用語集 terms

金工品

« Back to Glossary Index

金工品 ( きんこうひん )

鉄や銅など金属製の道具を総じて「金工品」あるいは「金物」と呼ぶ。
古く戦国時代には甲冑や刀、鎖帷子などの武具にはじまり、鍬や斧、鍋や包丁、鉄瓶などの生活用具まで、道具を生みだし修理する多様な職人が存在した。

金属を素材として作られた日常品や装飾品、またその加工技術で、一般に金工と呼ばれている。
金属に細工をした美術工芸品。鋳金ちゆうきん・彫金・鍛金・板金ばんきんなどを含む。

奈良時代には仏教が発展し、仏像・仏具の製造や寺院建築などが盛んになったことなどによって加工技術も進歩して、日本各地で金工品が発展した。  
金工品に用いられる金属は、おもに銀、 銅や銅合金、鉄、炭素鋼(鉄と炭素との合 金)、錫など。
食器・ 調理器具、花器、茶道具、神仏具、文具、置物、 装身具、刃物(包丁、大工道具、農耕具など) などがつくられた。
金工品の工作に用いられる技法には、 「鍛たんぞう 造」 、 「鍛たんきん 金」、「鋳 ちゅうぞう造」などがあります。  
「鍛造」は、金属の棒や塊をハンマーで たたいたり、型に押し付けたりして形づくる技法。
鍛金」は、金属の板をハンマーでたたくなどして形づくる技法。
鋳造」は、融かした金属を鋳型に流し込んだ後に冷やし固める技法。
また、表面加工の技法には、「彫金」、「象 がん」などがあります。
「彫金」は、金属 の表面に模様を彫りこむ技法で、東京銀器などに施されています。
「象がん」は、金 属などの表面を削り取ったところに別の素材をはめ込む技法で、肥後象がん(熊本) などに施されています。  
着色を施す場合は、漆などを塗る方法のほか、「煮込み」 、「焼やきいろほう色法」などの技法が用いられます。

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

掛軸の骨董品宅配買取を頂き、綺麗な仏画や数本の掛け軸をお譲り頂きました。

写真が18枚あります。くわしくはこちら 小林凰晁の作品です。購入当時の素晴らしい表具が施され、絹本 地で 共箱 が付いております。古い時代 の逸品ですが、ご覧のように、保存状態 の良い日本の 骨董品 を代表する 掛軸 です。このような観音像の図はたくさんありますが、綺麗で上品な 逸品 なので掲載しております。お店では時代を経てきた掛け軸や 日本画 を多数販売しておりますが、綺麗な状態の作品のみホームページに掲載し販売しております。面白い 図柄 で、状態の良い昔の 掛軸 や茶席の書画、高僧の書画は買取させて頂きます。 小林凰晁は明治22年京都生まれ、初号・春樵。後に凰晁と 号 しております。山元春挙に 師事 し、大正6年の第10回 文展 で褒状を受け、その後も11年の第4回 帝展 に入選するなど、3回の入選を重ね、また大毎展にも入選しました。戦後も竜安寺の近くに住んで画業に専心するが、昭和39年以降の消息は不明。 汚れや傷みがひどい掛軸、また落款や 書付 が読み取れない掛け軸でも高価な品物もあります。当店では、専属のシミ抜きや汚れを取る、表具の業者がおります、素人判断で触ったり、修理せずにそのままの状態でご相談下さい。また鑑定証や共箱は一緒にお持ちください。掛け軸の 名品 も数多く買取させて頂き、中国美術 の作家も得意としておりますので、お気軽にご相談ください。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地