当店の掲載写真は実際に販売している商品です。
骨董品・古美術品の買取依頼は、一生に一度のチャンス、一度売却されればもとに戻りません。

表千家家元 買取

表千家家元の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

高く売れる図柄や作品は?

短期間に書かれた簡単な作品や手紙から時間をかけた力作の書、また図柄や大きさによって買取価格は大きく変わります。

表千家家元の場合、歴代宗匠の書や手捏ね作品の中でも、昔の古い宗匠の作品に人気があり高価買取対象です。

一般的には 晩年 になり初めて独自の境地の作品が出来るもので、簡単に造られた作品や若くして作られた作品よりも、晩年の 全盛期 の作品が人気です。
表千家家元の場合も、若造りの作品よりも、晩年の作品が高価買取対象です。

 

まずは、現状のままでお持ち下さい。

表千家花押一例

表千家家元の作品の場合、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱です。
共箱には表千家家元の自筆のサインと 落款 が押されています。
共箱が有る・無しで、買取価格は大きく変動します。
ご確認頂き、是非一緒にお持ち下さい。

汚れがある場合でも、現状のままお持ちくださいませ。

 

表千家家元の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください

表千家家元の作品は、直接お持ち頂ければ、鑑定書の有無に関わらず、まず当店で無料の真贋の判断やアドバイスをさせて頂きます。
お電話を頂いてからご来店いただければ結構です。

一般的に工芸作品の鑑定は、当店も加入しております大阪美術俱楽部や東京美術俱楽部、またそれぞれの指定された鑑定機関で行われております。その場合、真贋を問うだけで、約3万円~5万円かかり、有料です。

当店では数百万円、時には一千万円を超える作品も扱っております、一例ですがご覧ください。
お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

表千家家元をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には表千家家元の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
表千家家元の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ、適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

表千家家元(おもてせんけ いえもと)略歴

表千家 は、茶道流派の一つで、千利休を祖とする千家の 家督 を継いだ千家流茶道の本家であり、宗家は京都市上京区小川通寺之内通上るにある。
裏千家、武者小路千家とともに三千家と呼ばれており、利休の 別号 である「不審庵」の名で通称されている。
現在の 家元 は、千利休から数えて、十五代目の猶有斎千宗左家元。
代々の家元は紀州藩主・紀州徳川家(御三家)の 茶頭 として格式を誇り、紀州徳川家と強いつながりのある三井家とも縁があった。

表千家家元 歴代
千利休の没後、傍系の少庵(後妻の連子)の後を継いだ千宗旦が京都に屋敷を構え、三男・宗左に家督を継がせ表千家が本家となった。
次男宗守に武者小路千家・四男宗室に裏千家を興させたのが三千家の始まりであり、各家ともに家元は利休を初代として数える。
表千家の家元は四代である江岑の諱「宗左」を受け継ぎ、家元後嗣(若宗匠)は「宗員」、隠居してからは元伯の諱「宗旦」を名乗る 伝統 がある。

初代 利休宗易(1522年~1591年2月28日)

二代 少庵宗淳(1546年~1614年10月10日)

三代 元伯宗旦(1578年~1658年12月19日)

四代 江岑宗左(1613年~1672年10月27日)

五代 良休宗佐(1650年~1691年7月19日)

六代 原叟宗左(1678年~1730年6月25日)

七代 天然宗左(1705年~1751年8月13日)

八代 件翁宗左(1744年~1808年10月6日)

九代 曠叔宗左(1775年~1825年8月7日)

十代  祥翁宗左(1818年~1860年6月6日)

十一代 瑞翁宗左(1837年~1910年1月7日)

十二代 敬翁宗左(1863年~1937年7月18日)

十三代 無盡宗左(1901年~1979年8月29日)

十四代 而妙斎宗左(1938年~)

当代十五代 猶有斎宗左(1970年~)

 

 

【所定鑑定人・鑑定機関

当代 表千家家元

 

 

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

 

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

茶道具売却で竹花入をお譲り頂きました。

「電話ではでとても丁寧に対応していただき、ホームページを見ているとお店も魅力的で、納得のいく説明をして頂きました。」と話され来店頂きました。「お店が駅から近いことあり、買取依頼をする前に一度伺いました。」とも話され、いろいろ説明させて頂きました。昔に亡くなった祖母が アンティーク や 煎茶道具 の蒐集が趣味で、残された品物があり、売却依頼で来店頂いたようでした。後日自宅に出張させて頂き、茶道具諸道具 を買取させて頂きました。この作品は 家元書付 も付いており、千家十職 の著名な作家が作っている 逸品 です。最近ではコロナで茶の湯の流行らず、茶道具の値段も安くなりました。この花入れは竹製で明治時代まではいきませんが、古い時代 の作品で 上手 の逸品です。最近ではこのような 花入 れを使われる事も少なく、簡単なお 茶会 が多く 濃茶薄茶 と言われるような 茶の湯 の世界もすっかり少なくなりました。 フェイクニュースやイメージ写真のホームページが殆どの昨今ですが、当店は、祇園骨董街の中心で約50年間営業している老舗の骨董店です。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地