小倉遊亀 買取

古美術やかたは、小倉遊亀の作品を後世に伝えたいとの思いで、半世紀営業してきました。
小倉遊亀は105歳で亡くなるまで絵筆を執り続け、女性として2人目の文化勲章を受章し、高く評価されています。
色彩豊かな静物画や人物画を得意とし、大胆な構図とデフォルメされた晩年の名品は高価買取させて頂きます。

【老舗骨董店の一味違う営業実績】
小倉遊亀 買取価格のワンポイント
販売から買取の当店ならではの技
作品買取で他店との違いが一目瞭然!
NHK・和楽等、信頼あるメディア紹介多数
安心して小倉遊亀買取依頼出来る6つの技
小倉遊亀作品の種類や説明と鑑定機関

小倉遊亀の買取事例や買取価格と作品説明
                                 

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

●小倉遊亀の作品買取で他店との違いが一目瞭然!

★あなたも驚く骨董業界の真実★

「百聞は一見にしかず」 日本画・絵画買取依頼で失敗したくない方、是非ご覧下さい。
 

★お譲り頂いた品物を直接販売しており、入荷をお待ちのお客様もたくさんおられます。

 

小倉遊亀の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

小倉遊亀(おぐら ゆうき)・特徴と技法

小倉遊亀買取

古九谷と青梅

明治28年(1895)~平成12年(2000)105才没。

小倉遊亀は、多彩な魅力に満ちた作品を多く描いた最高峰の女性日本 画家 です。
滋賀県大津市まれ、本名は、ゆき。
学生時代に絵を描くことに目覚め、横山常五郎に絵を学ぶ。
大正9年、横浜の高等女学校で教鞭をとる傍ら安田靫彦師事 し、身近な人物や 静物、風景などを端正な 構図細密 な描写で一生懸命描いた。
2年後の日本美術院第8回試作展で「静物」が入選。
大正15年には「胡瓜」が 院展 に入選を果たし、以後も連続して受賞、順調に画家生活をスタートする。
この頃一時、「游亀」のを用いて 写実的 に描く。
昭和3年の第15回 院展 に草花を写生する少女達を描いた「首花」を出品し、院友となる。
翌年の第16回「故郷の人達」等を経て、昭和7年には女性初の 日本美術院 同人となる快挙を成し遂げた。
また昭和13年山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚し、神奈川県大船町の鉄樹庵に住む。
昭和19年鉄樹の没後、大徳寺 管長・太田晦厳に師事したが、禅の修養に影響を受けて菩薩像等の仏画も多く描いている。
日常生活の中の女性を明るい色彩と自由で力強いフォルムの中に描いていたが、戦後、新しい時代の 日本画が待望される中で、マチスやピカソなどの 西洋画 を研究し、大胆なデフォルメと形態を単純化することで遊亀独自の 画風 を確立する。
昭和51年、女性では上村松園に次いで、日本芸術院 会員に推挙される。
昭和53年に 文化功労者 、昭和55年には 文化勲章受章、その後は日本美術院理事長などを務めた。
晩年 は、97歳の時に体調を崩し 画家 としての活動を休止するが、101歳の時に再び活動を開始、
創作意欲が衰えることは無く、105歳で亡くなるまで筆を執り続けた。

小倉遊亀は現代的叙情と古典的香気が漂う 画風 が特徴で、色彩に富む人物画や静物画を得意とし、家族像や 婦人像 などを描きました。
代表作は「O夫人坐像」「小女」「浴女」などが有名です。
また、奈良女子大学の講堂の緞帳には、小倉遊亀の「爛漫」が原画に使われています。

小倉遊亀の作品  画風と買取価格のワンポイント

小倉遊亀買取

咲く

小倉遊亀の作品は、大胆でおおらかな画面構成、近代的で明るく爽やかな画風で知られています。
色彩豊かな静物画や、理知的で人間的な温もりに満ちた家族像や婦人像等の人物画は高価買取対象です。
また、大胆に色彩を対比させ、骨太な線描で明快に描いた花の絵や、九谷焼の皿や花瓶がデフォルメされて捻って描かれた晩年の作品は高価買取させて頂きます。

 
小倉遊亀が 画家 を志した大正時代から昭和中頃までは、細密 な描写や端正な作品構成が特徴的で、身近な人物や 静物、風景を題材とした作品が描かれていました。
戦後から昭和40年頃までは、マチスやピカソ等の西洋絵画を研究し、大胆に取り入れて新感覚の 日本画 を模索し、昭和50年頃には円熟期に達し、色彩と 構図 に今までの日本画にない独創性を生み、遊亀独自の 画風 を確立しました。
晩年 も創作意欲が衰えることは無く、105歳で亡くなるまで絵筆を執り続けました。
 
日本画は簡単に描かれた作品から時間をかけた力作、また大きさや 図柄 により買取価格は大きく変わります。
小倉遊亀の場合、若書き の作品よりも、晩年に描かれた全盛期の 静物画人物画 が人気で、高価買取対象です。

 

 
明治28年 滋賀県大津市に生まれる
大正 9年 安田靫彦に 師事 する。
大正11年 日本美術院 第8回試作展に「静物」が入選。
大正15年 第13回院展で「胡瓜」が入選。以後平成10年に「椿三題」を出品するまで連続入選を果たす。
昭和 3年 第15回 院展 に「首花」を出品、院友となる。
昭和 7年 女性として初めて日本美術院同人となる。
昭和13年 山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚し、鎌倉に居住する。
昭和33年 日展 院展 評議員 就任。
昭和48年 勲三等に叙され、瑞宝章を授与される。
昭和50年 第24回神奈川 文化賞受賞
昭和51年 上村松園以来2人目の日本芸術院会員になる。
昭和53年 文化功労者 に選ばれる。
昭和55年 上村松園に次いで女性2人目の 文化勲章 を受章。
平成 7年 鎌倉市 名誉市民
平成11年 パリで海外初 個展 を開催。
平成12年 鎌倉で逝去、享年105歳。
 

 

小倉遊亀の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

掛軸の場合は、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には小倉遊亀の自筆のサインと 落款 が押されています。
共箱は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。
額装の場合は、共シール が大切な評価基準になります。
共シールとは、一般的に、名刺大で、額の裏側に貼られており、小倉遊亀の直筆のサインと題名が書かれ、落款が押されています。

鑑定書の有無に関わらず、まず当店で無料の真贋の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。

下記のような汚れや剥落があっても、現状のままお持ちください。
日本画は、「蔵シミ」や「ほし」と言われる汚れが出やすく、買取価格も変わってくるので、出来ればご確認ください。

小倉遊亀の鑑定は、下記の鑑定機関で行われており、真贋を問うだけで約3万円~5万円かかります。

【所定鑑定人・鑑定機関

小倉健一

住所
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内1412(鉄樹内)
電話番号
0467-22-8494

お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

百聞は一見に如かず、是非ご覧ください。
お譲り頂いたお客様に納得頂き、信頼と安心をお届けします。

小倉遊亀をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には小倉遊亀の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
小倉遊亀の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

小倉遊亀の買取実績と買取価格の解説

古美術やかたの店内写真

メディアにも多数ご紹介いただいております

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

小倉遊亀 略歴

小倉遊亀買取

静物

滋賀県大津市丸屋町に生まれ、滋賀県立大津高等女学校を卒業後、奈良女子高等師範学校に入学。
学生時代に絵を描くことに目覚め、横山常五郎に絵を学び、また歴史研究者の水木要太郎により古美術への関心を啓発される。
卒業後は、京都で教職に就き、以降名古屋、横浜で20余年の教員生活を過ごしながら絵を独学で学ぶ。
大正9年、安田靫彦に師事し、日本美術院 第8回試作展に「静物」が入選する。
第12回院展にて落選した「童女入浴」を、靫彦のすすめで小堀鞆音社中の革丙会第1回展に出品し、小林古径、速水御舟らの注目を受ける。
大正15年、第13回院展に「胡瓜」が初入選する。
この頃一時「游亀」のを用いており、細密 描写による 写実的作風 が特徴的である。
昭和3年、第15回院展に草花を写生する少女たちを描いた「首花」を出品し、院友となる。
昭和4年第16回「故郷の人達」等を経て、昭和7年に女性として初めて日本美術院同人となり、第19回展に「苺」を出品。
一方、昭和10年より熱海長畑山の修養道場、報恩会主宰の小林法運のもとへ通い始め、法運没後、その衣鉢を継いだ武田法得に 師事 する。
昭和13年に山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚し、神奈川県大船町の鉄樹庵に住む。
昭和19年鉄樹の没後は京都大徳寺管長・太田晦厳に師事したが、禅の修養は作画にも大きな影響を与えた。
戦後は、第32回 院展 に故郷近江の民話を題材とした「磨針峠」を出品し、昭和26年第36回院展に「娘」、翌年の第37回院展に「美しき朝」と、現代的女性を明るい色彩と自由で力強いフォルムの中に描き出した。
昭和29年、第38回院展出品作の「O夫人坐像」が第4回上村松園賞を受賞する。また翌年には第39回院展の「裸婦」が芸能選奨美術部門文部大臣賞を 受賞
次いで31年の第41回院展「小女」により翌年第8回毎日美術賞、36年の第46回院展「母子」により翌年日本芸術院賞を受賞した。
裸婦のシリーズとともに子供や孫といった家族を描いた作品は多くの人々に親しまれたが、他にも第52回院展の「菩薩」、第68回院展の「天武天皇」など、仏像や神像等の仏画にも取り組んでいる。
昭和33年に日本美術院 評議員 に就任し、また昭和51年には上村松園以来二人目の女性の日本芸術院会員となる。
昭和53年 文化功労者 に選ばれ、昭和55年、女性 画家 として二人目の 文化勲章 を受章した。
平成2年 日本美術院 理事長に就任、平成8年より名誉 理事 長となる。平成11年、パリで 個展 を開催。
明るく清潔な人物像が多く、大胆でおおらかな画面構成、近代的で明るくさわやかな 画風 で知られる。
初期では「浴女」、第二次世界大戦後では「O夫人坐像」「月」「良夜」「越ちゃんの休日」「舞妓」
「姉妹」などがよく知られている。
鋭い観察眼に裏づけられた品格高い 人物画、深遠な精神性を感じさせる静物画、鑑賞者に穏やかに語りかけてくるような菩薩像など、多彩な魅力に満ちてた作品を多く残す。
家族像や婦人像等の人物や静物などを題材とし、現代的叙情と古典的香気な 画風 が特徴である。
画面構成では形態を簡略化させる非常に近代的な手法を取り、昭和の 日本画 に新しい変革をもたらした。
身近にあるものに題材をとった人物画や 静物画 は、澄んだ色彩と骨太な 線描 で明快に描かれており、東洋的な精神性を重んじながら、豊かな日常感覚に支えられた近代的な表現で人気がある。
晩年 は一時体調を崩したものの、105歳で亡くなるまで制作活動を続けた。
平成12年7月23日死去。

小倉遊亀の主な出来事や作品の年表

明治28年(1895)滋賀県に生まれる。本名は、ゆき。旧姓は、溝上。
大正 2年(1913)滋賀県立大津高等女学校入学
大正 6年(1917)奈良女子高等師範(奈良女子大学)卒業。
大正 9年(1920)横浜の高等女学校で国文学を教える傍ら、安田靫彦師事 する。
大正11年(1922)日本美術院 第8回試作展に「静物」が入選。
大正15年(1926)小堀鞆音の革丙会革新第1回展で入選。第13回院展で「胡瓜」が初入選。
昭和 3年(1928)第15回院展に「首花」を出品、院友となる。
昭和 4年(1929)第16回 院展 に「故郷の人達」を出品。
昭和 7年(1932)女性として初めて日本美術院同人。
昭和10年(1935)4年間、東京府女子師範学校で教える。
昭和11年(1936)第1回改組帝展に「静思」出品。
昭和13年(1938)山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚。第25回院展に「浴女 その一」出品。
昭和14年(1939)第26回院展に「浴女 その二」出品。
昭和17年(1942)第29回院展に「夏の客」を発表。
昭和19年(1944)鉄樹の没後、京都 大徳寺 管長・太田晦厳に師事する。
昭和22年(1947)第32回院展に故郷近江の民話を題材とした「磨針峠」を出品。
昭和26年(1951)「小人」が第8回毎日美術賞を受賞
昭和29年(1954)第38回院展出品作「O夫人坐像」が第4回上村松園賞を受賞。
昭和30年(1955)第39回院展の「裸婦」が芸能選奨美術部門文部大臣賞を 受賞
昭和32年(1957)第41回院展出品作「少女」が第8回毎日芸術賞を受賞。
昭和33年(1958)日展 院展 評議員 就任。
昭和37年(1962)第46回院展出品作「母子」が第18回日本芸術賞を 受賞
昭和48年(1973)勲三等 瑞宝章を授与される。
昭和50年(1975)第24回神奈川文化賞を受賞。
昭和51年(1976)日本芸術院 会員になる。上村松園以来2人目の女性会員。
昭和53年(1978)日本美術院理事に就任。文化功労者 に選ばれる。
昭和54年(1979)第3回滋賀県 文化賞 を受賞。
昭和55年(1980)女性画家として二人目の 文化勲章 を受章。
平成 2年(1990)日本美術院 理事 長に就任。
平成 4年(1992)息子が64歳で死去。失意の中で体調を崩し、画家 としての活動を休止する。
平成 6年(1994)白寿を記念して天皇・皇后両陛下より銀杯一組と皇居の梅を下賜される。
平成 7年(1995)鎌倉市 名誉市民。101歳の時に再び活動を開始する。
平成 8年(1996)日本美術院名誉 理事 長に就任。
平成10年(1998)奈良女子大より名誉博士授与。
平成11年(1999)パリ・エトワール三越で海外初 個展 を 開催する。
平成12年(2000)急性呼吸不全のため東京で逝去、享年105歳。没後、従三位に叙せられた。

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

錫製品や金工作品の諸道具の骨董品売却依頼を頂き、出張して錫の茶托や金属工芸品をお譲り頂きました。

写真が4枚あります。くわしくはこちら この 金工作品 の材質は錫で、時代は大正時代ごろのものだと思われます。小さな作品ですが、上品な作品で中国茶にはちょうど程よい大きさで裏側に秦蔵六の 刻印 があります。蔵六の作品ですが、時代を経てきた味わいのある茶托ですが彫り物も無く、最近では結構安い価格の買取商品です。錫製品の為、採光の加減で影ができたり、白く光っておりますが、状態の良い品物です。この作品は、競り市やオークションで買い受けた作品ではありません。直接お客様より買取させて頂いた、うぶ荷と呼ばれる貴重な蔵出しの作品で、現状のまま販売しております。お店では 骨董品茶道具 の安価な品物を販売しており、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。 煎茶道具 の中には、錫で出来た道具が沢山ありますが、手入れや使用の注意をまとめてみました。金属 工芸品 は色の変色はありますが、特別な手入れはほとんど必要ありません。融点の低い金属で、火の傍に置かないことが大切です。また、長時間家庭用の冷凍庫へ入れっぱなしにしされても、変色や質感が変わります。使用する直前に急冷される程度なら問題はありません。最近身近に売っている「メラミンフォーム」と言う洗剤のいらない台所スポンジが錫、銀も傷めることが無く油汚れだけを綺麗に取り去ります。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地