古九谷 高価買取いたします

当店の掲載写真は実際に販売している商品です。
骨董品・古美術品の買取依頼は、一生に一度のチャンス、一度売却されればもとに戻りません。

古九谷 高価買取いたします

江戸時代、明暦(1655~1658)から元禄(1688~1704)にかけて加賀国九谷で焼かれた考えられる色絵磁器を、現在「古九谷」と呼んでいます。基本的には 白磁 、白釉陶、白化粧地透明釉陶などを 素地 として、特殊な絵具で文様を 上絵付 し、低火度で焼き付けた古陶器です。染付 、天目、 青磁などがありますが、渋く豪放な 作風色絵 が特にすぐれています。色絵陶磁器 の装飾 技法 の一つで、五彩赤絵錦手 、染錦手、十錦手などの総称です。中でも青手、と呼ばれる緑と黄を大胆に使った器は古九谷を代表する様式です。

                      色絵鳥文輪花皿

特に日本の 赤絵 は世界でも名高いですが、 柿右衛門 が長崎在住の中国人に学んで創始したものといわれています。その 技法 が広まり、伊万里焼 は長崎の港から、日本や遠く海外にも 交易 で大量に運ばれました。中国の五彩磁器の影響を受けて発展した濃厚な色彩、躍動感あふれる大胆な構図の古九谷様式の伊万里焼は、一方では輸出需要からヨーロッパ好みの軽やかな赤の色彩が主役の柿右衛門様式へと展開し、一方では将軍献上用に格調高く仕上げられた鍋島焼に技術が応用されていきました。美術品や骨董品、古九谷は買取させて頂きます。

しかしながら、「古九谷」に関しては、産地をめぐって各論があります。開始時期をはじめとして、その発展の経緯や廃窯の時期、有田焼との関係など、その窯跡が発掘調査された現時点においても明確な結論が出ていません。17世紀初頭に日本で初めての磁器を焼きはじめた佐賀県の有田では、1640年代頃、色絵磁器の焼造にも成功します。一方、同じ17世紀中頃、加賀の九谷でも磁器窯が築かれました。1655年に、加賀藩の命により、有田で陶技を学んだ後藤才治郎が、九谷村で開窯したのが始まりです。豪快な色絵磁器が作られました。しかし、この九谷の窯はわずか100年たらずで廃窯してしまいます。その後、19世紀に入ると加賀に複数の窯が築かれることとなり、特にそのうちの吉田屋窯では、色絵磁器を「古く九谷でつくられたやきもの」であると考え、手本としました。こうして再興された19世紀の九谷焼に対して、手本となった色絵磁器は「古九谷」という名称で呼ばれるようになりました。このように、石川県加賀市山中温泉九谷町で焼かれた焼物をさす場合と、古九谷様式の 色絵 磁器をさす場合とに大別されます。石川県の九谷で江戸時代前期に磁器が焼かれたことは窯跡調査で判明しており、この窯址からは1656年、明暦2年の染付の陶片が出土していますが、これは世に伝世する古九谷とよばれる色絵磁器とは結び付きません。この古九谷と呼ばれている伝世色絵磁器は、現段階では伊万里焼である可能性が濃いと言われています。

九谷焼のような各藩の御用窯、藩窯は 、古い時代 から日本各地に様々ありました。日本では平安時代の猿投窯などがこれにあたり、世界では中国美術の官窯にあたり、乾隆年製と銘がはいっていたり、五彩、粉彩の陶磁器にもみられて、素晴らしい上手の名品として高価に取引されています。美術品や骨董品、古九谷は買取させて頂きます。

 

 

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で刀装具の鍔をお譲り頂きました。

写真が17枚あります。くわしくはこちら 横幅約 8.5cm 縦幅約 9cm 厚み約 0.4cm 重さ約 171g 江戸時代末期から始まった 北前船 は、小樽から坂田、越前を通り、境港や門司そして広島に紀行して大阪まで商いの船旅を繰り返していました。その結果、豪商 と言われる成金やお金持ちが出来、庭には鶴が飼われていた豪邸もありました。そのような人々は、お金にあかして素晴らしい 古美術工芸品 をそれぞれの地方に集め、収集されていた コレクター もおられました。このような地方から買取させて頂いた品物でも、その地区、その地区により豪邸から流出した 名品 に出会う事もあります。この 鍔 は時代は、江戸時代の大振りの鍔です。先代が コレクター のお客様より直接買取した品物で、優美で 重量感 のある作品です。地金は鉄で出来ており、時代を経てきた 鉄味 が素晴らしい作品です。刀装具 にもいろいろありますが、鉄地を使った作品は、合金の四分一や 赤銅 よりも細工が難しく、伝承 された昔の 職人技 が大切になってきます。侘びや寂びを感じる、日本古来 の 図柄 、月に雁の図で、銀の象嵌細工が、さすがと思わせる昔の職人技が冴える美術品です。採光の加減で白く光っておりますが、状態の良い 金工作品 です。 古美術やかたのお店には、日本はもとより、諸外国のお客様に、1日100名近くご来店頂いております。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地