美人画 高価買取いたします

美人画 高価買取いたします

                    新形手ぬぐひ

美人画とは、女性の美しさを強調して描いた浮世絵・ 版画 のこと。
江戸時代の浮世絵・版画に始まり、明治末から昭和初期にかけて活躍した竹久夢二の木版画などに代表される日本画の一様式を指す。モデルとされたのは、遊女や花魁、町娘など。

17世紀に江戸で生まれ明治の中頃まで作られた浮世絵には、歌舞伎役者を描いた役者絵、物語や歴史上の武将を描いた 武者絵、そして人気のある花魁や町娘を描いた美人絵、などが存在した。菱川師宣の見返り美人、は、浮世

絵、美人画の代表作として有名。江戸の人々に、写楽の役者絵や美人絵は、人気が高くもてはやされ広まった。中でも一般市民の中の美人を題材とした美人絵は、庶民の芸術 として世界中からも高く評価されている。その後、錦絵の確立とともに、華奢で少女のようなあどけなさを持つ女性を多く描いた鈴木春信の 美人画 が流行した。著名な作家で、天明期には鳥居清長の八頭身で手足が長く描かれた美人が好評を博す。寛政年間には喜多川歌麿が、より肉感的に美人を描き、 大首絵などで一世を風靡した。美術品や骨董品、そして美人画買取させて頂きます。

身近な美人を描いた絵師では写楽と歌川豊国が有名である。歌川豊国には、国貞と国芳という優秀な 弟子 がおり、国貞は三代目豊国を 襲名 、国芳は玄治店派と呼ばれる一派を形成し、その 技法 を 伝承 した。

 月岡芳年 風俗三十二相         はずかしさう

浮世絵の末期になると花魁など一部の女性だけではなく、一般市民の美人を題材にした美人画が描かれるようになった。文化・文政期以降になると渓斎英泉歌川国貞などが描くような嗜虐趣味や屈折した情念を表すような退廃的な 女性画 が広まる。これらは江戸での動きだが、京都でも源琦や山口素絢ら円山・四条派を中心に、京阪の富裕な 商家 層に向けて盛んに女性画が描かれた。

近代を代表する美人 画家 では上村松園竹久夢二などが有名です。明治時代になっても、浮世絵では幕末からの様式を引き継ぐ美人画がしばらく 印刷 されていた。大正時代は、竹久夢二が「夢二式美人」と呼ばれる浮世絵風の様式と大正浪漫を融合させた 女性像 で人気を博し、夢二の 婦人像 は現代に至っても非常に人気があります。

美術品や骨董品、そして美人画買取させて頂きます。

 

 

 

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却依頼を頂き、抹茶道具の茶碗を数点宅配買取でお譲り頂きました。

写真が5枚あります。くわしくはこちら この作品は、黒楽茶碗で 保存状態 も良く、茶の湯 では年中使用できる喜ばれる逸品で買取させて頂きました。作家の作品で印はや銘は有りませんが、千家十職 の楽焼茶碗に似た作品です。樂 吉左衞門の作品でも利休七選 などの 名品 には、銘 や印も無い作品も有ります。樂茶碗には昔の 職人技 が素晴らしい名品が数多く有ります。この作品は 名品 とまではいきませんが、お買い求め頂くお客様に喜んで頂ける 逸品 で買取ました。また 茶会 では、一楽、二萩、三唐津と言われるように昔から、湯が冷めにくく好んで使われた逸品です。 このような楽焼の茶碗は温もりの有る茶椀が 茶の湯 の 愛好家 には好まれており、そのなかの代表的な作品が楽茶碗です。なかでも年中使用できる黒楽茶碗の簡単な特徴を話しますと、手捏による腰の張ったやや低い軟質陶胎半筒形の 茶碗 です。口縁を内に抱え込み胴中ほどをわずかに絞り腰は強く曲がり、 高台 脇にかけて面取り風の箆削りを施されております。見込みは広く中央に茶溜りを浅く作り周辺も箆で削り込み薄造りに作られております。このような茶の湯で使われる茶道具の中でも一番高価で人気のある茶道具が黒楽茶碗です。 青森県つがる市のお客様より、抹茶道具の茶碗を数点宅配買取でお譲り頂きました。この黒楽茶碗は年中使用でき、千家十職 の楽焼茶碗に似た作品で紹介します。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地