加守田章二 買取

古美術やかたは、加守田章二の作品を後世に伝えたいとの思いで、半世紀営業してきました。
加守田章二は既存の陶芸を超越し、独創的で斬新な作品を生み出し、現代作家に強烈な影響を与え続ける陶芸家です。
晩年に作られた曲線彫文や彩色の象嵌陶器などの斬新な作品は非常に人気があり、高価買取対象です。

【老舗骨董店の一味違う営業実績】
加守田章二 買取価格のワンポイント
販売から買取の当店ならではの技
作品買取で他店との違いが一目瞭然!
NHK・和楽等、信頼あるメディア紹介多数
安心して加守田章二買取依頼出来る6つの技
加守田章二作品の種類や説明と鑑定機関

加守田章二の買取事例や買取価格と作品説明
                     

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

●加守田章二の作品買取で他店との違いが一目瞭然!

★あなたも驚く骨董業界の真実★

「百聞は一見にしかず」 骨董品買取依頼で失敗したくない方、是非ご覧下さい。
 

★お譲り頂いた品物を直接販売しており、入荷をお待ちのお客様もたくさんおられます。

 

加守田章二の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

加守田章二(かもだ しょうじ)

加守田章二買取

湯吞

1933年(昭和8)〜1983年(昭和58) 49才没。
 
大阪府岸和田市に加守田貞臣と八重子の長男として生まれる。
高校時代から美術の才能を発揮し、京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)に進み、富本憲吉近藤悠三師事 した。
卒業後、茨城県日立市の日立製作所関連の製陶所を経て、昭和34年栃木県益子町に を借りて独立し、本格的な作陶生活を始める。
昭和36年鉄釉作品で 日本伝統工芸 展に初入選したのを皮切りに、昭和42年には 陶芸家 として唯一第10回高村光太郎賞を受賞する。
また同じ年に、伝統 的な 作風 からの脱却を考えて日本伝統工芸展への出品をやめ、岩手県遠野市で新しい陶房と単窯で修行僧のように制作に励み、曲線彫文、陶器 に彩色の象嵌細工を施した彩陶など新境地を次々と発表し、遠野時代を確立した。
昭和49年には、40歳の若さで陶芸家初の芸術選奨文部大臣新人賞(美術部門)を受賞している。
デザインを研究し、独創的な器形を広く展開した加守田章二の晩年の作品は、高い評価を受けたが、昭和58年、50歳を前に夭逝した。
加守田の作品は、現在でも多くの陶芸家に強烈な影響を与え続けています。
 

加守田章二の作品  作風と買取価格のワンポイント

加守田章二買取

茶盌

加守田章二の作風は、若年の益子時代に作られた灰釉・鉄釉や須恵器風の作品と、晩年の遠野時代に作られた曲線彫文や彩色の象嵌陶器などの作品に分かれます。既存の陶芸の枠組みを超越し、彩色・象嵌などの技法を用いた独創的で斬新な晩年の作品は高価買取させて頂きます。
 
簡単に作られた作品から時間をかけた力作、またデザインや大きさによって買取価格は大きく変わります。若くして亡くなりましたが、加守田章二の場合も、若年 に作られた作品よりも、独自の境地を築いた晩年の作品が高価買取対象です。

 

 
昭和 8年 大阪府岸和田市に生まれる。
昭和27年 京都市立美術大学工芸科 陶磁器 専攻に入学、富本憲吉、近藤悠三に 師事 する。
昭和31年 京都市立美術大学 卒業。茨城県日立市の製陶所に勤務。
昭和33年 陶芸家 として力を発揮し、数々の賞を受賞する。
昭和34年 栃木県益子に移り制作を開始。
昭和37年 灰釉 や鉄釉作品の制作を始める。
昭和39年 日本工芸会正会員。
昭和40年 灰釉作品が注目される。
昭和41年 日本陶磁協会賞を 受賞
昭和42年 作陶家初の第10回高村光太郎賞を受賞。
昭和44年 岩手県遠野に築 、新しい分野に挑戦し、次々と斬新な作品を世に送り出す。
昭和45年 「曲線彫文壺」を発表。
昭和46年 「彩色 」を発表。日本陶芸界の著名な作家となる。
昭和49年 陶芸家初の芸術選奨文部大臣新人賞(美術部門)を受賞。
昭和58年 白血病のため逝去、49歳。
 

 

加守田章二の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

加守田章二の作品の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には加守田章二の自筆のサインと 落款 が押されています。共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。
 
鑑定書の有無に関わらず、まず当店で無料の真贋の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。
汚れや傷みがある場合でも、現状のままお持ちください。
 
加守田章二の鑑定は、下記の鑑定機関で行われており、真贋を問うだけで約3万円~5万円かかります。
 
【所定鑑定人・鑑定機関

東京美術倶楽部鑑定委員会
 

お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

百聞は一見に如かず、是非ご覧ください。
お譲り頂いたお客様に納得頂き、信頼と安心をお届けします。

加守田章二をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には加守田章二の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
加守田章二の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ、適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

加守田章二 略歴

加守田章二買取

1933年、父加守田貞臣、母八重子の長男として大阪府岸和田市に生まれる。
高校時代から美術の才能を発揮し、京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)に進み、1956年京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)工芸科卒業。
富本憲吉、近藤悠三に 師事 し、造形性を追及する作陶の態度を学び、卒業後は、憲吉の紹介を受けて茨城県の大甕陶苑で二年間を過ごす。
日立製作所の設立ということもあり、会社にちなんだ 陶器 の作成に取り組み、伝統 的な作品をつくる。
日立社員として栃木県益子の塚本製陶所に移り、益子焼を中心に作陶する。
1959年(昭和34)自由な作陶を求めて、塚本製陶所、日立製作所を退職し独立。
栃木県益子町道祖土に部屋と 登り窯 を借り独立し、本格的な作陶生活を始める。
憲吉に学んだリベラルな発想で新しいことに挑戦し作品を作り続けた。
1961年(昭和36)鉄釉作品で 日本伝統工芸 展に初入選したのを皮切りに、1967年(昭和42)には陶芸家として唯一第10回高村光太郎賞を受賞する。
しかし表現に対するより深い探究心に駆られた加守田は、伝統 的な 作風 からの脱却を考えて日本伝統工芸展への出品をやめ、1969年には岩手県遠野市に新しい陶房と単窯を築いて隠棲した。
修行僧のように制作に励み、家族や周囲と隔絶した厳しい環境に身をおいて一途に現代 陶芸 の新しい分野に挑戦し、「曲線彫文 」や「彩陶壺」など次々と斬新な作品を世に送り出し、遠野時代を確立した。
1967年(昭和42)京都国立近代美術館が「灰釉 大鉢」を購入し、作陶家としては初の高村光太郎賞受賞。
1974年(昭和49)40歳の若さで 陶芸家 初の、昭和48年度芸術選奨文部大臣新人賞(美術部門)受賞
土という素材の根源的な生命感と独創的な造形精神がみなぎる加守田の陶芸は、既存の陶芸の枠組みを超越し、陶器の存在をより普遍的な造形美へと昇華させた。
デザインを研究し、独創的な器形を広く展開し、彩色・象嵌などの 技法 で斬新な作品は、日本 陶芸 界の衝撃的な反響を呼び、現代陶芸の著名な作家として人々の期待を集めた。
1983年(昭和58)2月26日、白血病のため死去、49歳。

加守田章二の主な出来事や作品の年表

昭和8年(1933) 父加守田貞臣、母八重子の長男として大阪府岸和田市に生まれる。
昭和27年(1952)高校時代から美術の才能を発揮し、岸和田高等学校卒業後は、京都市立美術大学工芸科 陶磁器 専攻に入学。
富本憲吉、近藤悠三師事 し、憲吉の独創性を学ぶ。
日本を代表する作家からたくさんの刺激を受けて過ごし、造形性を追及する作陶の態度を学ぶ。
昭和31年(1956)京都市立美術大学 工芸科陶磁器専攻を卒業。
日立製作所入社。大甕陶苑技術員となり作陶に従事。
昭和33年(1958)大甕陶苑の勤務を解かれ、日立社員として塚本製陶所の研究生となる。
陶芸家 としてデビュー。
作品発表を続けながら徐々に力を発揮し数々の賞を受賞する。
昭和34年(1959)自由な作陶を求めて、塚本製陶所、日立製作所を退社。
益子町道祖土に部屋と 登り窯 を借り独立。
昭和35年(1960)細谷昌子と結婚。
昭和36年(1961)益子に住居、 場完成。
鉄釉作品で 日本伝統工芸 展に初入選。
昭和39年(1964)日本工芸会正会員。
昭和42年(1967)「灰釉鉢」第十回高村光太郎賞受賞。作陶家としては初の高村光太郎賞の 受賞 となる。
昭和43年(1968)伝統 的な 作風 からの脱却を考えて 日本伝統工芸 展への出品をやめ、日本工芸会正会員を辞し無所属となる。
昭和44年(1969)岩手県遠野に築窯。本格的な作陶を開始。
深い探究心に駆られ、家族や周囲と隔絶した厳しい環境に身をおいて一途に現代 陶芸 の新しい分野に挑戦し、
「曲線彫文壺」や「彩陶 」など次々と斬新な作品を世に送り出し、遠野時代を確立した。
日本陶芸界の衝撃的な反響を呼び、現代 陶芸 の旗手として人々の期待を集めていった。
昭和49年(1974)40歳で、陶芸家初の芸術選奨文部大臣新人賞(美術部門)を受賞、日本の著名な作家となる。
デザインを研究し、独創的な器形を広く展開し、従来の陶芸の概念を超え、人々を引きつけた。
昭和54年(1979)晩年に東京東久留米に工房を移す。
昭和56年(1981)白血病を発症。
昭和58年(1983)50歳を前に白血病のため逝去、49歳。

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

型彫り根付の骨董品売却依頼を頂き、数点の面白い根付を出張してお譲り頂きました。

写真が23枚あります。くわしくはこちら 横幅約 1.5cm 縦幅約 1.6cm 高さ約 6cm 先に品物を紹介させて頂きます。材質は木製です。時代は明治時代前後の形彫根付です。コレクター の方より、直接買い付けた品物です。古い時代 の、丁寧で味わいのある 職人技 が冴える逸品です。珍しい手長足長のデザインで、面白い形彫根付です。「二山」と が入っておりますが、作者についてはよくわかりません。先代のコレクターが長年使われてきた 逸品 ですが、その後放置されご覧のように埃がついておりますがお譲り頂いた状態のまま販売しております。採光の加減で白く光っておりますが、ひび割れ等傷んでいるところも無く、保存状態 の良い品物です。近年、根付 類はアジア圏からの輸入品が多くみられますが、当店では、日本の古い品物のみを販売しております。このような日本で作られた 骨董品 の木彫りの根付、買取させて頂きます。 根付について少し説明します。根付の素材は象牙 、イノシシやセイウチの牙、鹿の角、骨、黄楊木 などの木製、陶器、彫金金具、漆、琥珀、 珊瑚 などがあります。蒔絵や 透かし彫り の施された作品もあります。形状は、からくり根付、差根付、面根付、形彫根付、饅頭根付、鏡蓋根付、箱根付など、その他にも根付にはいろいろな種類があります。細工や時代、材質によっては骨董品売却の際、高価にお引き取りできる品物も数多くあります。最近では象牙の根付の取引が日本だけなので海外のお客様には販売できず、買取価格も安くなる傾向があります。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地