諏訪蘇山 買取

諏訪蘇山は茶人や文人を問わず、日本の床の間には必ず逸品で、人気の陶芸作家です。
中国の砧青磁の写しを得意としオリジナリティー溢れる青磁を完成させました。
初代 諏訪蘇山は、高麗窯の再興に尽力し、大正6年帝室技芸員に選ばれています。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

諏訪蘇山の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

諏訪蘇山(すわ そざん)

青磁 魚文 花瓶

諏訪蘇山は、オリジナリティー溢れる青磁を完成させました。
青磁白磁、彩磁など 釉薬 の研究を深め、中国の砧青磁の写しを得意としました。
初代 諏訪蘇山は、朝鮮李王家の高麗 の再興に尽力し、大正6年 帝室技芸員 となる。
やはり諏訪蘇山の 青磁 の作品は人気で、なかでも代々作の茶陶や香炉は好評です。
飛び青磁とか銀ボヤの香炉青磁作品を得意としています。
特に銀火屋の付いた 香炉 は、最近アジアのお客様に特別人気があります。
現在では4代目、母は 千家十職 の十二代中村宗哲襲名 は2002年で女性の 陶芸家 です。
初代諏訪蘇山の代表的な作品には下記の名品ががあります。
「李白観瀑大陶像」「唐獅子大陶像」「色絵龍燈鬼 置物」「伊羅保釉高麗狗」。
 

諏訪蘇山の作品  作風と買取価格のワンポイント

青磁 袴腰 香炉

初代諏訪蘇山は帝室技芸員にも選ばれ、卓越した独自の青磁作品は、高価買取させて頂きます。
各代に渡って飛び青磁とか銀ボヤの付いた香炉、等々青磁作品に人気があります。

 
各代諏訪蘇山の場合も、若年 の作品よりも、晩年の独自の 逸品 が高価買取対象です。
簡単な作品から時間をかけた力作、また デザイン や種類により、買取価格は変わります。

 

 
各代諏訪蘇山(すわ そざん)略歴

初代 諏訪蘇山 1851(嘉永4)年~1922(大正11)年
石川県金沢市に生まれ。
加賀藩士である、諏訪重左衛門好方の長男。
幼名を栄三郎、本名を好武、 を友山賀山、金水堂、蘇山。
1868(明治元)年 加賀藩の洋式武学校(壮猶館)に学んだのち、母校の 教授 となる。
1871(明治4) 年 軍職を辞し、郷里の金沢に戻る。
1873(明治6) 年 任田徳次(彩雲楼旭山)に陶画法を学ぶ。
1875(明治8) 年 東京で陶画業を始める。
1879(明治12)年 石川県勧業試験場の製陶 助手 になる。
1880(明治13)年~1884(明治17)年 九谷 陶器 会社に招かれる。
1887(明治20)年~1896(明治29)年 金沢工業学校の開校から後進の育成に務める。
大病を患い蘇生したことから、を「蘇山」とする。
1896(明治29)年 福井県宮崎村の山内陶器工場で指導。
1897(明治30)年 金沢の八木煉瓦工場で指導。
1898(明治31)年 富山県の伏木煉瓦株式会社の社長兼技術長嘱託。
1900(明治33)年 京都で錦光山宗兵衛の窯に勤務。
1907(明治40)年 独立して京都五条坂で製陶業を始める。
1914(大正3) 年 朝鮮李王家嘱託として高麗古窯の調査を行い、再興依頼を受けて を完成。
1917(大正6) 年 帝室技芸員 となる。

二代 諏訪蘇山 1890(明治23)年~1977(昭和52)年
1922(大正11)年、二代諏訪蘇山を 襲名
初代同様 青磁 に優れ、各 展覧会受賞 を重ねる。
印は「蘇山」丸印。

三代 諏訪蘇山 1932(昭和7)年~2004(平成16)年
1955(昭和30)年 大学では、富本憲吉近藤悠三に師事した。
1970(昭和45)年 38歳で、三代諏訪蘇山を襲名。 印は「蘇山」で楕円印。

四代 当代
1970(昭和45)年生
三代の三女として生まれた。
母は 千家十職漆芸家の、十二代中村宗哲。
2002(平成14)年 父三代諏訪蘇山に 師事 し、四代諏訪蘇山を襲名。
 

 

諏訪蘇山の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

諏訪蘇山の作品の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には諏訪蘇山の自筆のサインと 落款 が押されています。共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。
 
汚れや傷みがある場合でも、現状のままお持ちください。
 
鑑定証 の有無に関わらず、まず当店で無料の 真贋 の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。一般的に 絵画 の 鑑定 は、美術俱楽部やそれぞれの指定された 鑑定機関 で行われており、その場合、真贋を問うだけで、約3万円~5万円かかり、有料です。
 
【所定鑑定人・鑑定機関

当代 諏訪蘇山
 
当店では高額な作品も扱っております、一例ですがご覧ください。
お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

諏訪蘇山をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には諏訪蘇山の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
諏訪蘇山の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

諏訪蘇山 略歴

初代 諏訪 蘇山(1851年~1922年)は石川県金沢生まれの 陶芸家
はじめ加賀藩で武芸を学び、軍務に携わった後、離職。
1873年(明治6年)任田屋徳次(彩雲楼旭山)に 陶芸 を学び、1876年(明治9年)大井村に工場を設立した。
日本各地を旅して金沢へ戻り、坂井、高岡、九谷陶器会社、金沢区立工業学校、山内伊右衛門工場など北陸地方各地で 陶器、煉瓦の製造、指導を行った。
1900年(明治33年)京都の粟田焼の大規模な輸出陶磁器製造業、錦光山製陶場に招かれる。
6年間つとめた後の、1907年(明治40年)独立し、五条坂に開窯した。
京都で独立後は、青磁白磁、彩磁のほか窯変の法など 釉薬 の研鑽に努め、中国の砧青磁の写しを得意とした。
特にその青磁は蘇山青磁と称された。
1914年(大正3年)李氏朝鮮で高麗窯再建に携わり、1917年(大正6年)宮内省 帝室技芸員 に選ばれた。
1922年(大正11年)71歳で死去した。
金水堂の号は大徳寺管長見性宗般、精斎の号は妙法院門跡村田寂順から贈られたものである。
諏訪蘇山は、オリジナリティー溢れる 青磁 を完成させ、蘇山青磁の名で広く知られており、また、白磁 でも数々の 名品 を残している。
朝鮮李王家のための高麗 の再興に尽力し、大正6年 帝室技芸員 に選ばれた。

二代 諏訪蘇山(1890年〜1977年)は、幼くして初代の養女となり、初代の指導のもと作陶を学ぶ。
1924年 第65回美術展覧会に「青影瓷尊式花瓶」を出品、銅賞 受賞 した。
以後、京都市工芸展、五条会展などにその制作を発表し、受賞を重ねた。

三代の父は、陶芸家の米沢蘇峰。
大学では、富本憲吉、近藤悠三に 師事 した。
昭和35年諏訪蘇山の後継者として移籍し、昭和45年38歳で三代諏訪蘇山に襲名した。

今日まで襲名され続け、蘇山窯は四代目で、やはり、青磁作品を得意としている。
四代は、父親は三代、母親は 千家十職 の十二代・中村宗哲。
青瓷の 伝統 技法 をベースに、練込、三島手、刷毛目 などを駆使し、受け継がれた淡麗な釉調と、洗練された端正なフォルムにより 独自 の 作風 を確立し、現代的な感覚を加味し、山花水鳥、星や天空をテーマとして、花入 れ、茶碗、水指、香炉、香合などを手掛けている。

諏訪蘇山の主な出来事や作品の年表

初代 諏訪 蘇山(1851年~1922年)は石川県金沢生まれの 陶芸家
加賀藩で武芸を学び、軍務に携わった後、1873年(明治6年)任田屋徳次に陶芸を学び、1876年(明治9年)大井村に工場を設立した。
坂井、高岡、九谷陶器会社、金沢区立工業学校、山内伊右衛門工場など北陸地方各地で陶器、煉瓦の製造、指導を行った。
1900年(明治33年)京都市の錦光山宗兵衛工場に務めた後、1907年(明治40年)五条坂に独立した。
京都で独立後は、青磁白磁、彩磁のほか窯変の法など釉薬の研鑽に努め、中国の砧青磁の写しを得意とした。1914年(大正3年)李氏朝鮮で高麗窯再建に携わり、
1917年(大正6年)宮内省帝室技芸員に選ばれた。
金水堂の号は 大徳寺 管長見性宗般、精斎のは妙法院門跡村田寂順から贈られたものである。

嘉永4年(1851年)、現在の石川県金沢市小橋町に諏訪重左衛門の長男として生まれた。幼名は栄三郎。
文久3年(1863年)13歳で父を喪ったため、藩の規定により元治元年(1864年)14歳で家名を継ぎ、同時に剣道、馬術、水練術の免許を得て 家督 を相続、手工により家計を支えた。
明治元年(1868年)1月壮猶館教授役、明治2年(1869年)12月合図方練習、明治3年(1870年)10月五番大隊合図長を務め、12月修業のため上京し、明治4年(1871年)2月東京府兵関門上役となったが、上官と対立して5月帰郷し、12月軍を離れた。
明治5年(1872年)2月金沢航海学校に入学したが、1873年(明治6年)2月閉校となり、退学した。

郷里である、北陸石川県に戻った後は、1873年(明治6年)4月任田屋徳次に初めて陶画を学び、1875年(明治8年)2月上京、
工部省教師フェノロサ邸隣に住んで美術工芸を学び、また大学校教師ゴットフリード・ワグネルに化学を学んだ。
1876年(明治9年)2月大井村に工場を設立し、橋本雅邦、久保田米僊等を招いて陶像、石膏像の製作、模型の捻造を行った。
1877年(明治10年)8月瀬戸、京都の製陶所を視察し、九鬼隆一に従い奈良正倉院、法隆寺の古美術を鑑賞した。
1878年(明治11年)7月福井県坂井港で製陶の改良に携わり、1880年(明治13年)9月石川県江沼郡九谷 陶器 会社で陶芸を教える傍ら、陶像 置物 を考案し、
1884年(明治17年)1月帰京した。
1884年(明治17年)6月石川県工業考案者に任じられ、1886年(明治19年)高岡町で鉄瓶の蝋型改良に従事した。
1887年(明治20年)7月19日金沢区立工業学校補助教員となり、1888年(明治21年)6月石川県 銅器 会社で蝋型改良に携わった。
1889年(明治22年)4月1日石川県立工業学校助教諭試補となり、1892年(明治25年)4月1日 彫刻 科教員の仮免許を受け、4月4日助教諭に進んだ。
1893年(明治26年)大病から蘇生し、蘇山とした。
1896年(明治29年)11月30日休職し、福井県丹生郡宮崎村字小層原の山内伊右衛門工場で 陶芸 を教え、土管製造場を監督した。
1897年(明治30年)3月12日金沢市八木煉化工場主管として煉瓦窯を設計、1898年(明治31年)2月富山県伏木煉瓦株式会社場長兼技術長に転じ、1899年(明治32年)12月辞職した。

1900年(明治33年)1月京都に行き、粟田の錦光山宗兵衛工場で製陶改良に携わり、彩釉透彫 花瓶 を製作した。
1901年(明治34年)10月7日日本大菩提会(英語版)技術員となり、日暹寺でシャム国王寄贈の仏舎利を入れる仏龕を製作し、1903年(明治36年)10月辞職した。
1906年(明治39年)10月錦光山工場を辞し、1907年(明治40年)1月京都市五条坂に独立して窯を構えた。七官 青磁交趾 釉、白高麗、漆黒釉等、多岐に渡る様式を研究し、1913年(大正2年)には鳥の子青磁を考案した。

1914年(大正3年)1月李王職の依頼で朝鮮に渡り、高麗古窯旧跡を調査し、11月帰国して窯の再建を指導した。1915年(大正4年)6月昌徳宮苑内鷹峰に完成すると、8月再訪して焼成実験を行い、10月帰国した。
1917年(大正6年)6月11日宮内省 帝室技芸員 に選ばれ、1919年(大正9年)久邇宮邦彦王台湾訪問、1921年(大正10年)聖徳太子1,300年忌等に際し作品を献上した。
1922年(大正11年)1月風邪に罹り、肺炎を併発、持病の神経衰弱症が加わり、2月7日脳溢血を発症、8日午後10時死去した。

死後、養女虎子が二代諏訪蘇山として を継ぎ、1970年(昭和45年)諏訪修が三代諏訪蘇山、2002年(平成14年)その三女中村公紀が四代諏訪蘇山を継承した。

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で、アンティークの櫛や古美術工芸品を数点お譲り頂きました。

写真が6枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。材質は木製です。時代は大正時代頃のアンティークの櫛です。ご覧のように綺麗な蒔絵が施されており、 こそありませんが、昔の 職人技 が冴える 逸品 です。大切に使われてきた味わいがある 骨董品 の櫛ですが、割れたり、欠けたりしている所は無く、蒔絵 の状態も非常に良い品物です。この作品はお店で販売しているお求めやすい品物で、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。店頭では二千円から一万円までの楽しい骨董品や 茶道具 を沢山販売しておりますので、是非ご来店くださいませ。 櫛・ について少し説明させて頂きます。櫛・、帯留では、古い時代 の蒔絵が素晴らしい作品が人気で、螺鈿細工や 珊瑚 が散りばめられた作品は一般的に高価買取対象です。べっ甲 の材料に蒔絵が丁寧に施された、明治時代や江戸時代の作品は高価に取引されています。細密 な蒔絵に 緻密彫刻 が施されて、また歯の部分が小さい大振りの櫛は人気があります。特に、綺麗な蒔絵に、赤珊瑚や 翡翠 が散りばめられた作品は特別人気があります。 古美術やかたでは、整理させて頂く際には 書付鑑定証、また許可証等が作品と別々に離れていても、作品と一体に合わせ、完全な状態での買取をさせて頂いております。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地