田辺(田邊)竹雲斎 買取

田辺竹雲斎は、大阪が誇る竹工芸の名工で、明治時代から受け継いだ伝統技法を進化させ、高く評価されています。
唐物写しや繊細な透かし編み等を得意とし、煤竹や竹根、古矢竹などを用いた花籠や煎茶道具を多く手掛けています。
精緻に編まれた名品や竹の優れた特性を活かした逸品は、国内外の愛好家に人気があり、高価買取させて頂きます。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

田辺竹雲斎の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

田辺竹雲斎(たなべ ちくうんさい)・特徴と技法

田辺竹雲斎買取

花籃 福寿満堂

田辺竹雲斎は、明治時代から四代続く近代竹工芸の第一人者です。
初代竹雲斎は尼崎藩の藩医の三男として兵庫県で生まれる。
近所に竹細工を営む家があり、幼少の頃に興味を持つ。
12歳の時、初代 和田和一斎師事 し、24歳の頃に和一斎の 別号「竹雲斎」を譲り受け独立する。
華道は服部松雲斎に習い、正風青山流 家元 を継承し、煎茶道は富永潤泉から花月庵流煎茶の皆伝を得る。
大正3年、大正天皇の大阪府行幸の際には、「柳里恭式釣り花籠」と「丸型柳里恭式釣り 花籠」を展覧献上。
大正14年パリ万国博覧会で「柳里恭花籃」が銅賞を 受賞 し、竹工芸家としての地位を確立する。
その後も国内外の 博覧会 等で受賞を重ね、竹工芸家として初めて 個展 を開催した。
初代竹雲斎は、主に 唐物 写しを得意とし、大胆で荒々しく編み込んだ芸術性の高い作品を多く制作している。
また、古い竹製の矢をそのまま装飾として用いた古矢竹様式や、南画 家柳沢淇園(柳里恭)の花籠図をもとに創作した柳里恭様式など独創性に溢れた 名品 を生み出した。

二代竹雲斎は戦後、日展で活動し、「螺旋紋花籃」が特選朝倉賞受賞
昭和55年の第2回日本新工芸展に出品した「伸花籠」が、内閣総理大臣賞を受賞し、竹芸家有志11名により「竹人会」を創立した。
「亀甲編み」や「鱗編み」を中心とした 繊細 で美しい透かし編みを得意とし、二代独自の芸術世界を表現した。

三代竹雲斎は矢竹を積極的に用い、真っ直ぐさを線とした、点と線の構成により面を作るスタイルを築き上げた。
襲名 後は世界各国で展覧会を開催し、世界中の人々から称賛される。

四代竹雲斎は世界中の美術館などで 展覧会 を開催し、日本のみならず、海外からも高く評価されています。
歴代から受け継いできた精神と技術で 伝統 的な花籃や 茶道具 を制作する一方で、竹の オブジェ や竹のインスタレーションといった新しい時代に即した作品を制作し、高知県でしか育たない希少な虎斑竹(虎竹)を使用している。

田辺竹雲斎の作品  作風と買取価格のワンポイント

田辺竹雲斎買取田辺竹雲斎は明治時代から四代続く、日本でもトップクラスの竹工芸家です。
初代や二代竹雲斎の唐物写しや美しい透かし編みの名品は高価買取対象です。
また、煤竹や竹根の太い竹を大胆に荒々しく編み込んだ芸術性の高い逸品は高価買取させて頂きます。

竹芸作品の材料となる煤竹や竹根は、長い年月を経て燻ぶされ綺麗な飴色となり、味のある煤竹や竹根になります。
このように、材料となる煤竹や昔の竹根が今では少なくなり、年月を経た味わいのある 竹籠 が現在では作ることが困難です。
このような事情がある為、古い時代著名な作家の作品は希少で高く評価されており、高価買取対象です。
長い年月を経て綺麗な飴色になった味わい深い煤竹や竹根を活かした竹籠は、国内外の 愛好家 に絶大な人気で、
高価買取させて頂きます。

竹工芸品は簡単に造られた作品から時間をかけた力作、またデザインや種類により買取価格は大きく変わります。
田辺竹雲斎の場合も、若年 に作られた作品よりも、独自の境地を築いた 晩年 の芸術性の高い竹芸作品が高価買取対象です。
 

田辺竹雲斎の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

田辺竹雲斎の作品の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には田辺竹雲斎の自筆のサインと 落款 が押されています。共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。

汚れや傷みがある場合でも、現状のままお持ちください。

鑑定証 の有無に関わらず、まず当店で無料の 真贋 の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。一般的に工芸作品の 鑑定 は、美術俱楽部やそれぞれの指定された 鑑定機関 で行われており、その場合、真贋を問うだけで、約3万円~5万円かかり、有料です。

【所定鑑定人・鑑定機関

当代 田辺竹雲斎

当店では高額な作品も扱っております、一例ですがご覧ください。
お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

田辺竹雲斎をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には田辺竹雲斎の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
田辺竹雲斎の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ、適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

田辺竹雲斎(たなべ ちくうんさい)略歴

田辺竹雲斎買取

柳里恭花籃

初代 田辺竹雲斎 1877年~1937年
大阪尼崎の生まれ、本名は常雄。
初代・和田和一斎師事 し、1901年に独立して、竹雲斎と名乗った。
第25回パリ 万国博覧会受賞 し、ドイツにも竹芸作品を輸出、国内外で活躍した。
煎茶や華道にも精通しており、古矢竹竹根を使った独特の 作風 を確立した。
唐物を得意とし、重厚な作品を制作した。
また、多くの 弟子 の育成、竹芸界の 重鎮 として活躍し、大阪市より功労賞受賞している。

二代 田辺竹雲斎 1910年〜2000年
大阪生まれ、田邊竹雲斎の長男で、父である初代に師事し、本名は利雄。
1981年、勲四等瑞受賞。
亀甲編み、鱗編みを中心とした透かし編みの作品を数多く制作した。
軽快な作風の透かし編みから、重圧な 唐物 風まで、多彩な作品がある。

三代 田辺竹雲斎 1940年~2014年、75歳没。
大阪府堺市生まれ、本名は久雄。
1991年に51才で三代竹雲斎を 襲名

四代 田辺竹雲斎 1973~
大阪府堺市生まれ、本名は健雄。

 

 

 

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

 

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

中川一政の作品で薔薇の絵をお譲り頂きました。

お店が沢山あるなかから、古美術やかたを選んで頂き有難うございます。いろいろな作品や 諸道具 がありますが、あんな物、こんな物と思わず、お気軽にご相談下さい。共箱 で無い品物や、破損した品物、また 保存状態 の悪い品物もご相談下さい。煎茶道具金工作品 が人気があります。また、このような絵画も最近では若者にも人気があり、高価買取させて頂けます。この作品は出張させて頂き、お譲り頂きました。 著名な作家の中川一政の作品で、ボードキャンバスに油彩でかかれており、東京美術俱楽部の鑑定書が付いております。華やかな色彩で簡潔明快、清朗な独自の 作風 で晩年に描かれた薔薇や向日葵は人気作品です。特に、マジョリカ と一緒に描かれた薔薇や向日葵の作品は人気で高価買取させて頂きます。若年 の作品より、晩年 の1970年代以降の豪快な筆触と、鮮やかな原色対比の作品が好まれます。 このような晩年の作品は、高値でお譲りさせて頂きます。 中川一政、1893年(明治26)〜1991年(平成3)97才没。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地