鍔 高価買取いたします

鍔 高価買取いたします

          刀装具 鍔 大森英秀

鍔の形状には丸形・障泥形・木瓜形・拳形・角形・喰出形などが、様々な種類がある。金工作品で材質は鉄・銅・赤銅・金・南鐐、黄銅 など、複数の金属素材を組み合わせたものがある。金や銀は主に装飾品に使われたが、桃山時代には純度の高い金を鍔そのものの材質とした金無垢のものも残されている。また、平安時代頃から戦国時代においては、練革と呼ばれる革を切り出して膠や 漆塗 で固めたものが太刀を中心に用いられており、短刀や腰刀の中で鍔を持たないものには、柄縁と兼用の牛角製のものもあった。

刀剣の形式が太刀様式から抜き打ちに至便な打刀様式に変化すると、薄手に叩き締めた古刀匠鐔や、古甲冑師鐔と呼ばれる素朴な風合いの鉄鐔が作られるようになる。これは、あくまでも実用性を重視した中で刀匠・甲冑 師鐔が造られたためである。この刀匠、また甲冑師が甲冑を作る際に用いられた技法で、施される装飾は単に鉄地を簡単な文様を繰り抜いたもので、これを影透と呼んでいる。

刀装具  鍔  獅子と牡丹

の種類による特徴には、その時代背景だけでなく、制作された土地柄も色濃く反映されることがある。全国各地で多種多様な鐔が作られた。 室町将軍家に従属した同朋衆の正阿弥派は、デザイン性に優れた古正阿弥と呼称される 図柄 を残した。地を抜いた地透鐔を創始し、桃山時代には埋忠明寿・金家・信家を桃山の三名人と言い 巨匠 が、それぞれ独自の境域を切り開いて芸術性の高い作品を多く遺しており、彫る技法嵌める技法、また打つ技法をさらに磨き伝えられた。 特に、安土桃山時代以前の古正阿弥の初期の物に 名品 が多く、古正阿弥は槌目仕上げを、江戸時代の正阿弥は磨き仕上げを基本としている。このように伝承された伝統技術のおかげで、象嵌細工彫金細工の素晴らしい 名品 がうまれました。美術品や骨董品、そして鍔買取させて頂きます。

   刀装具 鍔 十二支

この他にも無銘ながら意匠の繊細さで知られる京透、武人の厳しい精神性を内包する尾張、金山鐔、赤銅地に深い 彫刻 を施した美濃、鉄地に真鍮を嵌入した応仁や平安城象嵌、細川三斎好みの侘び趣味の平田、布目 象嵌細工 の南蛮・利寿、乗意などの名人を輩出した奈良派など、多種多様な鐔が作られた。 剣豪として知られる宮本武蔵は、自らも多くの鐔を製作し、武蔵鐔と呼ばれる左右海鼠透の図案は有名である。

美術品や骨董品、そして鍔買取させて頂きます。

 

 

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

日本の金工作品を代表する銀瓶の骨董品売却依頼を頂き、宅配で数点の純銀製品をお譲り頂きました。

写真が39枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。京都の打物師 田中鐵邦(1904年~1993年)の 金工作品 で、銀瓶 の 愛好家 の間では非常に人気のある作家で貴重な 名品 で高価買取させて頂きました。この 金工作品 の茶道具の銀瓶で、材質は純銀製品で 共箱 です。写真33のように、底に「純銀」の 刻印 と 銘 が入っています。本体部分には、細密 なタッチで、昔の職人の 技法 が光る田中鐵邦ならではの四季の草花の 彫刻 が丁寧に施されており、愛好家 の間では貴重な名品です。昭和初期頃の昔の品物で、銀の変色が見られますが、簡単に綺麗になります。競り市やオークションで買い受けた作品ではなく、直接お客様より入荷した作品で、古い時代 の現状のまま販売しております。採光の加減で白く光っておりますが、凹みや傷等無く、保存状態 の良い品物です。近年、金工作品や 銀瓶 はアジア圏からの輸入品が多くみられますが、当店では、日本の古い品物のみを販売しております。このような日本で作られた骨董品の銀瓶、買取させて頂きます。 この銀瓶は日本の 伝承 された 金工作品 の技術が使われており、日本の金工作品について説明します。千年近く受け継がれた日本の 金工品 の歴史は長く、また明治時代になり帯刀禁止令が出て、昔の 職人技 に、工夫を凝らし、香炉や 花入 れ、自在金具を作り、それぞれ独自に開発された技法の金工作品は、規格が統一されて、カタログで販売できるようなブランド品ではありません。一点物の金工作品には多くの偽物があり、確かな 鑑定 眼が求められます。また、当店では、金工作品の入荷をお待ちのお客様も多数いらっしゃいます。一点数百万円の金工作品を販売できる信用と鑑定眼がある古美術やかたならでは、高価買取させて頂けるのです。

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地