裏千家 家元

裏千家は、茶道流派の一つで、茶道諸流派中最大の流派です。「裏千家」の語は、家元 とその家族らで構成される宗家を指すことも、「一般財団法人今日庵」などの法人組織を指すことも、弟子・門下生を含む流派組織を指すこともあります。裏千家の名称は、千利休からの 家督 を継いだ本家の表千家(不審菴)に対して、今日庵が通りからみて裏にあるためそのように言います。現在の家元は、千利休から数えて、十六代目の玄黙宗室家元です。

裏千家 家元 歴代

裏千家買取 千利休の没後、傍系の二代千少庵(後妻の連子)の後を継いだ三代千宗旦が京都に屋敷を構え、三男宗左が紀州徳川家に 茶頭 として仕えたのち、千家の家督を継いで本家となり表千家となりました。 その後、次男宗守は武者小路千家を、四男宗室は裏千家を興こしたのが三千家の始まりです。 各家ともに家元は利休を初代として数えます。 裏千家の家元は四代である仙叟の諱「宗室」を受け継いでいます。 初代 利休宗易(1522年~1591年2月28日)抛筌斎 二代 少庵宗淳(1546年~1614年10月10日)利休の後妻宗恩の連れ子で女婿 三代 元伯宗旦(1578年~1658年12月19日)咄々斎 / 元叔・寒雲 四代 仙叟宗室(1622年~1697年1月23日)臘月庵 / 宗旦の末子 五代 常叟宗室(1673年~1704年5月14日)不休斎 / 加賀藩・松山藩茶道指南初代、指南は幕末まで継続 六代 泰叟宗室(1694年~1726年8月28日)六閑斎 / 宗安と称した 七代 竺叟宗室(1709年~1733年3月2日)最々斎 / 表千家七代如心斎の弟、宗乾と称した 八代 一燈宗室(1719年~1771年2月2日)又玄斎 / 表千家七代如心斎および竺叟宗室の弟 九代 石翁宗室(1746年~1801年9月26日)不見斎 / 寒雲、玄室とも称した 十代 柏叟宗室(1770年~1826年8月24日)認得斎 / 夫人は松室宗江、秀でた茶人 十一代 精中宗室(1810年~1877年7月11日)玄々斎 / 三河国奥殿藩主大給松平乗友の子 十二代 直叟玄室(1852年~1917年12月8日)又玄少斎 / 京角倉家・角倉玄祐の子 十三代 鉄中宗室(1872年~1924年8月5日)圓能斎 / 対流軒・近代化に尽力 十四代 碩叟宗室(1893年~1964年9月7日)無限斎・淡々斎 / 襲名以前は玄句斎永世、玄句斎宗叔と称した 十五代 汎叟宗室(1923年~)鵬雲斎 / 襲名以前は宗興と称した、2002年に家元を譲り大宗匠「千玄室」と称する 十六代 玄黙宗室(1956年~)坐忘斎 / 襲名以前は宗之と称した

裏千家 家元の作品は高価買取いたします

お茶道具には、多種多様なものがあります。 歴代宗匠の書付がある作品は、貴重な品物で高価買取対象になることが多いです。 特に季節を問わず、四季を通じてお 茶会 で使用できる 茶道具 は高額で取引されています。 また、お茶会で使用される茶道具は、箱の蓋も床の間に並べて披露されるので、保存状態 の良いものが喜ばれます。

書付とは・・・ 茶道具は、箱入りの作品がほとんどです。 一般的に 千家十職著名な作家の作品に宗匠の書付が付いております。 宗匠の書付は、箱の蓋の裏側に書かれています。 その場合、蓋の表には何も書かれておりません。 制作者の名前は、箱の裏や箱の横に書かれています。 作品自体にも朱色で花押が書かれているものもたくさんあります。

高く売れる作品は?(高価買取のポイント)

裏千家買取裏千家 家元の場合、歴代宗匠の茶席の書画や手捏ねの茶碗、茶杓 などが高価に買取させて頂けます。 同じ宗匠の作品でも、若い時代と 晩年 の時代では買取価格が倍以上違うことがあります。 一般的には晩年になり初めて独自の境地の作品が出来るもので、簡単に造られた作品や 若年 期に作られた作品よりも、最晩年の作品が人気で高価買取対象です。裏千家 家元の宗匠は歴代おられますが、やはり昔の 古い時代 の宗匠の作品の方が現存数も少なく人気があり、一般的には特別高価買取対象です。 茶席の書画で、宗匠が書いた品物も数多くありますが、これらの作品においても同じことが言えるでしょう。 また、茶掛け掛軸 では、一行書 が一番貴重な品とされ高価買取対象です。花押落款 を紹介できれば良いのですが、数が多くあり難しいです。 写真をお送り頂くか、直接当店にお持ち頂ければ、説明させて頂きます。 このように茶道具は、たいへん複雑で難しいので、買取専門店ではなく、長年の知識と経験を重ねた古美術骨董商にご相談頂くのが賢明でしょう。

古美術やかたの店内写真

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

鏑木清方の美人画の掛け軸を、お譲り頂きました。

この作品は以前に販売させて頂いた作品で、販売価格を提示してお譲り頂きました。先に写真をお送り頂き、お引き取り価格を決定し宅配でお送り頂きました。鏑木清方の得意とする美人画で、40×51cmサイズの 絹本 に彩色が施された掛け軸「雪の竹」です。共箱 で東京美術俱楽部 鑑定 委員会の鑑定証書が付いております。清新な感覚で粋の美意識を反映した、清らかで優美な女性の姿を描いた近代的美人画や風俗画に多くの秀作が残されており、晩年に描かれた 美人画 のなかでも、浮世絵 のような大首絵(胸から上の構図)の 構図 の方が人気で、五百万円を超える作品もあります。絵画の一般的な価格は 図柄 や制作年代、作品の出来具合によって、変動します。 当店では、共箱 から出て迷子になったり、バラバラになっている品物をもう一度、元の共箱に戻したり、少しでも高く売却出来る状態にして、買取させていただいております。書付 や鑑定書、また許可証等が作品と別々に離れていても、作品と一体に合わせ、完全な状態での買取をさせて頂いております。        

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。