涅槃図 高価買取いたします

涅槃図 高価買取いたします

              十六善神画幅

涅槃図は、釈迦入滅の場面を描いた仏画 で、涅槃会の本尊として用いられます。横臥する釈迦を中心に菩薩や仏 弟子 、会衆や動物に到るまでらが釈迦を取り囲み、嘆き悲しむ情景を描いています。現存する、わが国最古の涅槃図は1086年の金剛峯寺本で、それに続くものとして東京国立博物館本や和歌山県浄教寺本などが平安時代末期から鎌倉時代初期の作として知られています。飛鳥時代奈良時代には仏教自体が伝わっていたかもわかりませんが 仏画 の涅槃図まではとうてい知られてはいないのです。

美術品や骨董品、そして涅槃図買取させて頂きます。

仏涅槃図は、平安時代に始まり、鎌倉時代に形式が完成したといわれています。仏涅槃図は平面的な表現の 日本画 で、平安時代にまでは横長の形式です。鎌倉時代以降は禅宗文化の発展とともに、縦長の俯瞰図が普及しましたが本紙は 絹本 より 紙本 が殆どでした。鎌倉時代後期以降の作としては、愛知県甚目寺本があり、横長または正方形に近い画面で、会衆人物が少なく、穏やかに表現されています。また、和歌山県長保寺本は画面が縦長くなり、沙羅双樹も丈高く表し、会衆人物や鳥獣虫類が数多く、悲嘆の様子も強調されています。香川県與田寺本のように、横長の画面で、会衆人物や鳥獣類が数多く見られる折衷形式のものもあります。このように、涅槃図は他の釈迦を描いた仏教絵画とともに宗派を問わず多くの寺院に具備されており、鎌倉時代から室町時代の作が多く極彩色の作品もあったのです。鎌倉後期には宋元画の影響を受けました。

仏教とともに、伝来した 仏画 ですが、長い年月を経る中で、 職人技 を尽くし、日本独自 の文化として華開かせました。歴史ある 神社仏閣 には、 伝世品経筒経箱 、などと共に優れた 仏画仏教美術 が保管されていることがあります。現在では、このような 仏教美術 や  神道美術骨董品仏書金工作品金銅仏 などは、各地で大切に保管され、 博覧会展覧会 などで拝見する機会もあります。 愛好家 も多く、大切に受け継がれてきた、日本の 文化遺産 です。美術品や骨董品、そして涅槃図買取させて頂きます。

 

 

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

鏑木清方の美人画の掛け軸を、お譲り頂きました。

この作品は以前に販売させて頂いた作品で、販売価格を提示してお譲り頂きました。先に写真をお送り頂き、お引き取り価格を決定し宅配でお送り頂きました。鏑木清方の得意とする美人画で、40×51cmサイズの 絹本 に彩色が施された掛け軸「雪の竹」です。共箱 で東京美術俱楽部 鑑定 委員会の鑑定証書が付いております。清新な感覚で粋の美意識を反映した、清らかで優美な女性の姿を描いた近代的美人画や風俗画に多くの秀作が残されており、晩年に描かれた 美人画 のなかでも、浮世絵 のような大首絵(胸から上の構図)の 構図 の方が人気で、五百万円を超える作品もあります。絵画の一般的な価格は 図柄 や制作年代、作品の出来具合によって、変動します。 当店では、共箱 から出て迷子になったり、バラバラになっている品物をもう一度、元の共箱に戻したり、少しでも高く売却出来る状態にして、買取させていただいております。書付 や鑑定書、また許可証等が作品と別々に離れていても、作品と一体に合わせ、完全な状態での買取をさせて頂いております。        

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地