用語集 terms

丹波焼

« Back to Glossary Index

丹波焼( たんばやき )

丹波焼は丹波立杭焼ともいい、兵庫県篠山市今田周辺で作られる陶器です。瀬戸焼常滑焼信楽焼越前焼備前焼 と共に日本 六古窯 の1つです。始まりは、平安時代の末期から鎌倉時代の初頭と言われ、大変歴史のある焼き物です。山の斜面を利用して 登り窯 から生まれる、土の温かみを感じられる素朴な佇まいの器です。青緑色の自然釉の  などが有名です。

以来800年の間、一貫して飾り気のない素朴な生活用器を焼き続けてきました。小型の壺や片口など日常の焼き物から始まり、桃山時代のあたりから、茶入水指し茶碗 などの茶器も焼かれるようになりました。

丹波立杭焼の特徴は、「灰被り」という独特の色と模様です。登り窯で焼かれる間に、器に振りかかった松の薪の灰と、土に含まれる鉄分、釉薬が溶け合って、独特の色や模様が現れます。灰のかかり方や炎の当たり方によって、さまざまな模様や色合いとなり、1つとして同じものが出来上がらないところが、焼き物の面白さです。

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

日本の金工作品を代表する銀瓶の骨董品売却依頼を頂き、宅配で数点の純銀製品をお譲り頂きました。

写真が39枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。京都の打物師 田中鐵邦(1904年~1993年)の 金工作品 で、銀瓶 の 愛好家 の間では非常に人気のある作家で貴重な 名品 で高価買取させて頂きました。この 金工作品 の茶道具の銀瓶で、材質は純銀製品で 共箱 です。写真33のように、底に「純銀」の 刻印 と 銘 が入っています。本体部分には、細密 なタッチで、昔の職人の 技法 が光る田中鐵邦ならではの四季の草花の 彫刻 が丁寧に施されており、愛好家 の間では貴重な名品です。昭和初期頃の昔の品物で、銀の変色が見られますが、簡単に綺麗になります。競り市やオークションで買い受けた作品ではなく、直接お客様より入荷した作品で、古い時代 の現状のまま販売しております。採光の加減で白く光っておりますが、凹みや傷等無く、保存状態 の良い品物です。近年、金工作品や 銀瓶 はアジア圏からの輸入品が多くみられますが、当店では、日本の古い品物のみを販売しております。このような日本で作られた骨董品の銀瓶、買取させて頂きます。 この銀瓶は日本の 伝承 された 金工作品 の技術が使われており、日本の金工作品について説明します。千年近く受け継がれた日本の 金工品 の歴史は長く、また明治時代になり帯刀禁止令が出て、昔の 職人技 に、工夫を凝らし、香炉や 花入 れ、自在金具を作り、それぞれ独自に開発された技法の金工作品は、規格が統一されて、カタログで販売できるようなブランド品ではありません。一点物の金工作品には多くの偽物があり、確かな 鑑定 眼が求められます。また、当店では、金工作品の入荷をお待ちのお客様も多数いらっしゃいます。一点数百万円の金工作品を販売できる信用と鑑定眼がある古美術やかたならでは、高価買取させて頂けるのです。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地