橋本雅邦 買取

古美術やかたは、橋本雅邦の作品を後世に伝えたいとの思いで、半世紀営業してきました。
橋本雅邦は、横山大観、菱田春草、下村観山、川合玉堂ら日本を代表する画家を育て、近代日本画の基礎を築きました。
柔らかな筆遣いと、墨色の濃淡で表現した橋本雅邦の晩年の山水画は、高価買取対象作品です。

【老舗骨董店の一味違う営業実績】
橋本雅邦 買取価格のワンポイント
販売から買取の当店ならではの技
作品買取で他店との違いが一目瞭然!
NHK・和楽等、信頼あるメディア紹介多数
安心して橋本雅邦買取依頼出来る6つの技
橋本雅邦作品の種類や説明と鑑定機関

橋本雅邦の買取事例や買取価格と作品説明
                     

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

●橋本雅邦の作品買取で他店との違いが一目瞭然!

★あなたも驚く骨董業界の真実★

「百聞は一見にしかず」 日本画・絵画買取依頼で失敗したくない方、是非ご覧下さい。
 

★お譲り頂いた品物を直接販売しており、入荷をお待ちのお客様もたくさんおられます。

 

橋本雅邦の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

橋本雅邦(はしもと がほう)・特徴と技法

橋本雅邦買取

老松図 双福

1835年(天保6)~1908年(明治41)72才没。

東京美術学校・日本美術院の創立に参加し、東京美術学校初代 教授、帝室技芸員第一号などを務めました。明治日本 画壇 を代表する画家で、近代日本画の祖、明治画壇の 巨匠 などと呼ばれています。
狩野派の流れを汲みながらも、洋画 の遠近法を取り入れるなど、狩野派の 作風 にとらわれない大胆な 構図 と色彩感覚で表現した作品を残しています。また、よき指導者として横山大観、菱田春草、下村観山川合玉堂ら日本を代表する画家を育て、近代 日本画 の基礎を築きました。

1835年、江戸末期の狩野派の家に生まれました。
父で御用絵師の橋本養邦に 狩野派技法 を学び、13歳で狩野雅信に 師事 しました。
塾頭として活躍し、1860年(安政7)26歳の頃、雅邦の を貰い 絵師 として独立します。
アーネスト・フェノロサ、岡倉天心と知遇を得、狩野芳崖と共に新しい表現 技法 を模索します。
明治21(1888)年に設立された 東京美術学校 を開校しました。指導教官として横山大観をはじめ多く逸材を育てました。1898年(明治31)東京美術学校騒動で天心とともに下野し、主幹となり 日本美術院 を創立しました。東京美術学校初代 教授 や、帝室技芸員 などをつとめ、近代日本画を代表する 画家 として活躍しました。「近代日本画の育ての親」とも呼ばれています。

橋本雅邦の作品  画風と買取価格のワンポイント

橋本雅邦買取

文覚上人荒行図

柔らかな筆遣いと、墨色の濃淡で表現した橋本雅邦の山水画は高価買取致します。
中でも特に、晩年の熟達した技巧で描かれた山水画は高価買取対象作品です。

絵画は簡単な作品から時間をかけた力作があり、また 図柄 や種類によって買取価格は変動します。
橋本雅邦の作品も 若年 の作品よりも、独自の境地を築いた晩年名品 が高価買取対象です。

 

 

 

橋本雅邦の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

掛軸 の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には橋本雅邦の自筆のサインと 落款 が押されています。
共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。
額装 の場合は、共シール が大切な評価基準になります。
共シールとは、一般的に、名刺大で、作品の裏側に貼られており、橋本雅邦の直筆のサインと題名が書かれ、落款が押されています。

鑑定書の有無に関わらず、まず当店で無料の真贋の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。

下記のような汚れや剥落があっても、現状のままお持ちください。
日本画は、「蔵シミ」や「ほし」と言われる汚れが出やすく、買取価格も変わってくるので、出来ればご確認ください。

橋本雅邦の鑑定は、下記の鑑定機関で行われており、真贋を問うだけで約3万円~5万円かかります。

【所定鑑定人・鑑定機関

東京美術倶楽部鑑定委員会
 

お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

百聞は一見に如かず、是非ご覧ください。
お譲り頂いたお客様に納得頂き、信頼と安心をお届けします。

橋本雅邦をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には橋本雅邦の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
橋本雅邦の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

橋本雅邦の買取実績と買取価格の解説

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

橋本雅邦 略歴

橋本雅邦買取

老松図 双福

父の橋本養邦は武蔵国(埼玉県)川越藩の御用 絵師 であり、木挽町狩野家当主晴川院養信の高弟として同家の邸内に一家を構えていた。このため雅邦は天保6年にこの木挽町狩野家の邸内に生まれている。
幼名は千太郎で、は勝園。慣習に従い5歳の頃から実父より 狩野派 のてほどきを受け、12歳の時正式に父と同じく養信に 入門 する。ただし養信はこの一月後に没したため、実際にはその後継者である勝川院雅信を師としたと見てよい。この時同日に狩野芳崖も入門しており、7歳年上で穏和な人柄の雅邦と激情家の芳崖と性格は正反対であったが、共に現状の狩野派への不満と独創的表現への意欲を共有し、生涯の親友となる。両者は早くに頭角をあらわし、「勝川院の二神足」と称されたとされており、同年、川越藩士となる。安政7年(1860年)に池田播磨守の家臣高田藤左衛門の娘・とめ子と結婚、雅邦の をもらって絵師として独立する。しかし当時既に絵画の需要は少なく、また 明治維新 の動乱に際しては一時藩主のいる川越に避難することになる。更に明治3年(1870年)に木挽町狩野家は火災で焼失、雅邦も財産のほとんどを焼失してしまう。翌年には出仕していた川越藩も廃止され、兵部省の海軍兵学校において図係学係として製図を行うようになった。この後狩野派の 絵師 としての活動はほとんど出来なくなり、一時は 油絵 を描くことさえ余儀なくされた。その後、アーネスト・フェノロサによる 伝統 絵画の復興運動があり、これが転機となり、フェノロサの庇護をを受けていた芳崖とともに新しい表現 技法 を模索するようになる。
明治15年(1882年)の第1回内国絵画共進会では、「琴棋書画図」(MOA美術館蔵)が銀印主席を取り、同じく出品した「竹に鳩」(三の丸尚蔵館蔵)が宮内省の御用となっている。
明治17年(1884年)にフェノロサが鑑画会を発足すると早い時期から参加するようになり、盛んに制作を行う。明治19年(1886年)には海軍兵学校を辞し、文部省の絵画取調所に出仕するようになる。
こうしてフェノロサ・岡倉天心の指揮下で芳崖と共に東京美術学校の発足に向けて準備を進めるが、開校を目前にした明治22年(1889年)に芳崖は死去、その絶筆である「悲母観音」の仕上げを任された。このため明治23年の 東京美術学校 開校に際しては、芳崖の代わりに絵画科の主任となった。さらに同年に 帝室技芸員 制度が発足すると第一次メンバーに選出され、これにより名実ともに当時の絵画界の最高位に登り詰めた。

東京美術学校では、下村観山横山大観、菱田春草、川合玉堂、寺崎広業らを指導しており、その指導は近代美術に大きな影響を及ぼした。しかし明治31年(1898年)には美術学校騒動により天心が罷免され、雅邦も職を辞し 日本美術院 の創立に参加した。
以後、雅邦は在野でありながらも画壇の重鎮として重んじられ、美術院の活動の傍ら後続の指導などを行う。明治41年(1908年)胃癌のため死去、享年72歳。代表的な作品は、「白雲紅樹」(重要文化財)、「竜虎図」(重要文化財)などがある。

橋本雅邦の主な出来事や作品の年表

1835年(天保6)東京木挽町(現在の東京都中央区銀座)の狩野家邸内に生まれる。
父は狩野晴川院の高弟で川越藩御用絵師、橋本養邦。幼少より父に 狩野派 のてほどきを受ける。
1847年(弘化4)12歳の時に晴川院養信に 入門 する。同じころ入門した狩野芳崖とは生涯の親交を結ぶ。
1854年(安政元)養川院の子・勝川院の塾頭となる。
1860年(安政7)池田播磨守の家臣高田藤左衛門の娘・とめ子と結婚する。雅邦の をもらって絵師として独立する。
1870年(明治3)に木挽町狩野家は火災で焼失、雅邦も財産のほとんどを焼失してしまう。
1871年(明治4)36歳で廃藩置県のため禄を失い兵部省海軍兵学寮に出仕し、図学などを講じる。
この頃、狩野派絵師 としての活動はほとんどできなくなり、ウィーン万博出品の日本全国地図など制作するほか、かたわら狩野芳崖とともに画作、研鑽を積む。油絵も描く。
1882年(明治15)の第1回内国絵画共進会では、琴棋書画図(MOA美術館蔵)が銀印主席を取り、同じく出品した 竹に鳩(三の丸尚蔵館蔵)が宮内省の御用となっている。
1884年(明治17)フェノロサの鑑画会への参加を機に、日本画の新しい表現 技法 を模索するようになる。
1886年(明治19)海軍兵学校を辞し、文部省の絵画取調所に出仕する。
フェノロサ、岡倉天心のもと 東京美術学校 の発足に向けて準備を進める。
1889年(明治22)開校した東京美術学校の絵画科教諭となる。帝室技芸員となる。
1890年(明治23)東京美術学校絵画 科 教授 となる。
1898年(明治31)美術学校騒動により天心が罷免され、雅邦も職を失い、主幹となり日本美術院を創立に参加した。
1900年(明治33)パリ万博で「龍虎之図」が銀賞。
1904年(明治37)セントルイス万博では「山水額六面」「四季屏風」が最高賞を受賞した。
1908年(明治41)胃癌のため死去。享年72歳。

幼名は千太郎、のち長卿。別号 に克己斎・酔月画生等。狩野芳崖と共に狩野勝川院雅信門。帝室技芸員
明治維新 後、フェノロサ・岡倉天心指揮のもと、狩野派の画法に洋画の技法を取り入れる等、従来の日本画の革新を試みた。
日本美術院を創立、菱田春草・横山大観・下村観山・西郷孤月・川合玉堂ら近代日本美術を代表するそうそうたる作家を育成した。
日本の 伝統 様式のなかに 西洋画 の趣向を織り交ぜ、斬新な 作風 を確立した、狩野派最後の 巨匠 として有名である。

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で、アンティークの櫛や古美術工芸品を数点お譲り頂きました。

写真が6枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。材質は木製です。時代は大正時代頃のアンティークの櫛です。ご覧のように綺麗な蒔絵が施されており、 こそありませんが、昔の 職人技 が冴える 逸品 です。大切に使われてきた味わいがある 骨董品 の櫛ですが、割れたり、欠けたりしている所は無く、蒔絵 の状態も非常に良い品物です。この作品はお店で販売しているお求めやすい品物で、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。店頭では二千円から一万円までの楽しい骨董品や 茶道具 を沢山販売しておりますので、是非ご来店くださいませ。 櫛・ について少し説明させて頂きます。櫛・、帯留では、古い時代 の蒔絵が素晴らしい作品が人気で、螺鈿細工や 珊瑚 が散りばめられた作品は一般的に高価買取対象です。べっ甲 の材料に蒔絵が丁寧に施された、明治時代や江戸時代の作品は高価に取引されています。細密 な蒔絵に 緻密彫刻 が施されて、また歯の部分が小さい大振りの櫛は人気があります。特に、綺麗な蒔絵に、赤珊瑚や 翡翠 が散りばめられた作品は特別人気があります。 古美術やかたでは、整理させて頂く際には 書付鑑定証、また許可証等が作品と別々に離れていても、作品と一体に合わせ、完全な状態での買取をさせて頂いております。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地