文人画(南画) 高価買取いたします

文人画(南画) 高価買取いたします

     田能村直入          水墨画

文人画・南画とは、中国の明代に生まれた言葉で、中国の高級官僚や士大夫にならい、教養ある文人が嗜んだ余技的な日本画のことを指す。文人画・南画には、画中に詩が書かれていることが多く、詩とそれにふさわしい書体、詩の世界の絵画化、詩書が一致しているものが良い日本画とされ、高価で取引される。 技法 は、山肌や樹木などの稲位や凹凸をぼかしを表現する皴法の一種が特徴的で、指先や爪で描く指頭画もよく用いられた。

元々は、中国の中国美術や韓国の高麗時代時代の高麗仏画李朝時代の交易が、近代の日本に影響を与え掛軸山水画花鳥画 などの 図柄 が多く、中国や韓国から伝来して日本独自の 美術工芸品 として発達し、 伝承 されてきた。日本で文人画というジャンルが生れたのは、江戸時代中期頃に、中国からの書籍輸入の増大や黄檗宗の 伝来 、儒学・漢文学が盛んになったためとされる。

文人画は南宗画、ともよばれ、専門的な職業画家による北宗画、とは区別された。
墨のみで描かれる南宋画水墨画に対して、北宋画は着色された山水画で、鎌倉時代に日本に伝わり、室町時代に発展した。

熊代 熊斐 水墨画

北宗画の系譜で代表的な作家は雪舟、狩野正信狩野派など。雪舟や狩野正信らの水墨画は、やがて 日本独自 の技法で描かれるようになり、特に狩野派は室町末期から江戸期まで長く、日本画、日本 水墨画 の主流となった。

美術品や骨董品、そして文人画・南画買取させて頂きます。

日本人の文人や知識人が中国の南宗画を本格的に学ぶようになったのは、江戸時代の中期に入ってからのことで、その頃にはマンネリ化していた日本画の狩野派の絵に飽き、中国の詩書画三絶の南宗画という世界を知った日本の知識人たちが、最初は中国の絵手本に学んだとされる。日本の文人画を大成したのが池大雅与謝蕪村で、これらは南画、と呼ぶ。江戸時代後期に入ると、関西では岡田米山人、浦上玉堂青木木米、関東では谷文晁、渡辺崋山、中山高陽など多くの日本画家、文人画家が活躍した。

彼らは 中国画 の技法を伝承しつつ日本独自の文人画・南画を確立しており、 名品著名文化遺産伝世品 として残されている。美術品や骨董品、そして文人画・南画買取させて頂きます。

 

 

 

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼で、金工作品で純銀製品の茶入を売却頂きました。

写真が15枚あります。くわしくはこちら 最大横幅約 7cm 高さ約 9.2cm 重さ約 193g ご高齢の女性のお客様でしたが、ご自宅の整理をされていて、査定して頂きたいと、お写真を持って来店されました。その後ご帰宅されてから買取して頂きたいと作品を宅配でお送り頂きました。先代が 茶道具 の 愛好家 で、大切にされていた 逸品 だけに、家族の方々と相談され、お返事を頂いたようです。煎茶道具 の写真を見せて頂いて、買取価格を提示して自宅に帰られてから数点の 逸品 を送り頂きました。この 茶入 れは材質は純銀製品です。時代は大正時代前後頃で、煎茶道具の 茶入 です。金工作品 ですが、ご覧のように、手打ち で施された鎚起 技法 の槌目模様が美しく、丁寧に作られた 逸品 です。作品の底に「純銀」と 刻印 が入っております。最近ではこのような 金工作品 の茶入が中国のお客様に人気があります。採光の加減で白く光っておりますが、未使用品に近く、保存状態 の良い品物です。 このような 茶入 の形で、大きな茶壺も人気があり、お持ちのお客様がおられましたら高価にお譲りさせて頂きます。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地