山崎朝雲 買取

古美術やかたは、山崎朝雲の作品を後世に伝えたいとの思いで、半世紀営業してきました。
山崎朝雲は明治時代から昭和に活躍し、木彫による写実的表現の新境地を開拓しました。
日本の古代神話のなかに西洋彫刻の技法を用いた、晩年の手彫りの木彫作品は高価買取いたします。

【老舗骨董店の一味違う営業実績】
山崎朝雲 買取価格のワンポイント
販売から買取の当店ならではの技
作品買取で他店との違いが一目瞭然!
NHK・和楽等、信頼あるメディア紹介多数
安心して山崎朝雲買取依頼出来る6つの技
山崎朝雲作品の種類や説明と鑑定機関

山崎朝雲の買取事例や買取価格と作品説明
                     

日本一、歴史ある京都祇園骨董街にあります。

京都は千年も続いた都です。
京都祇園骨董街の中でも当店は、歴史的保全地区に指定されています。
約80軒の古美術骨董商が軒を連ねる、
日本でもトップの祇園骨董街にある老舗の骨董店です。

京都祇園で小売販売している老舗骨董店だからこそ高価買取出来るのです。

世界各国から1日100名近くのお客様がご来店頂いております。
店頭には買取商品を常時2000点以上展示販売しており、愛好家やコレクターの方が品物の入荷をお待ちです。

買取依頼のお客様に納得して頂くことを第一と考えております。

ホームページや店頭にて販売する価格を提示して、買取りさせて頂いております。
是非、ご来店頂くか、ホームページをご覧下さい。
京都祇園で昭和56年に開業、長年の信頼と実績があります。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。

●山崎朝雲の作品買取で他店との違いが一目瞭然!

★あなたも驚く骨董業界の真実★

「百聞は一見にしかず」 骨董品買取依頼で失敗したくない方、是非ご覧下さい。
 

★お譲り頂いた品物を直接販売しており、入荷をお待ちのお客様もたくさんおられます。

 

山崎朝雲の作品ー査定・買取ポイントのアドバイス

山崎朝雲(やまざき ちょううん)・特徴と技法

1867年(慶応3)~1954年(昭和29)88才没。

山崎朝雲は福岡県博多生まれの 彫刻家 で、帝展審査員、帝国美術院会員や帝室技芸員、帝国芸術院会員、日本芸術院会員などを歴任した日本木彫界の 巨匠 と呼ばれた。
本名は春吉、別号 は羯摩。
10代の頃から仏師高田又四郎に 伝統 的な 木彫り の技術を学ぶ。
1887年独立後、1895年(明治28年)第4回内国 勧業博覧会 に「養老孝子」が受賞、1896年に上京して高村光雲に師事する。
その後、「朝雲」と改名。1900年(明治33年)パリ万博に「気比斉晴」を出品。「乳搾」セントルイス万国博覧会に出品。
国内外の様々な賞の獲得を重ね、日本彫刻界の 重鎮 として活躍し、日本における近代 彫刻 の礎を築いた。
1908年(明治41年)岡倉天心、米原雲海、平櫛田中らと日本彫刻会を結成した。
明治42年 東京府美術及工芸 展覧会 審査員。明治43年文展 審査員となる。
皇室の命で、木彫「兎」。彫刻「打毬楽」を皇太后陛下に贈らる。「東遊」高松宮へ。数々の作品が皇室に贈られる。
大正8年 農商務省美術工芸審査員。大正11年 帝展審査員となり、「上矢の鏑」出品。
昭和2年 帝国美術院会員。昭和9年 帝室技芸員を命ぜらる。芝青松寺「釈迦三尊仏」を完成安置。
昭和9年 帝室技芸員 になる。芝青松寺「釈迦三尊仏」を完成安置。
昭和12年 帝国芸術院会員。「豊太閣」を第1回文展に出品。昭和21年 日本芸術院会員。第1回日展に「春陽」出品。
昭和27年 文化功労者となる。
朝雲と改名した頃から、美術界や彫刻界大きく尽力して深い精神内容と解放感に満ちた作品を多く残しています。
日本の古代神話に題材を求め、木彫に洋風彫塑の 写実 を導入した優れた 技巧 の作品を発表した文化功労者。
主な作品、「聖観音」「打毬楽」「東奥の乙女」「五鬢之文珠」「万歳楽」「兎」「上矢の鏑」「東遊」等々。

山崎朝雲の作品  作風と買取価格のワンポイント

山崎朝雲独自の日本の古代神話に、西洋彫刻の技法で繊細で精緻な躍動感のある写実的表現の逸品は高価買取いたします。
ブロンズ像や銀製などの鋳型物より、山崎朝雲独自の細密な造形力豊かな、手彫りの木彫作品が高価買取対象です。
簡単な作品から時間をかけた力作、またデザインや種類により買取価格は変わってきます。
山崎朝雲の作品も、若年の作品よりも、独自の境地を築いた晩年の名品が高価買取対象です。

日本の古代神話に題材を求めた作品に、山崎朝雲独自の深い精神内容の解放感と芸術世界観を、西洋彫刻の 技法 である石膏原型を大理石 彫刻 へ移す、新技術を木彫に応用させ、写実的 表現の作品を発表した。
 

 

 

山崎朝雲の作品をお持ちのお客様、お気軽にご相談ください。

山崎朝雲は古い時代の作家なので数が少ないのですが、購入された時から入っている箱(共箱)は大切な箱で、共箱には山崎朝雲の自筆のサインと 落款 が押されています。共箱 は、保証書も兼ねており、有る・無しで、買取価格は大きく変動します。

鑑定書の有無に関わらず、まず当店で無料の真贋の判断やアドバイスをさせて頂きますので、お電話でご相談ください。

下記のような汚れや剥落があっても、現状のままお持ちください。
木彫り彫刻作品は、「蔵シミ」や汚れが出やすく、買取価格も変わってくるので、出来ればご確認ください。

山崎朝雲の鑑定は、下記の鑑定機関で行われており、真贋を問うだけで約3万円~5万円かかります。

【所定鑑定人・鑑定機関

山崎澄枝

住所
〒202-0022 東京都保谷市柳沢1-1-19
電話番号
0424-65-4041

 

お買取りさせて頂いた作品は価格を表示してホームページや店頭で販売しています。

百聞は一見に如かず、是非ご覧ください。
お譲り頂いたお客様に納得頂き、信頼と安心をお届けします。

山崎朝雲をはじめ買取させていただいた作家の作品も数多くあります、是非ご覧ください。

当店には山崎朝雲の愛好家やコレクターのお客様もおられ、新しい作品の入荷をお待ちです。
山崎朝雲の作品をお持ちのお客様は、お気軽にご相談頂ければ、適切なアドバイスをさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さい。

古美術やかたの店内写真

TV出演お断りの理由は「古美術やかたの特長」や「買取のお客様必見」を詳しくご覧下さい。

日本全国対応致します
まずはお問い合わせください

お問い合わせのお電話番号

075-533-1956

11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

 

買取は古美術やかたへ!老舗骨董店ならではの6つの技

 

山崎朝雲 略歴

1867年 福岡県博多に生まれる。彫刻家。名は春吉、別号は羯摩。
10代の頃から郷里の仏師高田又四郎に師事し、志を立てて京都に出で、同地で行われた第4回内国 勧業博覧会 に「養老孝子」を出品して妙技3等賞を受けた。
後に独立して仏像制作に従事する。
1896年 東京に出て高村光雲師事 する。
1897年 日本美術協会、東京彫工会や諸 博覧会 に出品して受賞、その名を高めた。
1900年 日本美術協会会員となる。同年パリ万国博覧会に出品し、銀賞を受賞
1907年 平櫛田中・米原雲海ら同志と日本彫刻会を起し、文展 審査員、帝展審査員に選ばれ、帝国美術院会員、帝室技芸員となる。
1952年 多年の功労により 文化功労者 に選ばれた。
1954年に88才で東京で死去するまでの、多年の間に多くの作品を作ったが、それらは伝統的な木彫に写実味を加えた穏雅な作風である。
いくつかの記念像も製作している。
木彫に洋風彫塑の写実を導入した優れた技巧の作品を発表した。
門下に松尾朝春・佐藤朝山がいる。帝室技芸員文化功労者
高村光雲の弟子として、師とともに日本における近代 彫刻 の礎を築いた事で知られる。
20代半ばで京都の美術商で外国人向けの彫刻作品を制作するようになる。
その2年後、京都で開催された内国 勧業博覧会 に出品された春吉の作品が高村光雲の目に留まり面会を果たし、上京し入門するが、入門当初から先輩である門弟達と肩を並べる作品を制作し、また名前も朝雲に改名する。
当時、光雲を中心に朝雲らは旧来の木彫の近代化、つまり旧来の仏像彫刻には無い写実性を求めていた。
西洋の粘土を使った塑造と異なり、一度削ると戻す事はできない不便さが木彫にはあったが、西洋彫刻の技法である、石膏原型を大理石彫刻へ移す技術を、木彫に応用した最初の一人が朝雲であった。
当時、衰退しつつあった木彫は、写実性の実現により新たな時代を迎え、朝雲ら若手木彫作家らは積極的な研究活動を行う。
また、岡倉天心の影響も受け、西洋重視であった姿勢から 日本独自 の風合いも折衷する姿勢を取るようになる。
その後、文展や帝展などでも活躍、戦前・戦後に渡って日本の彫刻界の中心的役割を果たした。

日本の古代神話に題材を求めた作品が多く、伝統 的木彫に洋風の写実表現を加味した 作風 で、木彫り 会の代表的作家として活躍する。
「大葉子」は、日本書紀に登場する烈婦を題材に制作された作品である。
夫に従って新羅征伐に従軍し、敵に捕えられた。
「たかおがみ」は、同じく日本書紀に登場する神を題材にしたもので、たかおがみが山幸彦のために海中から宝珠を持って現れてくる場面を作品としたものである。
また「坂上田村麻呂」は、蝦夷征伐で名を馳せた平安初期の武将。
「聖観音」は「菩薩」とも呼ばれる、古からの仏教彫刻のモチーフであるが、朝雲が仏師の下で修行していた時のものではなく後年の 逸品 である。
朝雲は生真面目な人間性で知られ、制作においても 写実 性への追求を生涯続けた。
古典的なテーマであっても決して想像に頼った作品は作らず、時代考証や、時にはモデルを使って制作にあたったとされ、30代半ばに制作した「亀山上皇像」では同門の平櫛田中が衣冠束帯でモデルを務めたものの、真夏の高温で卒倒した、とのエピソードもある。

山崎朝雲の主な出来事や作品の年表

1867年(慶応3年) 江戸時代最後の年、博多櫛田前町に生まれる、幼名は春吉。
幼少の頃より 彫刻 という世界に興味を持つ。
1884年(明治17年)郷里の仏師高田又四郎の下で修行、師事 し、彫刻技術の基礎を学ぶ。
そのセンスはとても高いものとして評価された。
二十代半ばで京都の美術商で外国人向けの彫刻作品を制作するようになる。
1888年(明治21年)博多橘氏四女ゑい子と結婚。
1893年(明治26年)京都に出る。
1894年(明治27年)第4回内国 勧業博覧会 に出品、宮内省買い上げ。
1895年(明治28年)京都の内国勧業博覧会に出品した「養老孝子」が高村光雲の目に留まり面会を果たす。
上京し、高村光雲に 弟子 入りする。
高村光雲の弟子として、師とともに日本における近代彫刻の礎を築いた事で知られる。
入門 当初から先輩である門弟達と肩を並べる作品を制作し、また名前も朝雲に改名する。
1897年(明治30年)日本美術協会展で受賞する。
1898年(明治31年)東京彫工会及び 日本美術協会 審査員となる。
彫工競技会に「母子」出品、金賞を受賞。
1900年(明治33年)日本美術協会幹事。
パリ 万国博覧会 に出品した「気比斉晴」「少女猫を抱く図」が銀賞受賞する。
1902年(明治35年)亀山上皇銅像木型完成。
銅像完成後、正力松太郎からよみうりランドに預けられ、現在、筥崎宮に安置されている。
1903年(明治36年)鋳銅「乳搾」日本美術協会展に出品、金賞を 受賞、のち米国セントルイス万国博覧会に出品。
木彫「海岸の子供」を内国勧業博覧会に出品、2等賞を受賞、宮内省買上。
1904年(明治37年)「戯乗」第35回日本美術協会展に出品、のちベルギーに出品し銀賞、次いで日英万国博覧会に出品、金賞を受賞。
鋳銅「柄香炉を捧げる官女」第20回 彫刻 競技会に出品、金賞を受賞、宮内省買上。
1905年(明治38年)「伊企灘」第36回日本美術協会展に出品、金賞を受賞、宮内省買上。
1906年(明治39年)第21回彫刻競技会に皇后陛下行啓の際御前彫刻、鋳銅「彫塑家とモデル」出品、宮内省買上。
鋳銅「新装」白耳義リエージュ 博覧会 に出品、名誉賞。
木彫り「竹馬遊」第39回日本美術協会展出品、金賞を受賞、宮内省買上。
1907年(明治40年)同門の平櫛田中・米原雲海らとともに日本彫刻会を結成。
1908年(明治41年)「明の封冊」出品。銅像「津軽藩祖為信公」を弘前市公園に建設。
木彫「大葉子」第2回文展に出品し3等賞、政府買上。
鋳銅「砂文字」第23回彫刻競技会出品、宮内省買上。
1909年(明治42年)東京府美術及工芸展覧会 審査員
銅像「医学博士大森治豊」を九州帝大学内に建設。
1910年(明治43年)文展審査員となり、大正7年に至る。
日英博覧会出品「夏の夕」「寒夜の衛士」共に金、銀賞を受賞。
「狗児」第25回彫刻競技会に出品、宮内省買上。「東奥の乙女」第4回文展出品。
1913年(大正2年) 日本美術協会第51回展に天皇陛下行幸の際御前彫刻を命ぜられ木彫「兎」を彫刻。
1914年(大正3年) 大正 博覧会 審査員となり、「同級生の弔辞」ほか2点出品。
「打毬楽」を御大典に際し今上陛下より皇太后陛下に贈られる。
「万歳楽」を学習院より宮内省へ献上。
1915年(大正4年)「技おり」「同級生の弔辞」を桑港博覧会に出品。
「東遊」今上陛下より高松宮へ贈られる。
木彫「みなかみ」ほか2点を第9回 文展 に出品。
1919年(大正8年) 農商務省美術工芸審査員(同11年迄)帝展 審査員となり、「上矢の鏑」出品。
1927年(昭和2年) 帝国美術院会員となる。
1934年(昭和9年) 帝室技芸員 となる。東京芝青松寺「釈迦三尊仏」完成安置。
1937年(昭和12年)帝国芸術院会員となる。
木彫による写実的表現に新生面を開くことでより日本の彫刻界に新しい扉を開いて行く。
1940年(昭和15年)「倭乙女」紀元二六〇〇年奉祝展に出品。
1943年(昭和18年)戦禍を避け福島県に疎開。
1944年(昭和19年)「聖観音」戦時特別展に出品。
1946年(昭和21年)日本芸術院会員。第1回日展に「春陽」出品。
1948年(昭和23年)「五鬢之文珠」第4回日展に出品。
1951年(昭和26年)東京芝青松寺に釈迦三尊仏を再び完成。
1952年(昭和27年)文化功労者
1954年(昭和29年)京都東山霊山観音原型製作。6月4日逝去、享年88歳。

高村光雲に 入門 当時は、光雲を中心に朝雲らは旧来の木彫の近代化、つまり旧来の仏像彫刻には無い写実性を求めていた。
西洋の粘土を使った塑造と異なり、一度削ると戻す事はできない不便さが木彫にはあったが、西洋彫刻の 技法 である、石膏原型を大理石彫刻へ移す技術を、木彫り に応用した最初の一人が朝雲であった。
当時、衰退しつつあった木彫は、写実 性の実現により新たな時代を迎え、朝雲ら若手木彫作家らは積極的な研究活動を行う。
また、岡倉天心の影響も受け、西洋重視であった姿勢から 日本独自 の風合いも折衷する姿勢を取るようになる。
その後、文展帝展 などでも活躍、戦前・戦後に渡って日本の彫刻界の中心的役割を果たした。
「聖観音」は「菩薩」とも呼ばれる、古からの仏教 彫刻 のモチーフで、朝雲が仏師の下で修行していた時のものではなく後年の作品である。
朝雲は生真面目な性格で知られ、制作においても写実性への追求を生涯続けた。
古典的なテーマであっても決して想像に頼った作品は作らず、時代考証や、時にはモデルを使って制作にあたったとされている。
30代半ばに制作した「亀山上皇像」では同門の平櫛田中が衣冠束帯でモデルを務めたものの、真夏の高温で卒倒した、とのエピソードが残されている。

買取商品一覧

  • 金工作品
  • 根付
  • 竹籠
  • 煎茶道具
  • 刀装具
  • 印籠
  • 中国美術
  • 李朝
  • 鍔・小柄
  • 兜
  • 日本画
  • 古陶器
  • 甲冑
  • 銀製品
  • 掛軸
  • 伊万里
  • 鉄瓶
  • 櫛・帯留
  • 浮世絵・版画
  • 骨董品の翡翠
  • 銀瓶
  • 仏画
  • 洋画
  • 骨董品の珊瑚

 

販売商品 PRODUCT

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで販売、掲載しております。

 

買取作家一例

お問い合わせ・買取のご相談

075-533-1956 11:00~18:00(定休日:月・火)

※ご予約の買取業務は定休日も行っております。

FAX 075-571-8648

 

買取方法と流れ

★出張買取 出張・査定・見積り、全て費用は無料

★宅配買取 送料無料、買取価格保証

★全て現金でお支払い

 

 

買取実績 PURCHASE RECORD

老舗骨董店の当店ならでは1000点以上の買取実績を写真入りでご覧ください。

骨董品売却依頼で、アンティークの櫛や古美術工芸品を数点お譲り頂きました。

写真が6枚あります。くわしくはこちら 先に品物を紹介させて頂きます。材質は木製です。時代は大正時代頃のアンティークの櫛です。ご覧のように綺麗な蒔絵が施されており、 こそありませんが、昔の 職人技 が冴える 逸品 です。大切に使われてきた味わいがある 骨董品 の櫛ですが、割れたり、欠けたりしている所は無く、蒔絵 の状態も非常に良い品物です。この作品はお店で販売しているお求めやすい品物で、ホームページ上では販売しておりませんが紹介させて頂きます。店頭では二千円から一万円までの楽しい骨董品や 茶道具 を沢山販売しておりますので、是非ご来店くださいませ。 櫛・ について少し説明させて頂きます。櫛・、帯留では、古い時代 の蒔絵が素晴らしい作品が人気で、螺鈿細工や 珊瑚 が散りばめられた作品は一般的に高価買取対象です。べっ甲 の材料に蒔絵が丁寧に施された、明治時代や江戸時代の作品は高価に取引されています。細密 な蒔絵に 緻密彫刻 が施されて、また歯の部分が小さい大振りの櫛は人気があります。特に、綺麗な蒔絵に、赤珊瑚や 翡翠 が散りばめられた作品は特別人気があります。 古美術やかたでは、整理させて頂く際には 書付鑑定証、また許可証等が作品と別々に離れていても、作品と一体に合わせ、完全な状態での買取をさせて頂いております。

 

アクセス

京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地