古い時代の粉彩

古い時代の粉彩

中国陶磁の白磁上絵付技法の一種で、中国清時代に、新しく開発された上絵付技法のことです。本焼きした白磁に、白色釉または、白色と混合した色釉で賦彩する方法です。この白色不透明な上絵具の出現により、 上絵付 の各色の濃淡表現が可能となり、 東洋古美術 を代表する作品が作られるようになりました。この技法は、ヨーロッパの 無線七宝 にならったとされ、原料は白色琺瑯粉からなります。西洋から中国に伝わった琺瑯の技法をベースに、清朝康煕年間末には江南の景徳鎮で開発され、官窯の重要な新技法として珍重されました。

琺瑯彩も粉彩技法の一種であるが、これは 白磁景徳鎮窯 で焼成した後、絵付を北京の宮廷内の 絵師 に行わせた、特別 上手 の作品です。 その絵の具が柔らかいため軟彩ともよばれ、わが国では十 錦手 といいます。不透明な絵の具はやや厚く賦彩され、その 絵付 の呈色は従来の五彩よりはるかに多彩であり、金によって臙脂、アンチモンによって黄色が呈色されて、その質感は洋画油絵に近いものがあります。金彩が加わった華やかなものが多く、 古伊万里 系統に多く使われ、金彩が鮮やかで華やかな絵が全体に描かれた 陶磁器 が多いです。

雍正年間にはさらに古月軒とよばれる絵画そのものを粉彩で表した絶妙な白磁が焼かれて、技法は頂点に達しました。粉彩をもって器表をすべて塗り詰めたものは夾彩と呼ばれています。粉彩はわが国には江戸末期の天保ごろには伝えられ、佐賀県の伊万里焼、愛媛県の 砥部焼、三重県の安東焼など各地の にすぐに普及しました。伊万里焼 や砥部焼は 日本独自技法 として発展し、たくさんの優れた古陶器が作られ 愛好家コレクター の御用達になりました。 宮内庁御用達芸術賞 になるような 逸品 も作られ今に残されています。

 

 

 

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

中川一政の作品で薔薇の絵をお譲り頂きました。

お店が沢山あるなかから、古美術やかたを選んで頂き有難うございます。いろいろな作品や 諸道具 がありますが、あんな物、こんな物と思わず、お気軽にご相談下さい。共箱 で無い品物や、破損した品物、また 保存状態 の悪い品物もご相談下さい。煎茶道具 や 金工作品 が人気があります。また、このような絵画も最近では若者にも人気があり、高価買取させて頂けます。この作品は出張させて頂き、お譲り頂きました。 著名な作家の中川一政の作品で、ボードキャンバスに油彩でかかれており、東京美術俱楽部の鑑定書が付いております。華やかな色彩で簡潔明快、清朗な独自の 作風 で晩年に描かれた薔薇や向日葵は人気作品です。特に、マジョリカ 壺 と一緒に描かれた薔薇や向日葵の作品は人気で高価買取させて頂きます。若年 の作品より、晩年 の1970年代以降の豪快な筆触と、鮮やかな原色対比の作品が好まれます。 このような晩年の作品は、高値でお譲りさせて頂きます。 中川一政、1893年(明治26)〜1991年(平成3)97才没。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地