煎茶道具 高価買取いたします

煎茶道具 高価買取いたします

                          三浦竹泉 泡瓶

元々は煎茶の風習は、中国から伝えられた茶道です。中国美術で紹介した中国茶と日本の 煎茶道具 は同じような 諸道具 を使います。例えば、煎茶碗や 茶托 、 茶合 や 涼炉 、そして、水注や 茶碗 といろいろありますが、国によって呼び名は変わることがありますが、使い方は同じです。また中国茶では天然に出来た自然の 古い時代 から使われてきた 鉄味 や 木味 のように、天然の味のある作品に人気があり、古陶器が多くあるのも中国美術の一つです。たとえば、古い時代の天然木で出来た木味の素晴らしい 逸品 が好まれます。また、昔からある竹の煤竹や紋竹、竹根で作られて使いこなされ色があせてきた古く見える、天然の品物の 愛好家 が多くおられます。美術品や骨董品、そして煎茶道具買取させて頂きます。

                 純銀霰煎茶器

初期には、中国から渡って来た諸道具を主として使用していましたが、日本での 煎茶道具 の発展とともに、飲まれるお茶そのものの変化に応じて、日本独自の新しい道具も作られるようになり、煎茶の道具は種類も多く、その名称も耳なれないものが多くあります。また、年月と共に、いろいろな流派が出来て、流派によっては、使う場合や作法も違い、道具の呼び名、名称も変わる場合があります。特定の流だけで使用される特殊な 工芸品 や諸道具も中にはあります。煎茶道で使用される道具でも如意茶合のように天然の素材が使われているお道具では、古くて珍しい 珍品 等が中国では人気があります。美術品や骨董品、そして煎茶道具買取させて頂きます。

 

 

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

面白い金工細工の名品の買取依頼を頂き、出張してお譲り頂きました。

写真が36枚あります。くわしくはこちら 時代は江戸時代頃のものだと思われます。昔の素晴らしい 職人技 が活かされた 逸品 で、当時でも高価な品物だったと思われます。飾り金具(留め金具)の鬼も 銘 が有り、小品ですが面白い象嵌細工が施されております。飾り金具に銘が有りますが、作者についてはよくわかりません。裏座は色合いが金のように思われますが、刻印 はありません。このような素晴らしい 名品 の裏座には金が使われていることがよくあります。饅頭根付は鉄地に 象嵌細工 や彫金細工が施されております。硬い鉄地にこのような綺麗な細工を施すのは難しく、伝承 された昔の職人技ならではの名品でこのような 骨董品 や 茶道具 は高価買取させて頂きます。最近では滅多に見られない非常に珍しい逸品です。緒締めは 瑪瑙 で出来ております。この作品は使用せずに 伝承 された名品で、未使用品の綺麗な状態で傷んでいる箇所は無く買取させて頂きました。 黒四分一 (金一分差し)  四分一 を40%と 赤銅 を60%合わせたものに、さらに金を1%混ぜた合金のことです。煮色仕上げで赤銅の青みがかった黒とは異なった黒色が得られます。この作品は四分一合金、別名 朧銀 とも言われている制作技術と同じように用いられる 技法 で、四分一合金とは色合いや質感が変わり、独特の優雅さが生まれ、一部の 愛好家 には特に好まれます。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地