三浦竹泉 買取

ヨーロッパに伝わる伝統的な色彩を、日本の磁器に応用し京焼の新しい息吹を吹き込み評価を得ました。
京焼の三浦竹泉と言えば、本場京都の茶の湯では、茶道具や特に煎茶道具にはなくてならない茶陶の名手。
世界の万国博覧会等で称賛を得た、金襴手、祥瑞、吹墨、色絵、三浦竹泉の逸品は高価買取させて頂きます。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

三浦竹泉の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

三浦竹泉(みうら ちくせん)

三浦竹泉買取

染付竹絵赤絵蓋水指

初代 三浦竹泉 1854年(明治時代)~1915年(大正4)63歳没。
名を政吉、通称を駒次郎、は「有声居」、後に「篩月庵」。
五条坂に 1883(明治16)年開窯した。書画を趣味とし文人との交流も行った。
慶応3年、三代 高橋道八 に 師事 し、田能村直入に画を学ぶ。
染め付け、金襴手などに技の冴えをみせ、青磁・染附に長じる。
西欧彩色を 陶磁器 に応用し、釉薬透明文の製造に成功する。
京焼 の改良に貢献し、染付、祥瑞、吹墨、色絵、など多彩である。
明治35年、清の朱?著「陶説」を邦訳。
明治37年、染付に 玉・石・珊瑚 を挿入する。
明治40年、黄色原料を 釉薬 に用い、淡黄地に 彫刻 を応用するなど多くの新技法を工夫する。
日本の展覧会や外国の万国博覧会等で称賛を博しました。
 
二代 三浦竹泉 1882年(明治15)~1920年(大正9)
初代三浦竹泉の長男、襲名5年後に早世。
名を敬太郎、号を埴隠・篩月庵。
精妙を極め、釉薬や技法の才に富み、煎茶道具創作研究した名工。
 
三代 三浦竹泉 1900(明治33)年~1990(平成2)年
初代竹泉の末子で、大正10年襲名。名を三郎、号を篩月庵とする。
昭和6年に四代に 家督 を譲って以後も「竹軒」と号し製作を続ける。
 
四代 三浦竹泉 1911年(明治44)~1976年(昭和51)66歳没。
二代の長男で、名を庸蔵、号を篩月庵、昭和6年に四代 襲名。
主に 煎茶道具 や 茶道具 を製作。
京焼の窯元を継承し、作品は優雅のなかで、緻密を極めた。
昭和6年、四代竹泉を継承し製陶に従事する。
昭和47年、長男に五代竹泉を譲り隠居する
 
当代五代 三浦竹泉、四代の長男で、幼名は徹、当代
1934年(昭和9)~、昭和47年に五代竹泉を襲名。
先祖継承の竹泉様式をよく研究し、三浦竹泉のみにかかわらず、京焼の歴史研究でも第一人者の一人である。
伝承された祥瑞・古染付・赤絵・色絵・金襴手・交趾・三嶋などの 技法 を会得。
その技法を保存伝承する傍ら、常に新しい美術陶芸を目指し、日々作陶を続けている。
 

三浦竹泉の作品  作風と買取価格のワンポイント

金蘭手 水注

三浦竹泉は、祥瑞・染付の詫び寂の美、また色絵・金襴手・交趾の優美で豪華、どちらの名品も高価買取させて頂きます。それぞれの代々の三浦竹泉も、煎茶道具を得意として陶作しており、京焼のなかでも人気があります。
 
三浦竹軒の場合も、若年の作品より 晩年 になり初めて独自の境地の作品が出来るもので、晩年の 全盛期 の作品が人気です。陶芸作品は簡単な作品から時間をかけた力作、また デザイン や作品の種類により買取価格は変わります。
 

 

 

三浦竹泉の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

金蘭手 水注

三浦竹泉の作品の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には三浦竹泉の自筆のサインと 落款 が押されています。共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。茶道家元の書付が付いた逸品もありますが、やはり、お茶会では高く評価され好まれます。
 
汚れや傷みがある場合でも、現状のままお持ちください。
 
鑑定証 の有無に関わらず、まず当店で無料の 真贋 の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。一般的に 絵画 の 鑑定 は、美術俱楽部やそれぞれの指定された 鑑定機関 で行われており、その場合、真贋を問うだけで、約3万円~5万円かかり、有料です。
 
【所定鑑定人・鑑定機関】
 
当代 三浦竹泉

 
当店では高額な作品も扱っております、一例ですがご覧ください。
お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

三浦竹泉をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には三浦竹泉の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
三浦竹泉の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ、適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

三浦竹泉 略歴

三浦竹泉買取

色絵祥瑞腰捻水指

初代 三浦竹泉 1854年(嘉永7)~1915年(大正4)
初代三浦竹泉は畳屋・渡辺伊兵衛の次男で、京都生まれ。
名を政吉、通称を駒次郎・政、名を竹泉、を有声居・篩月庵。
13歳の時に3代高橋道八に 師事 する。
1883(明治16)年に独立し、五条坂に 窯 を構える。
創業当時は道八の門弟・治村松雨と合作し、「松雨竹泉」の 銘 を用いていた。
その後、数年で関係を解消し、以後は「有声居」、1899(明治32)年からは「篩月庵」と 号 した。
早くから出藍の誉れ高く、西洋彩色を日本磁器に応用した 釉薬 透明紋を開発した。
ヨーロッパの色彩を磁器に応用するなど進取の意に富んだ人物で、京焼の改良に貢献。
器用な人物で、得意分野も 染付、祥瑞、吹墨、色絵、金襴手など多彩。
染め付け、金襴手 などに、優れた技をみせた。
1904(明治37)年に染付磁器に玉、貴石、珊瑚 を挿入して彩色に応用する技法を発表。
1907(明治40)年に黄色原料を釉薬に用いて淡黄地に浮き彫りを施す 技法 を発表。
内外の 展覧会 やシカゴ、パリの万国博覧会等で称賛を博した。
明や清時代の 陶磁器 に手本を求めた作品にも優れたものが確認されている。
煎茶を好んで当時の文人墨客との交友を重ね、古書画を趣味とする。
画を田能村直入に学び、漢学にも造詣深く、
朱笠亭の『陶説』を訳述した『和漢対照陶説』を出版した。
茶道具の煎茶道具や抹茶道具を多く制作していた。二代 三浦竹泉 1882年(明治15)~1920年(大正9)
初代三浦竹泉の長男で、京都生まれ。
名を敬太郎(後に竹泉)、号 を埴隠・篩月庵。
1915(大正4)年、2代三浦竹泉を 襲名 した。
創作の才に富み、父に師事して煎茶器の制作に精妙を極めた。
若くして名工の誉れ高かったが、早世した。

三代 三浦竹泉 1900年(明治33)~1990年(平成2)
初代三浦竹泉の三男で、京都生まれ。
名を三郎(後に竹泉・竹軒)、号を篩月庵。
1921(大正10)年、兄2代竹泉早世と兄の子息幼少のため、3代三浦竹泉を襲名した。
1931(昭和6)年、4代庸蔵に 家督 を譲って分家し、「竹軒」と称し製作を続ける。

四代 三浦竹泉 1911年(明治44)~1976(昭和51)
二代三浦竹泉の長男で、京都生まれ。
名を庸蔵(後に竹泉)、号を篩月庵。
1931(昭和6)年、4代三浦竹泉を襲名した。主に抹茶道具や 煎茶道具 を製作。
1972(昭和47)年、長男・徹に家督を譲って隠居した。
1976(昭和51)、死去、享年66歳。
極めて巧緻にして優美な 作風 である。

五代 三浦竹泉 1934年(昭和9)~
四代三浦竹泉の長男で、京都生まれ、名を徹。
1957(昭和32)年、同志社大学文学部・美学芸術学専攻を卒業後、父に師事した。
1972(昭和47)年、5代三浦竹泉を襲名した。
京焼の 伝統技術 を保存 伝承 しつつ、常に新しい感覚を採り入れた創作に取り組んでいる。
京焼 の歴史研究でも第一人者の一人である。

三浦竹泉の主な出来事や作品の年表

初代 三浦竹泉 1854年(嘉永7)~1915年(大正4)
1854年(嘉永7)、 畳屋・渡辺伊兵衛の次男として京都生に生まれる。
名を政吉、通称を駒次郎・政、名を竹泉、号を有声居・篩月庵。
1867年(明治元年)、13歳の時に3代高橋道八に師事する。
1883年 (明治16)、独立し、五条坂に 窯 を構える。
創業当時は道八の門弟・治村松雨と合作し、「松雨竹泉」の 銘 を用いていた。
その後、数年で関係を解消し、以後は「有声居」を名乗る。
1899(明治32)年、このからは「篩月庵」とした。
早くから出藍の誉れ高く、西洋彩色を日本磁器に応用した釉薬透明紋を開発した。
ヨーロッパの色彩を磁器に応用するなど進取の意に富んだ人物で、京焼 の改良に貢献。
器用な人物で、得意分野も 染付、祥瑞、吹墨、色絵、金襴手 など多彩。
染め付け、金襴手などに、優れた技をみせた。
1904(明治37)年、染付磁器に玉、貴石、珊瑚 を挿入して彩色に応用する技法を発表する。
1907(明治40)年、黄色原料を釉薬に用いて淡黄地に浮き彫りを施す 技法 を発表する。
内外の 展覧会 やシカゴ、パリの万国博覧会等で称賛を博した。
1915(大正4)年、 死去。
明や清時代の 陶磁器 に手本を求めた作品にも優れたものが確認されている。
煎茶を好んで当時の文人墨客との交友を重ね、古書画を趣味とする。
画を田能村直入に学び、漢学にも造詣深く、
朱笠亭の『陶説』を訳述した『和漢対照陶説』を出版した。

2代 三浦竹泉 1882年(明治15)~1920年(大正9)
1882年(明治15)、初代三浦竹泉の長男として京都に生まれる。
名を敬太郎(後に竹泉)、号 を埴隠・篩月庵。
1915(大正4)年 、2代三浦竹泉を襲名した。
創作の才に富み、父に 師事 して煎茶器の制作に精妙を極めた。
1920年(大正9) 、若くして名工の誉れ高かったが、早世した。

3代 三浦竹泉 1900年(明治33)~1990年(平成2)
1900年(明治33)、初代三浦竹泉の三男として、京都に生まれる。
名を三郎(後に竹泉・竹軒)、を篩月庵。
1921(大正10)年、兄2代竹泉早世と兄の子息幼少のため、3代三浦竹泉を襲名した。
1931(昭和6) 年、4代庸蔵に 家督 を譲って分家し、「竹軒」と称し製作を続ける。
1990年(平成2) 、死去。

4代 三浦竹泉 1911年(明治44)~1976(昭和51)
1911年(明治44)、2代三浦竹泉の長男として、京都に生まれる。
名を庸蔵(後に竹泉)、号を篩月庵。
1931(昭和6) 年、4代三浦竹泉を 襲名 した。主に煎抹茶器を製作。
1972(昭和47)年、長男・徹に 家督 を譲って隠居した。
1976(昭和51)年、死去。
極めて巧緻にして優美な 作風 である。

5代 三浦竹泉 1934年(昭和9)~
1934年(昭和9)、4代三浦竹泉の長男として、京都に生まれる。名を徹。
1957(昭和32)年、同志社大学文学部・美学芸術学専攻を卒業後、父に 師事 した。
1972(昭和47)年、5代三浦竹泉を襲名した。
京焼の 伝統技術 を保存 伝承 しつつ、常に新しい感覚を採り入れた創作に取り組んでいる。
京焼 の歴史研究でも第一人者の一人である。

 

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

日本の金工作品を代表する銀瓶の骨董品売却依頼を頂き、宅配で数点の純銀製品をお譲り頂きました。

写真が39枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。京都の打物師 田中鐵邦(1904年~1993年)の 金工作品 で、銀瓶 の 愛好家 の間では非常に人気のある作家で貴重な 名品 で高価買取させて頂きました。この 金工作品 の茶道具の銀瓶で、材質は純銀製品で 共箱 です。写真33のように、底に「純銀」の 刻印 と 銘 が入っています。本体部分には、細密 なタッチで、昔の職人の 技法 が光る田中鐵邦ならではの四季の草花の 彫刻 が丁寧に施されており、愛好家 の間では貴重な名品です。昭和初期頃の昔の品物で、銀の変色が見られますが、簡単に綺麗になります。競り市やオークションで買い受けた作品ではなく、直接お客様より入荷した作品で、古い時代 の現状のまま販売しております。採光の加減で白く光っておりますが、凹みや傷等無く、保存状態 の良い品物です。近年、金工作品や 銀瓶 はアジア圏からの輸入品が多くみられますが、当店では、日本の古い品物のみを販売しております。このような日本で作られた骨董品の銀瓶、買取させて頂きます。 この銀瓶は日本の 伝承 された 金工作品 の技術が使われており、日本の金工作品について説明します。千年近く受け継がれた日本の 金工品 の歴史は長く、また明治時代になり帯刀禁止令が出て、昔の 職人技 に、工夫を凝らし、香炉や 花入 れ、自在金具を作り、それぞれ独自に開発された技法の金工作品は、規格が統一されて、カタログで販売できるようなブランド品ではありません。一点物の金工作品には多くの偽物があり、確かな 鑑定 眼が求められます。また、当店では、金工作品の入荷をお待ちのお客様も多数いらっしゃいます。一点数百万円の金工作品を販売できる信用と鑑定眼がある古美術やかたならでは、高価買取させて頂けるのです。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地