象嵌細工

象嵌細工

象は‘‘かたどる’’、嵌は‘‘はめる’’と言う意味です。元となる素材に異なる素材を嵌める技法のことです。象嵌は1200年以上の 伝統 を持つ最も古い 工芸品 のひとつで、古くから世界の国々において武器や宗教的な道具として用いられてきました。その技法は奈良時代にシルクロードを経て、仏教とともに日本に 伝来 しました。古いものでは四天王寺の七星剣をはじめ、 正倉院宝物 のなかの刀身の 装飾品 や、奈良の薬師寺本尊の文様などに施されています。日本国内に現存する最古の象嵌製品は 神道美術 の石上神宮の神宝・七支刀などです。

象嵌には、金工象嵌、木工象嵌、陶象嵌等があります。金属の素材に金や銀などを嵌め込む象嵌は金工象嵌といいます。金工象嵌は、シリアのダマスカスで生まれ、シルクロード経由で飛鳥時代に日本に伝わりました。金工象嵌には、布目象嵌・糸象嵌・ 平象嵌高肉象嵌 ・切嵌象嵌など、さまざまな技法があります。 古い時代 には、金工細工の技術も未熟で彫金細工や象嵌細工、 打ち込み打ち出し の出来る 金工師 も少なく、  緻密金工作品 も無く、金工品 と言っても簡単な装飾が施されているだけのものでした。時代を経て、伝統技術が工夫され、新たな 技法 も開発され、いろいろな象嵌細工や金工細工が生まれました。近年では黒四分一 や 四分一白四分一透かし彫り 等々いろいろな技法が開発されていきます。また、文様の打ち出しなどを装飾品として細工されたものもありました。このように少しずつ 日本独自 の金工細工の技術も磨かれ、名品とまではいきませんが、素晴らしい装飾が施された 逸品 が少しずつ作られるようになりました。

江戸時代には京都などに優れた職人が多数生まれ、日本刀の拵えや甲冑根付文箱、重箱などに腕を振るいました。素材としては金属だけではなく、彩色した木材や骨片、貝殻、陶磁器 なども用いられています。象嵌として有名なものに螺鈿がありますが、螺鈿とは薄く削った貝殻を嵌め込む技法で、螺は貝のことで、鈿は象嵌のことです。また、様々な色調の木材をはめあわせて絵の板を作り、それをカンナで薄く削り、和紙に貼り付けたものは、 いわゆる 寄木細工 の技法のひとつで、木象嵌と呼ばれています。

現存する金工作品の多くは、長年に渡って技法が 伝承 され、 彫金技法や 彫金細工 などが工夫され、 象嵌細工 、金工細工が施された逸品 、 名品珍品 が伝えられてきました。日本独自の 伝統技術 は  独学 で自分なりの 作風 や技法を盛込み、工芸品や 伝世品 を作り上げてきました。

 

 

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で、作家の陶芸作品や盃をお譲り頂きました。

写真が7枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。この盃は、清水焼の作家の作品ですが非常に綺麗で、丁寧に作られております。保存状態 も良く、キズやひび割れも無く大切に扱われてきた逸品です。著名な作家の作品ではありませんが、盃 のデザインが面白く、昔の 名品 を思わせる逸品で、安価な作品ですが紹介させて頂きました。最近では、このような盃も、煎茶道具 として使われており、特に中国茶を飲まれるアジアのお客様は好んで使われているようです。このような安価な 骨董品 や 茶道具 はお店で販売しているお求めやすい品物で、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。店頭では二千円から一万円までの楽しいアンティークの品物を沢山販売しておりますので、是非ご来店くださいませ。 このような盃は人気があり、茶道具の抹茶椀より遥かに人気があります。理由は中国茶を好まれるアジアのお客様にも人気があり、若者がお酒を飲むのにも使われており人気があります。このように茶道具より人気があり、またこのような作家の作品の盃も人気があります。この作品ですが 陶芸 作家で、このような作家の作品の場合、買取価格のお問い合わせを頂くときに作家の名前で聞かれる時がよくありますが、ご覧のように小品でも時間をかけたこのような力作は、高価に買取させて頂けますし、簡単に作られた作品では安価です。また若書き と 晩年 では、独自の境地を作った晩年の作品は一般的に高価に取引されています。またそれぞれの作家によっても、得意な図柄や人気のある 図柄 があり、それぞれの品物によって価格が大きく変動します。このような小さな盃でも同じような事が言えます。 昔からの作品を沢山持っておられるお客様、昔は最近では見られない 古美術工芸品 の 逸品 が数多くあり、今後の売却依頼される折には、是非古美術やかたにお願いしたいと思います。    

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地