日本画 の 河鍋暁斎は、多くの戯画や風刺画を残し、海外でも高い評価を受けています。絵画の 愛好家 のお宅に伺い、いろいろな絵画を拝見し、お譲り頂いたことがあります。文化や芸術に造詣の深い方々も多くお住まいですので、骨董品や美術品の売却の際のお問い合わせがたいへん楽しみな地域です。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。