用語集 terms

図柄

« Back to Glossary Index

図柄 ( ずがら )

図案の柄や、模様のことです。
ここでは 骨董品茶道具美術品 などに使われるモチーフやデザイン、文様、工芸品 などの地の模様、配置された様子、構図などを総称して図柄と呼びます。

図柄」にちなんで、日本独自伝統 的な図柄のひとつ「和柄」についてお話します。
日本で古くから使われている伝統的な模様のことを和柄と言います。和柄には、日本で生まれたもの、中国や ペルシア など海外から渡ってきたものをアレンジされたものが浸透し、今でも使われているものなどがあります。日本ならではの面白い 伝統文化 です。

日本人は、昔から、花や草木、森羅万象のことがらを、意匠化してきました。例えば、「流水文様」は、小川をモチーフにした文様です。「松の木文様」は、長寿の象徴の松をモチーフにしており、めでたいときに喜ばれます。「桜文様」は日本人が愛する桜をイメージした文様で、草花が芽吹く春を連想させることから縁起が良いとされています。

「鶴文様」は、千年の命を持つ祥瑞の鳥、鶴がモチーフになった文様です。美しい立ち姿や飛び交う様子から日本でも特に好まれる吉祥文様です。同じく吉祥文様の「亀甲文様」は、鶴や松竹梅と取り合わせて、晴れの日の衣装に使われたりします。「蝶文様」は、武士の紋章にもなっている図柄です。さなぎから美しい蝶になることから不滅の象徴として好まれたようです。

「唐草模様」「市松模様」などは誰もが知っている有名な図柄ですね。唐草模様は風呂敷で良く知られています。市松模様は、江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が愛用したことから生まれた言葉です。舞台でこの模様の袴を着用したところ当時の女性の間で大流行しました。その他にも、「波千鳥」「七宝柄」「麻の葉」「青海波」など生活に馴染んだ和柄がたくさんあり、それぞれに縁起の良いいわれがあります。

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

旧家の自宅を取り壊され引手や釘隠しがあり、それらの金工作品の骨董品売却依頼を頂き、出張してそれらの金属工芸品をお譲り頂きました。

写真が16枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。時代は、昭和初期頃だと思われます。古い時代 の手作りの 職人技 が素晴らしい 逸品 で、分厚い金属の彫金細工が施され 非常に 重量感 があり、さすが昔の品物と思わせる綺麗な引手です。彫金細工 が丁寧に綺麗に施された逸品です。写真13のように、裏側に作家の 刻印 が入っております。手作りなので一枚づつ違いますが、重量は一枚が約100g前後です。古いものですが、写真をご覧のように非常に 保存状態 の良い引手です。 この作品は 引手 ですが日本の大切な金属工芸なので 伝承 された日本の 金工作品 について少し説明します。戦国時代以前から受け継がれた日本の 骨董品 や 茶道具 を代表する 金工品 の歴史は長く、江戸時代は勿論、明治から大正時代にかけて活躍した金工作家で 帝室技芸員 や人間国宝の人々沢山おられ、このような作品は特別高価買取対象で、驚きの価格でお引き取りできます。また種類は違いますが、金工品のなかで明治から大正期の 七宝焼 で活躍された作家も多くおられます。特に 内国勧業博覧会 や 展覧会 の出品作、御下命等により制作された作品は貴重とされ、特別高価買取対象です。売却依頼は是非古美術やかたに御相談下さい。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地