江戸時代

当店の掲載写真は実際に販売している商品です。
骨董品・古美術品の買取依頼は、一生に一度のチャンス、一度売却されればもとに戻りません。

江戸時代

江戸時代は、徳川幕府の安定した政治体制が続いた時代です。鎖国政策により、海外からの影響を受けない、日本独自 の芳醇な文化が、花開き、育まれた時代です。代表的なものが、17世紀から18世紀の初めに、京都や大阪中心に盛隆した、元禄文化です。もうひとつには、18世紀末から19世紀の初めに、江戸を中心に盛隆した化政文化が挙げられます。

元禄文化の特色は、上方の 豪商 や武士を中心に、自由で豪華、洗練された美しさにあります。井原西鶴の好色物や町人物、松尾芭蕉の俳句などがあります。また、絵画の世界では、俵屋宗達や尾形光琳に代表される、大和絵琳派が花開きました。また、町人に生活を華やかに描いた、菱川師宣浮世絵などもあります。「見返り美人」はたいへん有名です。また、大阪と言えば、千利休を代表する 茶の湯 の文化も、江戸時代に大きく発展しました。この時期には、財力のある 豪商 や商人に、粋な 数寄者 が大勢おり、大名への献上品、大陸との 交易 や貿易の品として、素晴らしい 茶道具名品 が作られています。また、日本の 陶磁器 は、茶の湯と共に繁栄してきたと言っても過言ではなく、たくさんの素晴らしい 古陶器 がこの時代に作られています。千家十職 のお道具なども素晴らしいものが見られます。

一方、江戸時代の後半には、時代の流れもあり、享楽的で退廃的な文化、皮肉やしゃれが喜ばれる文化が興り始めました。これが、化政文化の特色です。小林一茶、与謝蕪村などの俳句、喜多川歌麿葛飾北斎、安藤広重などの、浮世絵や美人画名所絵が挙げられます。また、江戸時代後期には、歌舞伎が 全盛期 を迎え、東洲斎写楽役者絵などもたいへん人気がありました。また、江戸時代には、煎茶道が始まり、関東地方では、川上不白が煎茶道を広く広めました。黄檗掬泉流花月菴流など、たくさんの煎茶道の流派が盛隆し、素晴らしい 煎茶道具 も残されています。

このように、江戸時代には、素晴らしい茶道具や 骨董品 が数多く作られました。今では、江戸時代の浮世絵や古陶器はたいへん貴重になり、愛好家コレクター にたいへん人気があります。刀装具根付印籠、櫛・簪など、日本古来 の武家文化や着物の文化に根付いた素晴らしい美術品も多く残されています。

 

 

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で刀装具の鍔をお譲り頂きました。

写真が17枚あります。くわしくはこちら 横幅約 8.5cm 縦幅約 9cm 厚み約 0.4cm 重さ約 171g 江戸時代末期から始まった 北前船 は、小樽から坂田、越前を通り、境港や門司そして広島に紀行して大阪まで商いの船旅を繰り返していました。その結果、豪商 と言われる成金やお金持ちが出来、庭には鶴が飼われていた豪邸もありました。そのような人々は、お金にあかして素晴らしい 古美術工芸品 をそれぞれの地方に集め、収集されていた コレクター もおられました。このような地方から買取させて頂いた品物でも、その地区、その地区により豪邸から流出した 名品 に出会う事もあります。この 鍔 は時代は、江戸時代の大振りの鍔です。先代が コレクター のお客様より直接買取した品物で、優美で 重量感 のある作品です。地金は鉄で出来ており、時代を経てきた 鉄味 が素晴らしい作品です。刀装具 にもいろいろありますが、鉄地を使った作品は、合金の四分一や 赤銅 よりも細工が難しく、伝承 された昔の 職人技 が大切になってきます。侘びや寂びを感じる、日本古来 の 図柄 、月に雁の図で、銀の象嵌細工が、さすがと思わせる昔の職人技が冴える美術品です。採光の加減で白く光っておりますが、状態の良い 金工作品 です。 古美術やかたのお店には、日本はもとより、諸外国のお客様に、1日100名近くご来店頂いております。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地