龍ケ崎市の骨董品・茶道具・美術品の買取について

茨城県出身の文明人には、松井康成といった陶芸作家、河鍋暁斎などの画家などそうそうたる人物がおられます。この他にも、探検家の間宮林蔵、「十五夜お月さん」や「七つの子」で知られる野口雨情、江戸時代の漢詩人の大窪詩仏、画家の雪村周継、日本画家のなど松本楓湖がおられます。雪村周継は琳派の尾形光琳や、狩野芳崖らが敬愛した画家で、伊藤若冲や歌川国芳らの先駆けともいえる画家です。岡倉天心や横山大観の業績を記念した天心記念五浦美術館や、茨城県陶芸美術館、板谷波山記念館などこの地ならではの美術館や博物館もあり、素晴らしい骨董品や古美術品、仏画などの売却のご相談も度々頂いております。横山大観の 晩年 の富士山を描いた作品は、人気があり、高価に取引されております。有名な作家の作品の売却を検討される際には、是非ご相談頂ければと思います。龍ケ崎市にも、古くから続く独自の歴史があり、史跡 や 名所、伝統 行事が残っています。茨城県は、水戸徳川家のお膝元で、幕府の宝として大切に保管され、代々受け継がれて来たような骨董品や茶道具なども眠っています。代々続く 商家 から御本茶碗や 織部焼 の  香合、煤竹で編まれた 茶箱 や銀製品の 茶道具 をお譲り頂いた時に、笠間焼の茶壺や柿釉の水瓶なども拝見しました。最近日本では の人気は薄れておりますが、最近では海外では、日本の大型の壺や花瓶などが、日本の美を表現している 美術品 として 六古窯 の甕や壺が高い評価を得ているそうです。観賞用の オブジェ としてたいへん人気があるそうです。茨城県からの、骨董品や美術品の売却依頼を楽しみにしております。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。