嵌める技法

嵌める技法

彫金 技法 の中の一つである金属象嵌には、平象嵌、切り嵌め、高肉彫色絵象嵌、線象嵌、打ち込み象嵌、黒金象嵌、銷し象嵌などがあります。平象嵌は、本象嵌ともいい、窪みを掘って図案に沿って切った金属板を嵌め込む技法。切り嵌めは、透かし抜いた 図柄 の穴にピッタリ合わせ嵌める技法。高肉彫色絵象嵌は、高肉彫りを施した金属板を嵌め込む技法。その他、 古陶器においては、いったん成型した器に 彫刻 を施し、そこに色の異なる土を象嵌する方法があります。また金属ではなく、薄く削った貝殻をはめ込む技法は螺鈿と呼ばれる。螺は貝のことで、鈿は象嵌のことである。 珊瑚象牙翡翠などの宝石を嵌め込む 蒔絵芝山蒔絵という。また、様々な色調の木材をはめあわせて絵の板を作り、それをカンナで薄く削り、和紙に貼り付けたものは、いわゆる 寄木細工 の技法のひとつで、木象嵌と呼ばれる。

昔の古い時代には、一応は金工作品とは言えるが、 金工細工 の技術も未熟で彫金細工象嵌細工打ち込み、打ち出しの出来る 金工師 も無く、簡単な装飾が施されているだけだった。しかし、時代と共にこのように 古い時代 から 伝承 された伝統技術を駆使して 独学 や先輩から技法を学び改良し、新しい 日本独自美術工芸品 やいろいろな 文化遺産 が 伝世品工芸品 として残されてきた。

金属素地に色彩溢れる多種多様の金属を嵌め込む 象嵌 の中でも、鉄地の表面に多方向から細い切れ目を入れ、その出来た谷部に金銀等を打ち込む象嵌技法を特に布目象嵌といい、京都において、繁栄した。布目象嵌は純銀純金を使用するために、ポルトガルから日本に布目象嵌が伝えられた当時から大変高価で庶民が手を出せる物では無かった。そのため、代用品として 漆塗 の中の蒔絵が発達したと言う経緯がある。

国内に現存する、最古の 象嵌細工 は、 神道美術仏教美術 の石上神宮神宝の七支刀です。全長75cm、表裏に文字を金を用いて象嵌されています。日本書紀‘‘ 神功皇后が百済から献上された ’’とある七枝刀にあたる。京象嵌、いわゆる布目象嵌技法の歴史は、鉄砲伝来に始まり、ポルトガル人によって持ち込まれた鉄砲に施された装飾起源説が有力である。このように 日本古来 の伝統技術が改良され、使い良い戦いの 調度品装飾品 として役に立つ 名品 が作られてきた。そして 緻密打ち出し 細工や 細密 な技法を駆使した 金工品 の装飾品が残され、素晴らしい 逸品 が少しずつ作られるようになった。

鉄砲へ施された鉄地への金銀装飾技術はすぐに流行し、武器・武具へ広く応用された。布目象嵌は、武家社会と密接した金工技法といえる。布目象嵌にとっての転機は、明治9年の帯刀禁止令です。廃刀令 が出るとその武器・武具への需要が全くなくなってしまい、生き残りを掛けた職人たちは政府の指導のもと、新たに美術装飾品や装飾小物を手掛けた。それがジャポニズムに沸く外国人に高く評価され、パリ万国博覧会を機に、ヨーロッパを主に広く輸出された。

このように日本古来の 伝統技術 の各々の技法を学び、それぞれの流派や師匠に長年にわたり 入門弟子 入りして、骨董品美術品 の名品を制作し、やっと自分の 称号襲名 出来るので、ここまで来るのに非常に長い年月を要し、日本独自の 技法を確立していきました。

 

 

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼で、永楽善五郎の盃をお譲り頂きました。

写真が26枚あります。くわしくはこちら 口径約 5.8cm 高さ約 2.8cm 高台径約 2.5cm 地方のお客様で近くには本格的な古美術骨董店が無く、どうしようかと考えておられましたが、偶然当店のホームページをご覧になり、お電話を頂きました。殆どは売却されておられたようですが、先代が残された 古道具 が少しあるので、メールに写真を添付して頂き、宅配買取で同じ品物を数点お送り頂きました。永楽妙全(夫は14代永樂得全)の作品です。この作品は、明治時代に作られた作品です。 一個づつ永楽善五郎の 共箱 に入っており、贈答にも最適な未使用品です。骨董品 のなかでも、最近では酒杯が人気があり、白磁や 青磁 の酒杯が特に人気です。独特の金彩が綺麗な 逸品 です。採光の加減で白く光っておりますが、傷、欠け等無く、保存状態 の良く、綺麗な 完品 です。このような昔の 職人技 が素晴らしい永楽善五郎の作品は、高価買取させて頂きます。 当地の近くには大学や博物館、また美術館の研究機関が有り、半端の品物や、傷、欠けがあっても参考品や学術品として活用され、高価ではありませんが無駄なくお譲りさせていただきます。また、昔の古い品物などは殆ど汚れて変色や変形しており、こんな物、あんな物と思われがちですが、古美術骨董の世界では、古いから 骨董品 になり、お持ち頂ければたいへん役立つ物もあります。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地