茶碗 高価買取いたします

茶碗 高価買取いたします

御本茶碗

茶器といえばすぐに茶碗が連想されるほどに、茶道具 や 煎茶道具 の中でも主要な道具です。

特に煎茶道具の中では、茶碗は、急須と共に重要視されます。煎茶で使われる 茶碗 はたいへん小さいです。小さきものを良しとする、煎茶の精神によるものです。茶道としての煎茶にふれた人達が最初に驚くのは、この茶碗の小ささと、その中に入っている茶量の少なさだと言われています。その由来については、手近かな酒杯を利用したことに始まるとも、中国の工夫茶の影響ともいわれています。工夫茶とは、主に半発酵茶である烏龍茶を淹れる手法のことです。

煎茶碗は、お茶の色がよく判るように、中は白い中白と呼ばれる茶碗が普通です。白い茶碗でも中に 図柄 があると見え方に影響が出やすく、赤色の柄では水色が濁りやすいため、特に、上級煎茶などで水色を楽しむ場合には、内側が無地の茶碗が良いとされています。煎茶碗の種類には、大きさ・形・素材によって4タイプに分けられます。玉露や上級煎茶など少量のお茶に使うのが、背が低く、口の広がった汲み出し茶碗。ほうじ茶・玄米茶・番茶など高温のお湯で淹れるお茶に向いているのが、縦長の形をした茶筒碗。茶筒碗は、背が高いことからお茶が冷めにくい特徴があります。他に蓋を被せることで改まった印象を与える蓋付き茶碗、冷茶や麦茶に活躍するガラス茶碗などがあります。独自の味わいがある茶碗はじめ美術品や骨董品は買取させて頂きます。

永楽 茶碗

素材は、磁器や 陶器 が中心です。染付 、 赤絵 、 金襴手 のものなど様々なものがありますが、染付のものが最も多いです。中でも中国陶磁古染付が珍重されています。煎茶は中国から 伝来 しましたので、最初の頃は、中国から渡って来た道具をそのまま使用していました。中国から伝わった文化ですが、花鳥風月 を愛でる日本人の気質にあい、 伝統文化 として見事に定着しました。江戸後期には、中国の煎茶碗に加えて、中国の碗を模倣して多彩な煎茶碗がつくられました。京都の作家で言えば、東山諸窯の陶工、青木木米の茶碗が有名です。

彫金細工 や象嵌細工が施された煎茶道具や 金襴手 の古陶器や 朱泥 の急須など、昔に輸入された唐物や細工の良い 煎茶道具 は当時 茶の湯 を愛好する人達にもてはやされました。その後、日本でも煎茶の風習が花開き、大坂、京都を中心に、中国美術古書画や古器に親しむ文人墨客によって、煎茶は広まっていき、日本独自 の道具も作られるようになりました。 日本の伝統技術である 象嵌細工 を施した金工作品などは 愛好家 に人気があります。この他にも青磁の 香炉 や蒔絵が施された 香合 など、日本独自の技法を駆使した優れた煎茶道具も多く作られました。

織部焼茶碗

煎茶道具は種類も多く、同じ道具でも宗派によって異なった呼び方をされることも度々あります。また同じ道具でも、流派によっては、使う場合と使わない場合があったりもします。特定の流派だけで使用される道具もあります。煎茶道で使用される主な道具には以下のようなものがあります。急須 、 茶碗 、茶托、湯冷まし、 涼炉 もしくは瓶掛、茶壺、 茶入 、灰炉、火炉、如意、建水、ボーフラ・湯罐、茶合 、水注など様々なものがあります。茶碗をはじめ美術品や骨董品など買取させて頂きます。

 

 

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

日本の金工作品を代表する銀瓶の骨董品売却依頼を頂き、宅配で数点の純銀製品をお譲り頂きました。

写真が39枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。京都の打物師 田中鐵邦(1904年~1993年)の 金工作品 で、銀瓶 の 愛好家 の間では非常に人気のある作家で貴重な 名品 で高価買取させて頂きました。この 金工作品 の茶道具の銀瓶で、材質は純銀製品で 共箱 です。写真33のように、底に「純銀」の 刻印 と 銘 が入っています。本体部分には、細密 なタッチで、昔の職人の 技法 が光る田中鐵邦ならではの四季の草花の 彫刻 が丁寧に施されており、愛好家 の間では貴重な名品です。昭和初期頃の昔の品物で、銀の変色が見られますが、簡単に綺麗になります。競り市やオークションで買い受けた作品ではなく、直接お客様より入荷した作品で、古い時代 の現状のまま販売しております。採光の加減で白く光っておりますが、凹みや傷等無く、保存状態 の良い品物です。近年、金工作品や 銀瓶 はアジア圏からの輸入品が多くみられますが、当店では、日本の古い品物のみを販売しております。このような日本で作られた骨董品の銀瓶、買取させて頂きます。 この銀瓶は日本の 伝承 された 金工作品 の技術が使われており、日本の金工作品について説明します。千年近く受け継がれた日本の 金工品 の歴史は長く、また明治時代になり帯刀禁止令が出て、昔の 職人技 に、工夫を凝らし、香炉や 花入 れ、自在金具を作り、それぞれ独自に開発された技法の金工作品は、規格が統一されて、カタログで販売できるようなブランド品ではありません。一点物の金工作品には多くの偽物があり、確かな 鑑定 眼が求められます。また、当店では、金工作品の入荷をお待ちのお客様も多数いらっしゃいます。一点数百万円の金工作品を販売できる信用と鑑定眼がある古美術やかたならでは、高価買取させて頂けるのです。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地