用語集 terms

茶入

« Back to Glossary Index

茶入 ( ちゃいれ )

茶の湯で抹茶を入れる容器。
濃茶(こいちゃ)用は濃茶入、薄茶用は薄茶器または薄器などと略称される。
(なつめ)は薄器の代表的なもの。
また濃茶入は陶器、薄茶器は漆器が原則とされる。

陶製の濃茶入は、中国から舶載された。
例えば、道元が持ち帰り生家の久我家に贈ったとされる「久我肩衝(かたつき)」は、茶入の渡来経過を伝えるとともに、貴重視され、ひいてはその由来が茶入の由緒として語り継がれるという、きわめて日本的な状況をつくり出すし、その物語性が茶の湯の一つの側面を担うというあり方である。

抹茶(まっちゃ)を入れる器の総称であるが、一般的には濃茶(こいちゃ)用の抹茶を入れる陶製の茶器の総名。
通常は象牙(ぞうげ)の蓋(ふた)と、金襴(きんらん)、緞子(どんす)、間道(かんどう)などの古裂(こぎれ)でできた仕服(しふく)といわれる袋が添えられ、シタン、コクタン、タガヤサンの材、あるいは塗り物の容器でつくった挽家(ひきや)に納められ、さらに箱に入れて保管するようになっている。

蓋には象牙が用いられ、蓋の裏は金箔張りが施されていることが多い。
唐物茶入(からものちゃいれ)
中国産の茶入であり、室町時代以前にもたらされたものが尊ばれている。
国焼茶入(くにやきちゃいれ)
日本で作られた茶入を指す。
日本の茶入は、最大の窯業地である瀬戸で制作が始まった。
瀬戸以外の窯で制作したものは国焼茶入という。
当初は瀬戸焼を中心にして唐物を模倣して作られていたが(特に「古瀬戸」(ふるせとあるいはこせと)と呼ぶ)、江戸時代になると小堀政一(遠州)などの指導で日本独自の形式が生み出されるようになった。
大海(たいかい)
横広の茶入であり、古様な茶入とされる。
小さいものは「内海」(ないかい)と呼ばれる。
茄子(なすび)
上にすぼまる形の小型の茶入。
本来は肩衝よりも格式が上であり、古くは必ず漆塗りの盆に乗せて用いることを倣いとした。
微妙な形の相違によって、「文琳」(ぶんりん)や「尻膨」(しりふくら)などと区別される。
歴史上特に有名なものを天下三茄子と称することがある。
肩衝(かたつき)
上方部(肩)が横に張り出した茶入で、茄子などに較べて力強い印象を与える。現在生産される茶入の多くはこの肩衝である。
また今日では、縦長の茶入を全て肩衝と呼ぶ場合すらある。
初花・楢柴肩衝・新田肩衝を天下三肩衝と呼ぶ。
他にも多くの種類があり、さらに名物にちなんだ細かな分類(名物手)もなされる。

中世の日本で施釉陶器の生産が遅れていたことから、中国から油壺(諸説あり)などとしてもたらされた施釉の小壺なども大切にされていた。
室町時代には抹茶を入れる容器として価値を高め、室礼の様式化に伴って優品が選ばれるようになると、特に優れた物には銘が与えられて「名物」となった。
また対となる陶器製の蓋は最初から製作されていなかったようであり、現在見るような象牙の蓋は日本人が付けたと考えられている。
特に桃山時代にはその優劣を見極める技術(「目利」)は数寄者(茶人)の必須技能となり、「名物」を見るために多大な労力を払うようになった。
さらに小間の茶が追求される中で(わび茶参照)、書院に適した格式の高い茄子よりも、肩衝が重要視されるようになった。

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

錫製品や金工作品の諸道具の骨董品売却依頼を頂き、出張して錫の茶托や金属工芸品をお譲り頂きました。

写真が4枚あります。くわしくはこちら この 金工作品 の材質は錫で、時代は大正時代ごろのものだと思われます。小さな作品ですが、上品な作品で中国茶にはちょうど程よい大きさで裏側に秦蔵六の 刻印 があります。蔵六の作品ですが、時代を経てきた味わいのある茶托ですが彫り物も無く、最近では結構安い価格の買取商品です。錫製品の為、採光の加減で影ができたり、白く光っておりますが、状態の良い品物です。この作品は、競り市やオークションで買い受けた作品ではありません。直接お客様より買取させて頂いた、うぶ荷と呼ばれる貴重な蔵出しの作品で、現状のまま販売しております。お店では 骨董品 や 茶道具 の安価な品物を販売しており、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。 煎茶道具 の中には、錫で出来た道具が沢山ありますが、手入れや使用の注意をまとめてみました。金属 工芸品 は色の変色はありますが、特別な手入れはほとんど必要ありません。融点の低い金属で、火の傍に置かないことが大切です。また、長時間家庭用の冷凍庫へ入れっぱなしにしされても、変色や質感が変わります。使用する直前に急冷される程度なら問題はありません。最近身近に売っている「メラミンフォーム」と言う洗剤のいらない台所スポンジが錫、銀も傷めることが無く油汚れだけを綺麗に取り去ります。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地