用語集 terms

信楽焼

« Back to Glossary Index

信楽焼 ( しがらきやき )

滋賀県甲賀郡信楽地方で産する陶器。
開窯は奈良時代。
甲賀郡雲井村からこの時代の瓦が発見されている。
平安時代以降はこのほか、種壺や酒壺など日常雑器を焼いた。
赤褐色の焼締った地肌に暗緑色の灰釉 (かいゆう) がかかった信楽焼の特色は、平安時代末期頃から現れた。
室町時代末期、佗茶の流行に伴って武野紹鴎が茶器として取上げてから注目され、千利休、千宗旦、小堀遠州、本阿弥光甫、野々村仁清などが信楽の工人に意匠指導を行い、あるいはその土で各種の茶器を焼いた。
信楽の窯は伊賀の丸柱や槇山の窯と近接し、桃山時代以前の作品は両者の区別がむずかしいが、伊賀焼と比べ、形が単純素朴で土のきめがあらく、重量が比較的軽く、灰釉の調子がやや黒ずんでいるなどの特色がある。
江戸時代以降現在まで引続いて生産され、現在は火鉢や植木鉢などの大型の焼物も生産されている。

信楽地方から産する陶器。
鎌倉初期のころ成立、室町時代に茶の湯の勃興(ぼっこう)とともに注目された。
現在は雑器から茶器までが作られる。

滋賀県甲賀郡信楽町一帯で作られるやきものの総称。
その発生の背景には須恵器(すえき)生産の伝統があるとされている。
信楽焼は酸化炎焼成による無釉焼締め陶で、本格的な陶窯は平安末~鎌倉初期ごろから始められたとみられている。
しかし鎌倉時代の遺例は少なく、室町以降に属するものが多い。
中世の古窯址は信楽川をはさんだ丘陵地にあり、5群70基をこすとみられている。
器種は壺,甕(かめ)、擂鉢(すりばち)が主流で、素地(きじ)は長石粒や石英粒を多く含んだ山土を用い、明るく赤褐色に焼きあがったものが多く、肩に檜垣(縄目)文を刻んだり、自然釉のかかったものもある。

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

錫製品や金工作品の諸道具の骨董品売却依頼を頂き、出張して錫の茶托や金属工芸品をお譲り頂きました。

写真が4枚あります。くわしくはこちら この 金工作品 の材質は錫で、時代は大正時代ごろのものだと思われます。小さな作品ですが、上品な作品で中国茶にはちょうど程よい大きさで裏側に秦蔵六の 刻印 があります。蔵六の作品ですが、時代を経てきた味わいのある茶托ですが彫り物も無く、最近では結構安い価格の買取商品です。錫製品の為、採光の加減で影ができたり、白く光っておりますが、状態の良い品物です。この作品は、競り市やオークションで買い受けた作品ではありません。直接お客様より買取させて頂いた、うぶ荷と呼ばれる貴重な蔵出しの作品で、現状のまま販売しております。お店では 骨董品 や 茶道具 の安価な品物を販売しており、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。 煎茶道具 の中には、錫で出来た道具が沢山ありますが、手入れや使用の注意をまとめてみました。金属 工芸品 は色の変色はありますが、特別な手入れはほとんど必要ありません。融点の低い金属で、火の傍に置かないことが大切です。また、長時間家庭用の冷凍庫へ入れっぱなしにしされても、変色や質感が変わります。使用する直前に急冷される程度なら問題はありません。最近身近に売っている「メラミンフォーム」と言う洗剤のいらない台所スポンジが錫、銀も傷めることが無く油汚れだけを綺麗に取り去ります。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地