洋画作家

洋画作家

西洋画とは、ヨーロッパで発達・普及した画材、 技法 で描かれた絵画のことで、 西洋画 の分野には、油絵、陶板画、 水彩画 、 パステル 画、テンペラ画などがあります。 絵具 などそれぞれ異なった画材を用いて、多彩な表現技法で描かれており、それぞれに大きく異なった 画風 、違った味わいがあります。洋画は、日本人らしい題材と西洋風の色彩が魅力で、日本画から培われた日本人ならではの 日本独自 の  作風 が、 洋画 の魅力です。

西洋画家の油絵の作家とは、 明治維新 以降の日本人の画家のうち、西洋から伝わった  油彩画  ・ 水彩画 の洋画を制作する 画家 を指します。近代以降の日本の絵画が、 水墨画や 花鳥画 の日本画 と、また洋画という2つのジャンルに分かれてからの言葉で、日本人以外の海外の画家に対しては用いないし、平賀源内は油絵を描いたが画業を営んでいたわけではない為、やはり洋画家とは呼べません。

代表的な洋画家としては、猫と女をテーマとする作品を多く残しているエコール・ド・パリを代表する藤田嗣治、 画壇 の仙人と呼ばれた熊谷守⼀、日本洋画界を代表する 梅原龍三郎 などがいます。また、ヴェネツィアで学んだ壁画技法フレスコ画をアフレスコ古典画という名称の 技法 に昇華させ、 名品 を生み出している絹谷幸⼆なども挙げられます。この他に、香月泰男、三岸節子中川⼀政児玉幸雄 、森本草介といった日本人の西洋画家が、 著名 です。これらの洋画作家の作品の中には、 皇族 や 豪商 などに買い上げられ コレクター 品として愛されてきた 逸品 も多く残っています。

 

 

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

掛軸の骨董品宅配買取を頂き、綺麗な仏画や数本の掛け軸をお譲り頂きました。

写真が18枚あります。くわしくはこちら 小林凰晁の作品です。購入当時の素晴らしい表具が施され、絹本 地で 共箱 が付いております。古い時代 の逸品ですが、ご覧のように、保存状態 の良い日本の 骨董品 を代表する 掛軸 です。このような観音像の図はたくさんありますが、綺麗で上品な 逸品 なので掲載しております。お店では時代を経てきた掛け軸や 日本画 を多数販売しておりますが、綺麗な状態の作品のみホームページに掲載し販売しております。面白い 図柄 で、状態の良い昔の 掛軸 や茶席の書画、高僧の書画は買取させて頂きます。 小林凰晁は明治22年京都生まれ、初号・春樵。後に凰晁と 号 しております。山元春挙に 師事 し、大正6年の第10回 文展 で褒状を受け、その後も11年の第4回 帝展 に入選するなど、3回の入選を重ね、また大毎展にも入選しました。戦後も竜安寺の近くに住んで画業に専心するが、昭和39年以降の消息は不明。 汚れや傷みがひどい掛軸、また落款や 書付 が読み取れない掛け軸でも高価な品物もあります。当店では、専属のシミ抜きや汚れを取る、表具の業者がおります、素人判断で触ったり、修理せずにそのままの状態でご相談下さい。また鑑定証や共箱は一緒にお持ちください。掛け軸の 名品 も数多く買取させて頂き、中国美術 の作家も得意としておりますので、お気軽にご相談ください。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地