買取実績 buy

茶道具売却で青森県十和田市より、中国陶磁器の茶入をお送り頂きました。

売却例の説明
骨董品古道具 は殆ど処分してしまって無いと聞いていましたが、母が亡くなり、もう一度整理をしていたら分からない品物が出てきたので、遠くですが古美術やかたさんのホームページを見ると同じ様な品物を販売されているので、買取って頂けませんかと東北地方の十和田市のお客様に、お電話を頂きました。早速写真を添付して二~三の品物の写真をお送り頂きました。この 古陶器中国美術茶入 で、日本の時代なら明治時代逸品 です。清朝時代の逸品ですが、中国茶の世界では人気があります。中国の景徳鎮で作られた中国陶磁ですが、時代がもう少し古ければ高価買取させて頂ける 名品 ですが、頑張って高値でお譲り頂きました。このような清朝時代の 茶碗煎茶道具 でも作品が 官窯 なら非常に高価に取引されており、お引き取り価格も高価にお譲り頂けます。

茶入れの説明を少しさせて頂きます。濃茶を入れる陶器製の濃茶器の事で、抹茶を入れるのに用いる茶器全体を、茶入と言います。大きな茶壺に対して、小壺で、最近では濃茶を入れる容器として濃茶器とも言われています。茶入には、唐物 茶入と呼ばれる中国産の 茶入 や国焼茶入と呼ばれる日本で作られた茶入があります。他には、大海茶入で横広の茶入や茄子と呼ばれる上にすぼまる形の小型の茶入があり、肩衝と言われる上方部(肩)が横に張り出した茶入も有ります。一般的には、蓋には 象牙 が用いられ、蓋の裏は金箔が張られて作られております。