用語集 terms

茶碗

茶碗 ( ちゃわん )

茶の湯 で使用する、茶を入れる陶磁製の碗のことです。
奈良時代から平安時代にかけて、お茶と共に日本に伝来しました。
碗形のものが多く、他に、筒形や平形、輪形、半筒、端反、沓形などがあります。
天目形、井戸形などのように、茶碗の特徴が形状名になっているものもあります。

井戸茶碗
16世紀の李朝時代の民窯で雑器として焼かれた朝鮮茶碗の一種です。
楽焼
16世紀の天正年間、利休の考えにより、京都の楽家、初代長次郎が作ったのが始まりです。やわらかい土を手捏ねして焼き上げます。手捏ねのため、見た目の不安定さの中にあるどっしりとした安定感ありますが、とてももろい茶碗です。
唐津焼
平安時代、肥前国で広く焼かれていた茶碗で、素朴さの中にずっしりとした重厚さがあります。
萩焼
長門国(山口県)萩市で毛利輝元が朝鮮陶工を庇護して焼かせたのが始まりです。高麗茶碗、井戸茶碗、粉引系の白濁釉のかかったものが多く、肌合いも温かく、扱いやすい上に気品のある茶碗です。九谷焼
釉上着画色絵物が多く、色彩も美しく、お茶も点てやすい。絵柄が豪華すぎるものは茶道具としては適切ではありません。
織部焼
現在の岐阜県土で桃山時代に焼かれた陶器で、古田織部の指導で造られたと言われています。意匠が斬新で自己主張も強く、侘びの茶道という観点から見ると、抹茶茶碗としては不向きな部類に入るでしょう。
志野焼
安土桃山時代に古田織部の指導で作られたといわれる、瀬戸系窯で焼かれた白釉手の雑陶。重量感はありますが、底が広すぎるために茶筅を振る深さに必要な量のお茶となると、とても点てにくい茶碗と言えます。
砥部焼
愛媛県伊予郡砥部町の磁器で、青白い白磁が特徴である。磁器でありながら、物によっては陶器のように扱いやすい茶碗で、硬さがあり、茶道の初心者でも安心して扱える茶碗。
常滑焼
平安末期から鎌倉時代の茶碗で、自然釉を使い、質素で硬さのある茶碗。江戸時代以降は朱泥の陶器で知られています。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼で、金工作品で純銀製品の茶入を売却頂きました。

写真が15枚あります。くわしくはこちら 最大横幅約 7cm 高さ約 9.2cm 重さ約 193g ご高齢の女性のお客様でしたが、ご自宅の整理をされていて、査定して頂きたいと、お写真を持って来店されました。その後ご帰宅されてから買取して頂きたいと作品を宅配でお送り頂きました。先代が 茶道具 の 愛好家 で、大切にされていた 逸品 だけに、家族の方々と相談され、お返事を頂いたようです。煎茶道具 の写真を見せて頂いて、買取価格を提示して自宅に帰られてから数点の 逸品 を送り頂きました。この 茶入 れは材質は純銀製品です。時代は大正時代前後頃で、煎茶道具の 茶入 です。金工作品 ですが、ご覧のように、手打ち で施された鎚起 技法 の槌目模様が美しく、丁寧に作られた 逸品 です。作品の底に「純銀」と 刻印 が入っております。最近ではこのような 金工作品 の茶入が中国のお客様に人気があります。採光の加減で白く光っておりますが、未使用品に近く、保存状態 の良い品物です。 このような 茶入 の形で、大きな茶壺も人気があり、お持ちのお客様がおられましたら高価にお譲りさせて頂きます。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地