秦蔵六 買取

秦蔵六は、江戸時代から続く鋳金家で、代々青銅器の逸品を数多く製作しています。
錫や銀製の煎茶道具から茶道具、また古美術工芸品から骨董品まで、様々な名品が残されています。
日本の金工作品のなかでも秦蔵六の作品は、海外では絶大なる人気で高価買取させて頂きます。
古美術やかたでは、茶道家や外国のお客様にご来店頂いており、入荷待ちのお客様もおられます。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

●秦蔵六の作品を高価買取出来る理由

★あなたも驚く骨董業界の真実★

「百聞は一見にしかず」 金工作品買取依頼で失敗したくない方、是非ご覧下さい。
 

★お譲り頂いた品物を直接販売しており、入荷をお待ちのお客様もたくさんおられます。

 

秦蔵六の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

秦蔵六(はた ぞうろく)

秦蔵六買取

獸口饕餮紋鐵壺

秦蔵六は、江戸時代末期から続く京都の 鋳金 家で、代々青 銅器名品 を数多く製作しています。
初代蔵六は蝋型 鋳造 を得意とし、中国古銅器の模作で知られる。
二代龍文堂師事 し鋳造技術を学び、中国美術 の周漢時代の古銅器について撥蠟法を研究する。
孝明天皇の銅印や、将軍徳川慶喜の黄金印、明治天皇の御璽(印鑑)を鋳造するなど国を代表する仕事を手掛け、著名な作家となる。
四代蔵六は、造形美溢れる美しい 金工品 を数々の 個展 で披露し、煎茶道具 なども多く手掛ける。
当代は六代目で、金箔が剥がれ落ちたような独自の 作風 で、個性豊かな青銅器を創作している。
 
 

秦蔵六の作品  作風と買取価格のワンポイント

秦蔵六は代々蝋型鋳造を得意とし、中国古銅器の写しは他の追随を許さないほど素晴らしく、人気があります。
煎茶道具が多く、錫や銀の作品が人気で、周りに絵が彫刻されている作品は特に高価買取させて頂きます。
銀瓶の場合、持ち手や蓋のつまみが鉄で出来ていたり、注ぎ口が鉄砲口や龍口のデザインが人気で、高価買取対象です。
初代 秦蔵六の場合、買取価格が百万円を超える品物もあります。

秦蔵六が得意としている蝋型 鋳物 は蝋で作った型を使うため、緻密 で美しい文様を表現する事ができますが、その反面1つの型で制作できるのは1つの作品のみで同じものを大量生産する事ができず、たいへん希少です。

 

秦蔵六の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

秦蔵六買取

鍍金銅 爵

秦蔵六の作品の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には秦蔵六の自筆のサインと 落款 が押されています。
共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。
 
汚れや傷みがある場合でも、現状のままお持ちください。
 
鑑定証 の有無に関わらず、まず当店で無料の 真贋 の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。一般的に 絵画 の 鑑定 は、美術俱楽部やそれぞれの指定された 鑑定機関 で行われており、その場合、真贋を問うだけで、約3万円~5万円かかり、有料です。
 
【所定鑑定人・鑑定機関
 
当代 秦蔵六
 
当店では高額な作品も扱っております、一例ですがご覧ください。
お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

秦蔵六をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には秦蔵六の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
秦蔵六の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ、適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

秦蔵六(はた ぞうろく)略歴

秦蔵六買取

周鼎式香爐

江戸時代末期から続く 鋳金 家で、蝋型鋳物 を得意とする、青銅器 の創作で名高い 金工師

文久年間から活躍した初代が蠟型 鋳造 に秀でた才能を持っており、孝明天皇の銅印、徳川慶喜の征夷代将軍の金印、明治天皇の御璽や国璽を鋳造した金工の名門として代々続いている。
初代・秦蔵六は 鉄瓶 製作で有名な龍文堂の門下で鋳金の技術を学んだ。
中国 銅器 の写しは他の追随を許さないほど素晴らしく、その技は代々受け継がれている。
金属工芸の数ある 技法 のうち、秦氏が得意とするのは鋳金で、その中で最も高度な「蝋型」といわれる技法が受け継がれている。
蝋で原型を形づくり、原型ができたら、それを土で覆い加熱して溶かし出し、その中に溶かした金属を流し入れ、冷やして固まったところで土を割る。
割った中からは、蝋で作った原型と同じ形の金属が姿を現すという仕組みが、蝋型である。
わざわざ作った原型をそのつど流し出すので、秦蔵六が手掛ける蝋型鋳造は一つの型から一つの作品しかできない非常に手間のかかる技法である。
そのため作品は精緻なものが多い。
以後、代々「蔵六」の名と 伝統 の鋳金技法を継承し、金属工芸の第一人者として今日に至る。

初代 秦蔵六 1823年(文政6)~1890年(明治23)68歳没。
幼名は米蔵。
22歳のとき京都に出て、2代龍文堂の弟子となり鋳造技術を学ぶ。
23歳で師家を辞してもっぱら中国周漢時代の古銅器について撥蠟法を研究して、蠟型鋳造を得意とした。
また大和地方を巡歴し、古代の作品を観賞、和漢の古作品を研究した。
孝明天皇の銅印、将軍徳川慶喜の征夷大将軍の黄金印を鋳造して名をなす。
1873年(明治6)には明治天皇の御璽、国璽を鋳造して、さらに名声を高めた。
代表作に「鼎形花瓶」。

二代 秦蔵六(生没年不詳)

三代 秦蔵六 1882年(明治15)〜1934(昭和9)52歳没。
二世蔵六の三男で、二世蔵六に 師事

四代 秦蔵六 1898年(明治31)〜1984(昭和59)87歳没。
二世蔵六に師事。
技術保存資格者で、京都金属工芸協会長をつとめる。

五代 秦蔵六(生没年不詳)

六代 秦蔵六 1952年(昭和27)〜
五代の子で、五代蔵六に師事。
本名は恒造。
1974年、同志社大学文学部卒業。

 

 

 

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

 

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で、アンティークの櫛や古美術工芸品を数点お譲り頂きました。

写真が6枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。材質は木製です。時代は大正時代頃のアンティークの櫛です。ご覧のように綺麗な蒔絵が施されており、 こそありませんが、昔の 職人技 が冴える 逸品 です。大切に使われてきた味わいがある 骨董品 の櫛ですが、割れたり、欠けたりしている所は無く、蒔絵 の状態も非常に良い品物です。この作品はお店で販売しているお求めやすい品物で、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。店頭では二千円から一万円までの楽しい骨董品や 茶道具 を沢山販売しておりますので、是非ご来店くださいませ。 櫛・ について少し説明させて頂きます。櫛・、帯留では、古い時代 の蒔絵が素晴らしい作品が人気で、螺鈿細工や 珊瑚 が散りばめられた作品は一般的に高価買取対象です。べっ甲 の材料に蒔絵が丁寧に施された、明治時代や江戸時代の作品は高価に取引されています。細密 な蒔絵に 緻密彫刻 が施されて、また歯の部分が小さい大振りの櫛は人気があります。特に、綺麗な蒔絵に、赤珊瑚や 翡翠 が散りばめられた作品は特別人気があります。 古美術やかたでは、整理させて頂く際には 書付鑑定証、また許可証等が作品と別々に離れていても、作品と一体に合わせ、完全な状態での買取をさせて頂いております。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地